内蔵ストロボを発光禁止にする方法



内蔵ストロボを発光禁止にする方法
更新日 : 2015年5月26日
文書番号 : Q000004487



■概要

内蔵ストロボを発光禁止にする方法

■回答

撮影モードをPモード(プログラムAE)に合わせて、ストロボを下げた状態にするとストロボは発光禁止になります。
ストロボが上がった状態の場合は、ストロボを手で押し下げてください。

EOSカメラは撮影モードを応用撮影ゾーン(クリエイティブゾーン)にセットすると、内蔵ストロボは手動発光になります。
ストロボを上げた状態では強制発光、ストロボを下げた状態では発光禁止になります。(下の写真はEOS 7の場合です)

内蔵ストロボが下げた状態 ストロボを上げた状態

内蔵ストロボを下げた状態
Pモードにするとストロボは発光禁止

内蔵ストロボを上げた状態
Pモードにするとストロボは強制発光

尚、内蔵ストロボを強制発光にする方法については、関連情報をご参照ください。



関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 1000 / EOS 100P / EOS 100 / EOS 10 / EOS 3000 / EOS 5 / EOS 55 / EOS 7 / EOS IX / EOS IX50 / EOS IXE / EOS KissIII / EOS Kiss / New EOS Kiss

 

[TOP▲]
このページのトップへ