モバイル機器にプロキシ映像を記録する(リアルタイムプロキシ転送)(XF205)



モバイル機器にプロキシ映像を記録する(リアルタイムプロキシ転送)(XF205)
更新日 : 2014年7月11日
文書番号 : Q000079039



詳細情報

ビデオカメラの映像(プロキシ映像*1 )をモバイル機器にリアルタイムで転送し、モバイル機器側で記録することができます。記録したMP4 動画をモバイル機器から編集スタジオに転送すれば、即時性が求められる取材現場からの速報映像に利用できます。また、モバイル機器で操作して、ビデオカメラ側に記録することもできます。モバイル機器(iOS またはAndroid™ )には、対応アプリCameraAccess plus*2 のインストールが必要です。ここでは、リアルタイムプロキシ転送を使用するための設定を、3 つのステップに分けて説明しています。ステップ1 から順に操作を進めてください。

*1:1.5 Mbps 640×360 / 29.97P のMP4 動画。
*2:株式会社ピクセラから、アップル社のApp Store またはGoogle™社のGoogle Play™ を通じて無料で提供されるソフトウェア(アプリ)です。

 ステップ1 : CameraAccess plusをインストールする
 ステップ2 : ビデオカメラとモバイル機器を接続する
 ステップ3 : リアルタイムプロキシ転送を使用する

メモ
  • Wi-Fi 接続するときや接続中は、内蔵ワイヤレスアンテナ付近を手などで覆わないでください。通信電波がさえぎられ、Wi-Fi の通信状態が悪くなります。
:内蔵ワイヤレスアンテナ
  • ネットワーク機能を使用中は、CF カードカバー/ SD カードカバーを開けないでください。
  • 無線ネットワーク接続について
このビデオカメラは、Wi-Fi 認証を受け(下のロゴマークがある)、無線LAN 規格IEEE802.11a / b / g / n に対応するアクセスポイント*1 に接続できます。Wi-Fi への接続方法については、お使いのWi-Fi ネットワーク環境によって仕様や制限事項が異なります。
*1 「 無線親機」、「無線LAN 親機」、「無線LAN ルーター」など、メーカーによって名称が異なることがあります。
リアルタイムプロキシ転送が使用できない場合
  • 記録信号形式のフレームレートが23.98P のとき。
  • 特殊記録が「切」以外のとき。
重要
ネットワーク機能を使用する前に
  • ここでは、ネットワーク機器の設定が完了し、正しく動作していることを前提に説明しています。ネットワーク機器の設定方法については、お使いの機器のメーカーにお問い合わせください。
  • ネットワークの接続の設定を行うには、ネットワーク(Ethernet)およびWi-Fi の設定方法に関する十分な知識が必要です。ネットワークの設定方法については、弊社ではサポートできませんので、あらかじめご了承ください。

注意
  • ネットワーク機能を使用するためにネットワークに対して誤った設定を行った結果生じた損害、および本ネットワーク機能を使用した結果生じた損害については、弊社ではその責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
  • セキュリティで保護されていない無線LAN やネットワーク環境に接続することは避けてください。お客様の個人情報などのデータが第三者に漏洩する危険性があります。




カメラアクセスポイントの接続設定をします。

1. ビデオカメラの<POWER>(電源)スイッチを押しながら、「CAMERA」側にスライドさせます。

2. <MENU>ボタンを押します。

3. ジョイスティックを上下に押して[ その他機能 ]メニュー -> [ ネットワーク設定 ] -> [ 接続設定 ] -> [ 新規設定 ]を選び、<SET>を押します。

:ジョイスティック
:選択した内容を決定するときは、ジョイスティックを垂直に押し込みます。ここでは、ジョイスティックを垂直に押すことを「<SET>を押す」と記載しています。

4. [ Wi-Fi ]を選び、<SET>を押します。

5. [ カメラアクセスポイント ]を選び、<SET>を押します。

6. SSID を入力します。
[ Input ]を選び、<SET>を押します。

SSID を入力します。
* 入力したSSID は接続時に必要となるため、メモしておいてください。
入力が完了したら[ OK ]を選び、<SET>を押します。

参考
文字入力のしかた
ジョイスティックを上下左右に押して、下側の入力エリアで文字を選び<SET>を押します。
上側の入力エリアのカーソルを移動するには[ ] / [ ] / [ ] / [ ]を、1文字消去するには[ ]を使用します。
入力を完了するには [ OK ]を選び、<SET>を押します。

7. 通信モードを選びます。
[ 5 GHz ]または[ 2.4 GHz ]を選び、<SET>を押します。

8. チャンネルを選びます。
ジョイスティックを上下に押してチャンネルを選び、<SET>を押します。操作7 で選んだ通信モードによって、選択できるチャンネルが異なります。

