ブラウザーリモートでスマートフォンをリモコンとして使って撮る方法(XF405/ XF400/ iVIS GX10)



ブラウザーリモートでスマートフォンをリモコンとして使って撮る方法(XF405/ XF400/ iVIS GX10)
更新日 : 2017年11月10日
文書番号 : Q000092468



Wi-Fi でビデオカメラをネットワークに接続すれば、ネットワークに接続した機器*1 の Webブラウザーから本機をリモートで操作して、動画を撮影することができます (ブラウザーリモート)。撮影時は、ライブビューによる画角の確認、さまざまな撮影設定*2 が可能なほか、カードやバッテリーの残量、タイムコードの確認を行うことができます。
メモ
*1 OS、Web ブラウザーなどの情報については、キヤノンのホームページなどでご確認ください。
*2 ホワイトバランス、ゲイン、シャッタースピード、ND フィルター、アイリス、フォーカス、ズームなどが調整可能。
重要
ここでは XF405 を例に説明しています。お使いの機種によって、操作ボタンの位置や形、表示される画面、設定項目が異なる場合があります。


*1 スマートフォンとタブレット端末をあわせて [スマートフォン] と記載しています。
*2 カメラアクセスポイントで接続した機器を含む。OS、Web ブラウザーなどの情報については、キヤノンのホームページなどでご確認ください。
*3 JavaScript (ジャバスクリプト) に対応し、Cookie (クッキー) が有効になっている必要があります。
重要
: ワイヤレスアンテナ (内蔵)
  • Wi-Fi 接続するときや接続中は、内蔵ワイヤレスアンテナ付近を手などで覆わないでください。通信電波がさえぎられ、Wi-Fi の通信状態が悪くなります。
  • SDI OUT端子 ( のみ) または HDMI OUT 端子に接続したケーブルをワイヤレスアンテナの近くに配置しないでください。通信に影響することがあります。
  • ネットワーク機能を使用中は、カードカバーを開けないでください。

1. Wi-Fi のカメラアクセスポイントを使用します。
参考
  • カメラアクセスポイントの設定 (SSID、パスワードなど) は、初期状態であらかじめ設定されているので、すぐに Wi-Fi 対応機器から接続できます。

2. システム設定 -> [ネットワーク設定] をタッチします。

3. [機能] をタッチします。

4. [ブラウザーリモート] をタッチします。

5. をタッチします。
メモ
  • ビデオカメラがカメラアクセスポイントのときは、 が表示されます。
  • ブラウザーリモートの接続準備が完了すると、黄色 ( ) から白色 ( ) に変わります。

6. 必要に応じて、ブラウザーリモートのネットワーク設定を確認します。
  • [ネットワーク設定] -> [情報表示] をタッチします。

7. カメラの SSID ()、パスワード () を、ブラウザーリモートと使うときはカメラの URL () を、それぞれ確認します。
  

8. -> をタッチします。

9. ビデオカメラと Wi-Fi 接続します。
スマートフォンの設定画面で Wi-Fi を有効にします。
  • 見つかった Wi-Fi ネットワークの一覧を表示させます。

10. 手順 7. でビデオカメラの画面に表示された SSID と同じ Wi-Fi ネットワーク名をタッチします。

11. 手順 7. でビデオカメラの画面に表示されたパスワードを入力して接続します。

12. スマートフォンの Web ブラウザーを起動します。

13. 手順 7. で確認した URL () を入力して、ブラウザーリモートを起動します。
  • ブラウザーリモートの画面が表示されます。
  • ブラウザーリモートに接続中は、ブラウザーリモート画面の () が、順に点灯 -> 順に消灯を繰り返します。
  • 表示されたカメラ ID () がリモート撮影に使用するカメラの ID であることを確認します。

14. を押して表示されるリストから、ブラウザーリモートの表示言語を選びます。


  • 詳細操作画面
タブレットなど画面が比較的大きい携帯端末を使ってリモート撮影するときは、[詳細操作] 画面を使えば、ブラウザーリモートで制御可能なすべての操作を行うことができます。
ライブビュー映像表示エリア
・カメラのライブビュー映像を表示する。映像を表示していないときは、カメラ ID が表示される。[本体記録優先] で [解像度] を [3840x2160]、 [フレームレート] を [59.94P] に設定かつ 表示設定の [出力端子] で [HDMI]、[HDMI最大解像度] を [3840x2160] に設定しているときはライブビュー表示できない。
カードの状態 / 撮影可能時間
タイムコード*SLOT SELECT (スロット選択) ボタン
スロー & ファストモーション記録 / プレ記録* / 記録コマンド状態* / 同時記録*撮影モード
・赤外撮影時 ( / ) と (オートモード) 時はアイコンが表示され、撮影モードを切り換えることはできない。
ブラウザーリモート接続状態表示*ND フィルター
LIVE VIEW (ライブビュー) ボタン
・押すとライブビュー映像が表示される。
ホワイトバランス
() Touch Focus (タッチフォーカスロック) ボタンAE 時の露出補正
REC (記録開始 / 停止) ボタンシャッタースピード
画面切り換えボタン
(詳細操作画面)、 (簡易操作画面)のいずれかに切り換える。
F 値
バッテリー残量とバッテリー残時間*ゲイン
解像度*撮影状態
言語選択
・一部の画面やメッセージの表示言語を選ぶ。
カメラ設定変更エリア / 切り換えタブ
・White Balance (ホワイトバランス)、Exposure (露出)、Focus / Zoom (フォーカス / ズーム) の各調整を切り換える。
(キーロック) ボタン
・ブラウザーリモートの操作ボタンをロックする。 を押すとロックは解除される。本体側の操作はロックされない。


