NFCの「タッチ」を使ってできること(iVIS HF R62)



NFCの「タッチ」を使ってできること(iVIS HF R62)
更新日 : 2015年2月9日
文書番号 : Q000083156



詳細情報

スマートフォンなどのWi-Fi機器とビデオカメラを直接接続する場合、お使いのスマートフォンなどがNFC*1に対応していると、ビデオカメラにタッチするだけで簡単にWi-Fi接続することができます*2。
*1:近距離無線通信の国際標準規格。Near Field Communicationの略。
*2:NFCに対応するAndroid機器(Android 4.0 / 4.1 / 4.2 / 4.3 / 4.4)のみ。

各種Wi-Fi機能におけるタッチ操作の概要は、以下のとおりです。

1.宅内モード
  • 機能の概要
CameraAccess plusを使うと、離れた場所にあるビデオカメラの映像を手元のスマートフォンなどで見ながらビデオカメラに記録できます。宅内モードではスマートフォンなどに保存することもできます。お使いの機器がNFCに対応していれば、簡単な操作で接続できます。
  • タッチでの動作
NFC対応機器とビデオカメラをタッチするとWi-Fi接続され、CameraAccess plusが自動的に起動します。

2.宅外モード
  • 機能の概要
屋外にいるとき、家の中に設置したビデオカメラの映像をスマートフォンなどで見たり、ビデオカメラに記録できます。
  • タッチでの動作
NFC対応機器とビデオカメラをタッチすると、NFC対応機器にカメラIDが設定されます。

3.ブラウザープレビュー
  • 機能の概要
動画や静止画をスマートフォンやタブレット、Wi-Fiに対応したパソコンなどのWebブラウザーで再生したり保存したりすることができます。
  • タッチでの動作
NFC対応機器とビデオカメラをタッチすると、CameraAccess plusが起動します。

4.Connect Stationに保存
  • 機能の概要
撮影した動画や静止画をConnect Station CS100(別売)に保存することができます。
  • タッチでの動作
ビデオカメラの(NFCのマーク)をCS100のNFC接続ポイントにかざすだけで、本機とCS100がWi-Fiで接続され、自動的に撮影データが保存されます。

重要
セキュリティで保護されていない無線LANやネットワーク環境に接続することは避けてください。お客様の個人情報などのデータが第三者に漏洩する危険性があります。

メモ
  • Wi-Fi機能使用時は充電したバッテリーやコンパクトパワーアダプター(ACアダプター)を使用することをおすすめします。
  • Wi-Fi接続中は、内蔵ワイヤレスアンテナ付近を手などで覆わないでください。通信電波がさえぎられ、Wi-Fiの通信状態が悪くなります。
:ワイヤレスアンテナ(内蔵)
  • Wi-Fi接続中は、カードカバーを開けないでください。
  • Wi-Fi機能使用中は、 -> -> -> [オートパワーオフ]は働きません。
  • ワイヤレスマイクロホンWM-V1(別売)を取り付けているときは、Wi-Fi機能を使用できません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF R62

 

[TOP▲]
このページのトップへ