撮影したAVCHD形式の動画をUSB接続でパソコンに取り込む方法(iVIS HF R82 / HF R800)



撮影したAVCHD形式の動画をUSB接続でパソコンに取り込む方法(iVIS HF R82 / HF R800)
更新日 : 2017年2月21日
文書番号 : Q000090570



操作方法

撮影した AVCHD 形式の動画はTransfer Utility LE* を使って保存します。
* PIXELA 社製の AVCHD 形式の動画用ソフトウェア。
重要
  • 動画用ソフトウェア Transfer Utility LE をインストールしていないときは、はじめにソフトウェアを株式会社ピクセラのウェブサイトからダウンロードして、インストールする必要があります。
  • ダウンロードする際、インターネット接続が必要です。インストールについては [AVCHD 形式の動画転送用ソフトウェア PIXELA Transfer Utility LEをインストールする方法 (iVIS HF R82 / HF R800)] をご覧ください。
メモ
  • ここでは Windows 7 を例に説明しています。OS によっては画面の表示や操作方法が異なる場合があります。
  • はじめてビデオカメラとパソコンをつないだときにドライバーがインストールされるため、操作ができるようになるまでに時間がかかることがあります。


2. ビデオカメラの [ ] を押して、見るモードにします。

3. [ ] をタッチして、AVCHD 形式の動画インデックス画面を表示します。

4. [ 内蔵メモリー : ]( のみ)、または [ カード : ] のインデックス画面に切り換えます。

5. 付属の USB ケーブル () でビデオカメラとパソコンをつなぎます。
メモ
  • Windows の場合、パソコンの画面に [自動再生] ダイアログが出たときは閉じます。

  • [接続機器を選択してください] が出たとき
[パソコン] をタッチします。

6. パソコンで下のアイコンをダブルクリックすると、パソコンの画面に Transfer Utility LE の起動画面が出ます。


2. 取り込みたい映像ファイルがある場所を選びます。

接続する機器によって、表示されるアイコンが変わります。
ビデオカメラ本体の内蔵メモリです。
ビデオカメラに挿入されたSDメモリーカードです。
ビデオカメラ本体の内蔵メモリとSDメモリカードの両方です。
カードリーダーライターに挿入されたSDメモリーカードなどです。

3. 取り込む方法を選択して、[OK] をクリックします。
  • パソコンに保存されていない映像ファイルを取り込む
まだパソコンに取り込んだことのない映像ファイルを取り込みます。
  • すべての映像ファイルを取り込む
選択したメディアに保存されているすべての映像ファイルを取り込みます。
  • リストから選んで映像ファイルと音楽ファイルを取り込む
ビデオカメラで作成したリストの映像ファイルと音楽ファイルを取り込みます。チェックを入れたグループを取り込みます。

参考
取り込んだ映像は、下記の場所に保存されます。また、保存先は [ 設定 ] メニューの [ 環境設定 ] から変更できます。
  • Windows 7 / Windows 8
C: ユーザー \ (ユーザーアカウント名) \ (マイ)ビデオ* \ Transfer Utility LE \ TULE_AVCHD
* [(マイ)ビデオ]がない場合は、[(マイ)ドキュメント]にあります。
  • Windows 10
PC \ ビデオ \ Transfer Utility LE \ TULE_AVCHD
  • Mac OS X
ユーザ \ pclab \ ムービー \ Transfer Utility LE \ TULE_AVCHD

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS HF R82 / iVIS HF R800

 

[TOP▲]
このページのトップへ