ImageBrowser Ver6の主な変更点



ImageBrowser Ver6の主な変更点
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000039768




■INDEX
  1. ImageBrowser Ver6.9.0a 変更点
  2. ImageBrowser Ver6.9.0 変更点
  3. ImageBrowser Ver6.7.2 変更点
  4. ImageBrowser Ver6.6.0b 変更点
  5. ImageBrowser Ver6.5.3 変更点
  6. ImageBrowser Ver6.5.0a 変更点
  7. ImageBrowser Ver6.4.1 変更点
  8. ImageBrowser Ver6.3.1 変更点
  9. ImageBrowser Ver6.2.1c 変更点
  10. ImageBrowser Ver6.2.1a 変更点
  11. ImageBrowser Ver6.2.1 変更点
  12. ImageBrowser Ver6.2.0 変更点
  13. ImageBrowser Ver6.1.3 変更点
  14. ImageBrowser Ver6.1.1a 変更点
  15. ImageBrowser Ver6.1.1 変更点
  16. ImageBrowser Ver6.0.2a 変更点

   ImageBrowser Ver6.9.0a 変更点

EOS 60Dの一部機種において、画像情報のカメラBody No.表示に誤りがある障害を修正しました。


   ImageBrowser Ver6.9.0 変更点

以下の新製品に対応しました。
  - PowerShot G1 X、PowerShot SX40 HS、PowerShot SX150 IS、PowerShot S100、IXY600F、IXY 51S、IXY 32S
Mac OS X v10.7に対応しました。


   ImageBrowser Ver6.7.2 変更点

以下の新製品に対応しました。
  - PowerShot A3200 IS, PowerShot A1200, PowerShot A2200, IXY 410F, IXY 210F, IXY 31S(*), PowerShot SX230 HS(*)
  - EOS Kiss X5,EOS Kiss X50
*: ImageBrowser 6.7.1と比較しImageBrowser 6.7.2にアップデートすることにより動画の編集がより高速になります。
マルチアスペクトで撮影したRAW画像に対応
  - サムネイル表示時はアスペクト枠を表示し、一枚表示時にアスペクト比で表示します。
RAW現像処理機能の廃止
  - ImageBrowser 6.6では、RAW画像内に内蔵するJPEGを表示/印刷する機能に加え、RAWをデフォルト設定で現像し て表示 / 印刷する機能を搭載していました。RAW画像に内蔵するJPEGの解像度が高くなり実用的になりましたの で、ImageBrowser 6.7からRAWをデフォルト設定で現像して表示/印刷する機能を廃止します。(いままで通り、 RAW画像の内蔵JPEGの表示/印刷について対応します。)RAW画像を現像する場合は、対応したDigital Photo  Professionalをお使いください。
MacOS 10.4のサポートを終了しました。MacOS 10.5, 10.6をサポートします。また、サポートするCPUはIntel社製プロセッサーのみとなります。
オートアップデート対応(日本語版のみ)
  ImageBrowser 6.7の日本語版はプルダウンメニュー/ImageBrowserに[最新バージョンに更新]というメニューを追加しました。この機能を用いることでImageBrowser で使用できている機能を最新版に更新します。(パソコンはインターネットに接続しておく必要があります。)


   ImageBrowser Ver6.6.0b 変更点

以下の新製品に対応しました。
  - PowerShot SX30 IS、PowerShot G12、IXY 50S、 PowerShot SX130 IS、PowerShot S95
  - iVIS HF M32
  - EOS 60D
[お気に入り度]を[レーティング]に名称変更するとともに、設定できる星の数を増やしました。
従来の[お気に入り度]は「星1つ」から「星3つ」までの3段階(初期設定は星2つ)でしたが、名称を[レーティング]に
変更するとともに、「星なし」から「星5つ」までと「除外」の計7段階の設定ができるように変更しました。
(初期設定は星なし)
また、[レーティング]はDigital Photo Professional(v3.9以降)など、ほかのアプリケーションとの互換性があります。


   ImageBrowser Ver6.5.3 変更点

新機種(IXY 30S) に対応しました。



   ImageBrowser Ver6.5.0a 変更点

Mac OS X v10.6(Snow Leopard)に対応しました。
以下の新製品に対応しました。
  - PowerShot A3100 IS、PowerShot A495、PowerShot SX210 IS、IXY 400F、IXY 200F、IXY 10S
  - iVIS HF S21、iVIS HF R10、iVIS HF R100、iVIS HF M31
  - EOS Kiss X4
EOS 5D Mark II 新ファームウエア(Ver.2.0.3)に対応しました。
画像取り込み用のアプリケーション(CameraWindow DC)のバージョンが変わります。
  CameraWindow DCのバージョンが 8.1となります。 旧バージョンのImageBrowser でコンパクトデジタルカメラからの画像取り込み時CameraWindow 6.x、 CameraWindow DC 7.xをご使用になられていた方、デジタルビデオカメラからの画像取り込み時CameraWindow 6.xをご使用になられていた方はバージョンアップに伴い、一部機能が使用できなくなります。(*)
また、バージョンアップ後は画像保存先フォルダがCameraWindow DC 8.1の初期設定値に変更されます。
  *: 印刷、ダイレクト転送ができなくなります。(取り込み後の画像に対してはImageBrowser からの印刷は可能。)
  *: リモート撮影はできなくなります。

