MP4 形式の動画を撮影する(XF205)



MP4 形式の動画を撮影する(XF205)
更新日 : 2014年7月11日
文書番号 : Q000079041



詳細情報

ここでは、MP4 動画の基本的な撮影について説明します。
ここでは、MP4 形式のクリップを「MP4 クリップ」と呼びます。


. SD カードアクセスランプが消えていることを確認します。
. SD カードカバーを開けます。
. カードのラベル面を上側にして、カチッと音がするまでしっかり入れます。
. SD カードカバーを閉じます。
重要
  • カードが正しく入っていない状態で、カバーを無理に閉めないでください。
  • SD カードアクセスランプが赤色に点灯/点滅中は、次のことを必ず守ってください。データを破損するおそれがあります。
- 電源を切らない。バッテリーなどの電源を取り外さないでください。
- SD カードを取り出さないでください。
  • カードには表裏の区別があります。カードを裏返しに入れると、ビデオカメラに不具合が発生することがあります。操作説明に従って正しい向きで入れてください。
  • 万一のデータ破損に備えて、撮影したデータは必ずバックアップしてください。データ破損の場合、記録内容の補償についてはご容赦ください。
メモ
  • 誤ってデータを消さないために
カードの誤消去防止ツマミを「LOCK」側にすると、データを保護できます。
:誤消去防止ツマミ
  • SDカードアクセスランプの光りかた
点灯/点滅:カードにアクセス中
消灯:カードにアクセスしていない / カードが入っていない


ビットレート解像度オーディオビットレートフレームレート
59.94P29.97P23.98P
35 Mbps1920×1080256 kbps--
24 Mbps-
17 Mbps1280×720128 kbps--
9 Mbps-
3 Mbps*640×360-
* MXF+MP4 モードのみ。

1. <POWER>(電源)スイッチを押しながら<CAMERA>側にスライドさせます。

  • ビデオカメラがカメラモードで起動し、撮影一時停止状態(STBY)になります。
メモリーカードが入っているSD カードスロットのアクセスランプが赤く点灯したあと、消灯します。

2. <MENU>ボタンを押します。

3. 「動画形式」を選びます。
ジョイスティックを上下に押して[ その他機能 ]メニュー ->[ 動画形式 ]を選びます。
[ MP4 ]を選び、<SET>を押します。
:ジョイスティック
:選択した内容を決定するときは、ジョイスティックを垂直に押し込みます。ここでは、ジョイスティックを垂直に押すことを「<SET>を押す」と記載しています。
メモ
[ MXF(CF)+MP4 ]で記録する場合は、CF カードを入れておく必要があります。

4. ビットレートと解像度を選びます。
その他機能 ]メニュー ->[ MP4 ] ->[ ビットレート/解像度 ]を選びます。
いずれかを選び、<SET>を押します。
  • 選んだビットレートと解像度が画面に表示されます。なお、MXF+MP4 モードでは、MXF 動画のビットレート/解像度のみ表示されます。

5. フレームレートを選びます。
その他機能 ]メニュー ->[ MP4 ] ->[ フレームレート ]を選びます。
いずれかを選び、<SET>を押します。
選んだフレームレートが画面に表示されます。
参考
次の場合はフレームレートは59.94P に固定されますので、フレームレートの項目は表示されません。
- MP4 モードで「35 Mbps 1920x1080」のとき。
- MP4 モードで「17 Mbps 1280x720」のとき。



2. 前後のタリーランプが点灯し( )、画面に[ REC ](MXF 動画とMP4 動画を同時に記録中は、[ MP4  REC ])が表示されます。


3. 撮影を停止するときは、もう一度<START/STOP>(スタート/ストップ)ボタンを押します。
撮影が終了してMP4 クリップがメモリーカードに記録され、撮影一時停止状態(STBY)になります。
タリーランプは消灯します。
メモ
ハンドルのSTART/STOP ボタンには、誤操作防止用のロックレバーがあります。使用しないときや撮影状態を保持したままにしたいときは、ロックレバーを <> 側にしてください。レバーを元の位置に戻すとロックは解除されます。
  • レックレビュー機能を使うと、カメラモードのまま、最後に撮影したクリップの映像を再生して確認できます。
  • その他機能メニュー「最終クリップ消去」で、最後に記録したクリップを消去できます。なお、「ダブルスロット記録」が「入」のときや、MXF+MP4 モードのときは、「最終クリップ消去」は使用できません。
参考
MP4 クリップについて
  • 記録されるMP4クリップには、「100-0001」のような番号(ファイル番号)を含むクリップ名(上位3桁:フォルダー番号、下位4桁:ファイルの番号)が自動的に付けられます。番号の付けかたを選ぶこともできます。
  • MP4 クリップ内の映像ファイル(ストリーム)は、次のいずれかの条件に達すると分割して記録されます(本機で再生したときは、連続して再生されます)。分割されたファイルは、付属のData Import Utility を使ってパソコンに取り込むと、結合できます。
- ファイルサイズが約4 GB。
- フレームレートが59.94P で、記録時間が約29分50秒。
- フレームレートが59.94P 以外で、記録時間が約59分50秒。
  • 1回の撮影操作で記録できる時間は、約12 時間です。それを越えると自動的に停止します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XF205

 

[TOP▲]
このページのトップへ