バッテリーの充電時間(iVIS mini X)



バッテリーの充電時間(iVIS mini X)
更新日 : 2014年10月3日
文書番号 : Q000082142



詳細情報


付属のバッテリーパックNB-12Lの充電時間の目安は次のとおりです。
充電時間は周囲の温度や充電状態によって異なります。

コンパクトパワーアダプター
CA-110
バッテリーチャージャー
CB-2LG
充電時間4時間3時間5分


注意
  • 電源プラグを抜き差しするときは、まず電源を切って、電源/充電ランプが消えていることを確認してください。撮影したデータが破損するおそれがあります。
  • 無理にバッテリーを入れないでください。破損の原因となります。
  • アクセサリーはキヤノン純正品のご使用をおすすめします。
このビデオカメラは、キヤノン純正の専用アクセサリーと組み合わせて使用した場合に最適な性能を発揮するように設計されておりますので、キヤノン純正アクセサリーのご使用をおすすめいたします。
なお、純正品以外のアクセサリーの不具合(例えばバッテリーの液漏れ、破裂など)に起因することが明らかな、故障や発火などの事故による損害については、キヤノンでは一切責任を負いかねます。また、この場合のキヤノン製品の修理につきましては、保証の対象外となり、有償とさせていただきます。あらかじめご了承ください。
メモ
充電するとき
  • 10 ℃〜 30 ℃の場所で充電することをおすすめします。バッテリーや周囲の温度が約0 ℃〜 40 ℃(使用温度)の範囲外のときは、充電できません。
  • 電源が入っているときは充電できません。
  • 充電中にコンセントまたはDC IN端子からプラグを抜いたときは、再び接続する前に電源/充電ランプの消灯を確認してください。
撮影や再生するとき
  • バッテリー残量が気になるときは、電源プラグをコンセントにつないだままお使いください。
  • フル充電したバッテリーも少しずつ放電します。使用直前に充電することをおすすめします。
参考
使用時間を長くするコツ
  • こまめに電源を切り、10 ℃〜30 ℃のところで使用すると、長く使えます。スキー場などでバッテリーが冷たくなると、一時的に使用時間が短くなりますので、ポケットなどに入れて温めてから使用すると効果的です。
長い間保管するとき
  • バッテリーの消耗を防ぐため本体から取り外し、乾燥した30 ℃以下のところで保管してください。
  • バッテリーの劣化を防ぐため、画面に「バッテリーパックを充電してください」が表示されるまで使い切ってから、保管してください。
  • 1年に1回程度、充電完了まで充電してから使い切ってください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS mini X

 

[TOP▲]
このページのトップへ