* 現在の設定を表示する。ブラウザーリモートで変更することはできない。

  • 簡易操作画面
画面切り換えタブで [ ] を選ぶと表示されます。スマートホンなど画面が小さい機器を使ってリモート撮影するときに使用します。簡易操作画面では、REC (記録開始 / 停止) () 、ズーム () 、LIVE VIEW (ライブビュー) の入 / 切 () 、画面切り換え () 、 (キーロック) () のみ行うことができます。
 


1. REC (記録開始 / 停止) ボタンを押します。

2. 撮影が開始され、撮影状態表示が [ ] に変わる。REC ボタン中央が (赤色) に変わります。
  • 撮影中は、タイムコードが歩進します。

3. 再度、REC ボタンを押すと撮影を終了し、撮影状態表示が [■] に変わります。


2. いずれかの設定方法を選びます。
参考
  • [ ]、[ ] または [ ] 以降の操作は不要。

3. または を選んだときは、基準白色を取り込んで、登録します。
  • グレーカードや白い無地の被写体をモニター画面の中央に写し、[ ] をタッチします。
  • [ ] が早く点滅し、点灯に変わったら調整完了。

4. を選んだときは、設定方法の右の色温度をタッチします。

5. 色温度を選びます。

6. をタッチします。


2. 撮影モードボタンをタッチします。

3. いずれかのモードを選び、 をタッチします。

4. ND フィルターを切り換える
[−] または [+] をタッチして ND フィルターを選びます。
  • ND フィルターが変更され、タイムコード表示の下に現在の設定が表示されます。
  • ND 設定値をタッチしてリストから選ぶか、[−] または [+] で調整することもできます。
  • をタッチします。

5. 絞りを調整する
[−] または [+] をタッチして絞り値を調整します。
  • 絞り値が変更され、タイムコード表示の下に現在の設定が表示されます
  • 絞り値をタッチしてリストから選ぶか、[−] または [+] で調整することもできます。
  • をタッチします。

6. シャッタースピードを調整する
[−] または [+] をタッチして値を調整します。
  • シャッタースピードの値が変更され、タイムコード表示の下に現在の設定が表示されます。
  • シャッタースピードの値をタッチしてリストから選ぶか、[−] または [+] で調整することもできます。
  • をタッチします。

7. ゲインを調整する
[−] または [+] をタッチして値を調整します。
  • ゲインの値が変更され、タイムコード表示の下に現在の設定が表示されます
  • ゲイン設定値をタッチしてリストから選ぶ、[−] または [+] で調整することもできます
  • をタッチします。

8. 露出を調整する
[−] または [+] をタッチして値を調整します。
 
  • 補正値が変更され、タイムコード表示の下に現在の設定が表示されます。
  • をタッチすると、露出が固定されます。
  • 補正値をタッチしてリストから選ぶか、[−]または[+]で調整することもできます
  • をタッチします。


2. FOCUS / ZOOM タブに切り換えます。

3. マニュアルで調整する
[AF] をタッチします。

4. [MF] をタッチ -> をタッチします。

5. いずれかのフォーカス操作ボタンをタッチして、ピントを合わせます。
 
  • Near のボタン() をタッチすると至近方向に調整し、Far のボタン() をタッチすると無限方向に調整します。
  • 調整量はボタンによって異なり、 / は小、 / は中、 / は大です。

6. デュアルピクセルフォーカスガイドを使う
マニュアルフォーカス時、[Focus Guide Off] をタッチします。

7. [ON] をタッチします。
  • 画面にフォーカスガイド枠が表示さます。

8. をタッチします。

9. AF 枠の位置を変更する
ブラウザーリモートのライブビュー表示上でタッチした位置に AF 枠を移動させることができます。
  • [ Touch Focus ] ボタンがロック解除状態であることを確認します。

10. ライブビュー表示上で被写体をタッチします。
  • タッチした位置に、AF モードで選んだオートフォーカス機能に応じた AF 枠が表示されます。

11. をタッチします。

12. ズームを調整する
ビデオカメラの [フォーカス / ズームリング切り換えスイッチ] を [ZOOM] にします。

11. FOCUS / ZOOM タブに切り換えます。

12. ズーム位置選択ボタンをタッチして、ズームを調整する。または、 をタッチすると T 側 (望遠) に、 をタッチすると W 側 (広角) に調整します。
メモ
  • 低速で操作すると、レンズの動き出しまでに時間がかかることがあります。


1. システム設定メニュー -> [ネットワーク設定] をタッチします。

2. [機能] をタッチします。

3. [切] をタッチします

4. -> をタッチします。
  • 画面の が消え、ブラウザーリモートが無効になります。
メモ
  • カラーバーを表示中は、ライブビュー映像が表示されません。
  • ネットワーク環境や通信状態によっては、ライブビューの表示や各種設定などに遅延が発生することがあります。
  • ビデオカメラに [Camera ID] を設定していない場合、カメラ ID はブラウザーリモート画面に表示されません。
  • ブラウザーリモートで選んだ言語と異なる言語をパソコンなどで設定している場合は、正しく表示されないことがあります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iVIS GX10 / XF405 / XF400

 

[TOP▲]
このページのトップへ