9. 認証方式と暗号化方式を選びます。
[ オープン/暗号化なし ]または[ WPA2-PSK/AES ]を選び<SET>を押します。
  • [ オープン/暗号化なし ]を選んだときは、操作11 に進みます。
  • [ WPA2-PSK/AES ]を選んだときは、操作10 に進みます。

10. 暗号化キーを入力します。
[ Input ]を選び、<SET>を押します。

暗号化キーを入力します。
* 入力した暗号化キーは接続時に必要となるため、メモしておいてください。
入力が完了したら[ OK ]を選び、<SET>を押します。

暗号化キーに使用可能な文字と文字数
暗号化キーASCII 文字列*1*316 進数*2*3
64 ビットWEP5 文字10 文字
128 ビットWEP13 文字26 文字
AES/TKIP8〜63 文字64 文字
*1:0〜9、a〜z、A〜Zおよび記号。
*2:0〜9、a〜f、A〜F。
*3:入力した文字数によってASCII 文字列か16 進数かが判別されます。

11. IP アドレスの取得方法を選びます。いずれかを選び、<SET>を押します。
  • [ Automatic ]: 自動で設定します。[ Automatic ]を選んだときは、操作15 に進みます。
  • [ Manual ]: IP アドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを手動で設定します。[ Manual ]を選んだときは、操作12 に進みます。
ここでは、[ Manual ]を選択しています。

12. IP アドレス、サブネットマスク、デフォルトゲートウェイを入力します。
ジョイスティックを上下に押して1番目の数字を選び、<SET>を押します。

カーソルが2 番目の数字に移動します。
この操作を繰り返して、4 つの数字をすべて設定します。

13. カーソルが一番右の「セット」にある状態で、<SET>を押します。

IP アドレスが設定されます。

14. IP アドレスと同じ要領でサブネットマスクとデフォルトゲートウェイを入力します。

15. 設定内容を確認します。
ジョイスティックを上下に押して確認画面を切り換え、設定内容を確認し、<SET>を押します。

16. 設定を保存します。
ジョイスティックを上下に押してネットワーク設定番号を選び、<SET>を押します。

17. 必要に応じて、[ ネットワーク設定名 ]を入力します。
[ Input ]を選び、<SET>を押します。

ネットワーク設定名を入力します。
入力が完了したら[ OK ]を選び、<SET>を押します。

18. [ OK ]を選び、<SET>を押します。

ネットワークの設定が保存されます。選んだ設定番号にネットワーク設定が保存されている場合、新しい設定で上書きされます。
ネットワークの設定は5 つまで保存できます。

19. <SET>を押します。

20. <CANCEL>を2 回押して2 つ上の階層([ その他機能 ]メニュー)に戻ります。

21. リアルタイムプロキシ転送を選びます
その他機能 ]メニュー -> [ ネットワーク機能 ] -> [ リアルタイムプロキシ転送 ]を選び、<SET>を押します。

画面に「動作中」が表示され、リアルタイムプロキシ転送モードになります。

ビデオカメラの操作は、<POWER>スイッチと<SET>/<CANCEL>ボタンを押す操作以外は行えません。
メモ
下の画面が表示されている状態で<SET>を押すとリアルタイムプロキシ転送が終了します。


1.モバイル機器から、ビデオカメラに接続します。
モバイル機器の設定画面でWi-Fi を有効にします。

  • 見つかったWi-Fi ネットワークの一覧を表示させます。

2. ステップ2 の操作6 であらかじめメモしておいたSSID と同じWi-Fi ネットワーク名をタッチします。

3. ステップ2 の操作10 であらかじめメモしておいた暗号化キーを入力して接続します。
メモ
ビデオカメラとモバイル機器を接続するとき、2 回目からはパスワードを入力しなくても自動的に接続されます。

4.スマートフォンにインストールしたアプリCameraAccess Plus を起動します。

5. 宅内モードの[ 開始 ]を選びます。

6. ビデオカメラを選択します。

7. 画面上で操作して撮影します。

リアルタイムプロキシ転送を終了するには<SET>を押します。
メモ
リアルタイムプロキシ転送で記録するときの撮影設定は、フルオートモードの設定に加え、フォーカスはオート(顔検出AF はOFF)に、ズームはノーマル(光学のみ)に固定されます。また、プレ記録がON になります。
本機への記録開始/停止時に、モバイル機器の画面に表示される映像が一時的に途切れます。
CameraAccess plus の詳細については、株式会社ピクセラのホームページをご覧ください。
http://pixela.jp/cjcap

  • Wi-Fi は、Wi-Fi Alliance の登録商標です。Wi-Fi CERTIFIED、WPA、WPA2 とWi-Fi CERTIFIED ロゴは、Wi-Fi Alliance の商標です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XF205

 

[TOP▲]
このページのトップへ