好みの画質に設定する(ルック)(XC15)



好みの画質に設定する(ルック)(XC15)
更新日 : 2016年9月9日
文書番号 : Q000089227



操作方法

シャープネス、コントラスト、色の濃さを調整して撮影することができます。撮影モードが [ ] と [ ] 以外のときに設定できます。あらかじめ動画 / 静止画それぞれに 9 個のルックがプリセットされています。プリセットのルックをベースにして、好みに合わせて調整することもできます。

動画 : スタンダード動画の基準画質設定です
: Cinema EOS Std.Cinema EOS のColor Matrix (カラーマトリクス) [ Video ] 同等の業務機用の映像表現
: ニュートラルCinema EOS のColor Matrix (カラーマトリクス) [ Neutral ] 同等の忠実な色再現の映像表現
: Production Camera*Cinema EOS のColor Matrix (カラーマトリクス) [ Production Camera ] 同等の映像制作用の映像表現
: Color Matrix OffCinema EOS のColor Matrix (カラーマトリクス) [ Off ] 同等の映像表現
: Canon Logダイナミックレンジが広く、ポスト処理に適した色調の映像に
: EOS Std.EOS のピクチャースタイル [ スタンダード ] の鮮やかでくっきりした画質を再現
: Wide DR広いラチチュードを持つガンマとガンマに合わせた色再現に
: 高輝度優先高輝度領域も圧縮せずに自然な階調で撮影します。外部モニターは明るめ設定を推奨
: ユーザー設定 1, : ユーザー設定 2ベースのルックを登録し、好みにあわせて調整できます
静止画 : スタンダード静止画の基準画質設定です
: ポートレート人物の肌の色を、透明感ある健康的な表現に
: 風景空の青や木々の緑などを鮮烈な印象で再現
: ニュートラル被写体のディテールを豊かに残し、画像加工にも適した画質
: 忠実設定被写体の色そのものを記録する、現物重視の画像になります
: モノクロ白黒になります
: セピアセピアになります
: クリアコントラストを強調し、立体的かつ、くっきりと表現
: 紅葉もみじやイチョウなどの色彩の美しさを際立たせます
: ユーザー設定 1 , : ユーザー設定 2ベースのルックを登録し、好みにあわせて調整できます
* ガンマは、カラーグレーディング後をイメージした Wide DR を採用。


1. [ ] をタッチします。

2. [ ] をタッチします。
参考
  • 静止画カメラモード時は [ ] をタッチします。

3. いずれかのルックをタッチします。
  • 例として [ Production Camera ] を選択しています。

4. 手順 3 で [ : Canon Log ] 以外に設定したときは、[ ] をタッチすると詳細設定が可能になります。
・設定できる内容は以下のとおりです。
設定項目設定値内容
シャープネス0 - 7輪郭強調の強さを調整する。0 : 控えめ / 7 : 強め
コントラスト*14 - +4明暗差を調整する。4 : 明暗差・弱 / +4 : 明暗差・強
色の濃さ*24 - +4色の濃さを調整する。4 : 薄い / +4 : 濃い
*1 : Production Camera , Wide DR , 高輝度優先以外で設定可能。
*2 : ニュートラル (動画) , モノクロ , セピア以外で設定可能。


1. [ ルックを選んで調整する ] の手順 3 で、[ ユーザー設定 1 ] または [ ユーザー設定 2 ] を選びます。

2. [ ] をタッチして設定画面を表示させ、次に [ スタンダード ] をタッチします。

3. 表示された画面の項目から、登録したいルックを選んでタッチします。
重要
  • [ : Canon Log ] を選択したときは、シャープネス、コントラスト、色の濃さの詳細設定を変更することはできません。

4. 次に表示される画面で、[ はい ] をタッチします。

5. [ OK ] をタッチします。

6. 詳細設定画面が表示されるので、好みに合わせて調整します。
メモ
  • [ : 高輝度優先 ] を選んだとき、メニューの [ ビューアシスト ] を [ 入 ] にすると、より適切な映像を画面で確認することが出来ます。
  • [ : 高輝度優先 ] 設定時は、静止画記録ができません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

XC15

 

[TOP▲]
このページのトップへ