家の中でスマートフォンをリモコンとして使って撮影する方法(ライブストリーミングリモコン)(iVIS mini X)



家の中でスマートフォンをリモコンとして使って撮影する方法(ライブストリーミングリモコン)(iVIS mini X)
更新日 : 2014年10月17日
文書番号 : Q000082148



操作方法

ビデオカメラ  スマートフォンやタブレット(iOS / Android ™)

CameraAccess plus の宅内モードを使うと、家の中などで離れた場所に設置したビデオカメラの映像を、スマートフォンなどの画面で見ながら操作してビデオカメラに記録したり、スマートフォンなどに保存できます。
ここでは、ライブストリーミングリモコンの利用方法と、スマートフォン側の設定を解説します。
メモ
  • CameraAccess plus は、株式会社ピクセラから、アップル社のApp Store またはGoogle™ 社のGoogle Play™ を通じて無料で提供されるソフトウェア(アプリ)です。
  • ここでは、iOS7およびAndroid 4.0を例に説明しています。
  • お使いのスマートフォンの機種、またはOSによってはCameraAccess plusが対応していない場合があります。詳細については、 スマートフォンアプリ動作環境(iVIS mini X) をご参照ください。
重要
[ ](オートモード)以外の撮影モードで操作すると自動的に[ ](に切り換わります。

1. スマートフォンからApp Store またはGoogle Play™ にアクセスし、アプリCameraAccess plus をインストールします。
メモ
2回目からアプリケーションのインストールは不要です。

2.ビデオカメラの電源を入れて、撮るモードになっていることを確認します。
参考
CameraAccess plusの画面では、動画撮影モードと静止画撮影モードを切り換えることはできません。あらかじめ動画撮影モードと静止画撮影モードを設定してから操作してください。

3. ビデオカメラの液晶画面に表示される[ ] をタッチします。

4. 液晶画面を左右にドラッグして、[ ライブストリーミングリモコン ]を中央にしてタッチします。

5. [ ](宅内モード)を中央に表示して[ ] をタッチします。

画面に「カメラSSID」(Wi-Fiネットワーク名)と「カメラパスワード」が表示され、スマートフォンからの接続待ち状態になります。

6.スマートフォンの設定画面でWi-Fiを有効にします。

・見つかったWi-Fiネットワークの一覧を表示させます。

7.手順5.でビデオカメラの画面に表示されたSSIDと同じWi-Fiネットワーク名をタッチします。

8.手順5.でビデオカメラの画面に表示されたパスワードを入力して接続します。

9. ビデオカメラの画面に「動作中」が出たら、接続完了です。
メモ
ビデオカメラとスマートフォンを接続するとき、2回目からはパスワードを入力しなくても自動的に接続されます。
参考
節電のため1分後に画面が黒くなります。

10.スマートフォンにインストールしたアプリCameraAccess Plus を起動します。

11.スマートフォンなどの画面で映像を確認しながら、画面上で操作して撮影します。

12.ビデオカメラの[終了]をタッチすると、宅内モードが終了します。

メモ
  • 本機への動画の記録開始/停止時や静止画記録時、ワイド/アップ切り換え時に、スマートフォンなどに表示される映像が一時的に途切れます。
  • ライブストリーミングリモコンで記録時は、「ポジション検出」の設定にかかわらず、操作5のときのビデオカメラの状態で記録されます。
  • CameraAccess plusの詳細については、株式会社ピクセラのホームページをご覧ください。
  • MP4形式の動画で、フレームレートを「24P」に設定しているときは、自動的に「30P」に切り換わります。
  • お使いの回線や電波の状況によっては、映像が途切れたり、反応が遅くなったりすることがあります。
  • カメラパンテーブルCT-V1(別売)を使うと、CameraAccess plus をインストールしたスマートフォンなどをリモコンとして使って、本機の向きを左右に振って(パン)撮影できます。詳しくは「カメラパンテーブルCT-V1 使用説明書」をご覧ください。
  • CT-V1を取り付ける向きはビデオカメラによって異なります。カメラベースの裏側のA方向に本機のレンズを向けて合わせてください。詳しくは「カメラパンテーブルCT-V1 使用説明書」をご覧ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS mini X

 

[TOP▲]
このページのトップへ