   注意事項
ImageBrowser 6.5.0aアップデータ−の収録ソフトウェアにRAW Image Taskは含まれて いません。
EOS DIGITAL/PowerShot(RAW対応モデル)をお使いのお客様へ
1. PowerShotのRAW対応モデルの一部機種(*)をお使いのお客様へ
RAW画像の取り扱いをされる場合、ImageBrowser は非対応のため、Digital Photo
Professionalをお使いください。
  『Digital Photo Professional』の最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
2. EOS DIGITALをお使いのお客様へ
ImageBrowser 6.5.0aをインストールする場合、デジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は
EOS Utility(*)とDigital Photo Professional(*)をお使いください。
  『EOS Utility』、『Digital Photo Professional』の最新バージョンはこちらからダウンロードできます。



   ImageBrowser Ver6.4.1 変更点

PowerShot G11、 PowerShot S90、 IXY DIGITAL 930 IS、 IXY DIGITAL 220 IS、 PowerShot SX20 IS、 PowerShot SX120 ISに対応しました。
EOS 7Dに対応しました。
ロシア語に対応しました。ただし、ロシア語版では次の制限事項があります。
ロシア語で起動するCameraWindowは CameraWindow DC 8 のみです。 (Mac OS X 10.5のみ)
CameraWindow (CameraWindow DC、 CameraWindow DVC) はロシア語対応しておりません。

   注意事項
RAW Image Taskについて
  ImageBrowser Ver6.4.1 アップデーターの収録ソフトウェアに RAW Image Task(RAW 画像処理)は含まれていません。

PowerShot(RAW対応モデル)をお使いのお客様へ
  RAW画像の取り扱いをされる場合、ImageBrowserは非対応のため、Digital Photo Professionalをお使いください。

『Digital Photo Professional』の最新バージョンは、別途ダウンロードできます。

EOS DIGITAL をお使いのお客様へ
  ImageBrowser Ver6.4.1 をインストールする場合、以下のデジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は EOS Utility と Digital Photo Professional をお使いください。
  『EOS Utility』、『Digital Photo Professional』の最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
 
対応機種:
 

EOS-1Ds Mark III 、EOS-1Ds Mark II、EOS-1Ds、
EOS-1D Mark III、EOS-1D Mark II N、EOS-1D Mark II、EOS-1D、
EOS 5D Mark II、EOS 5D、EOS 7D、EOS 50D、EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、
EOS D30、EOS D60、
EOS Kiss X3、EOS Kiss X2、EOS Kiss F、EOS Kiss Digital X、EOS Kiss Digital N 、EOS Kiss Digital




   ImageBrowser Ver6.3.1 変更点

EOS Kiss X3、 PowerShot A480、PowerShot A1100 IS、PowerShot SX200 IS、PowerShot D10、IXY DIGITAL 510 IS、IXY DIGITAL 210 IS、IXY DIGITAL 110 IS、IXY DIGITAL 830 IS、PowerShot SX1 IS(RAWモデル)に対応しました。
MOV/AVI動画の編集に対応しました。

   注意事項
RAW Image Taskについて
  ImageBrowser Ver6.3.1 アップデーターの収録ソフトウェアに RAW Image Task(RAW 画像処理)は含まれていません。
PowerShot G10をお使いのお客様へ
  RAW画像の取り扱いをされる場合、ImageBrowserは非対応のため、Digital Photo Professionalをお使いください。

『Digital Photo Professional』の最新バージョンは、こちらからダウンロードできます。

PowerShot SX1 IS(RAWモデル)をお使いのお客様へ
  RAW画像の取り扱いをされる場合、ImageBrowserは非対応のため、Digital Photo Professionalをお使いください。

『Digital Photo Professional』は、こちらからダウンロードできます。
※ダウンロードするには、カメラ本体のシリアル番号の入力が必要です。

EOS DIGITAL をお使いのお客様へ
  ImageBrowser Ver6.3.1 をインストールする場合、以下のデジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は EOS Utility と Digital Photo Professional をお使いください。
  『EOS Utility』、『Digital Photo Professional』の最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
 
対応機種:
 

EOS-1Ds Mark III 、EOS-1Ds Mark II、EOS-1Ds、
EOS-1D Mark III、EOS-1D Mark II N、EOS-1D Mark II、EOS-1D、
EOS 5D Mark II、EOS 5D、EOS 50D、EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、
EOS D30、EOS D60、
EOS Kiss X3、EOS Kiss X2、EOS Kiss F、EOS Kiss Digital X、EOS Kiss Digital N 、EOS Kiss Digital、




   ImageBrowser Ver6.2.1c 変更点

EOS 5D Mark II のファームウェア(Version 1.0.7)で撮影した sRAW画像表示に対応しました。
  Version1.0.6以前のファームウェアで撮影した sRAW1、sRAW2 の画像を表示すると、
低コントラストの暗い部分がマゼンタ色になることがありますが、この現象を改善しました。

   注意事項
動画編集について
  ImageBrowser Ver6.2.1c アップデーターの収録ソフトウェアに RAW Image Task(RAW 画像処理)、MovieEdit Task(動画編集)は含まれていません。

PowerShot G10 をお使いのお客様へ
  RAW画像の取り扱いをされる場合、ImageBrowserは非対応のため、Digital Photo Professionalをお使いください。

『Digital Photo Professional』の最新バージョンは、こちらからダウンロードできます。

EOS DIGITAL をお使いのお客様へ
  ImageBrowser Ver6.2.1c をインストールする場合、以下のデジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は EOS Utility と Digital Photo Professional をお使いください。
  『EOS Utility』、『Digital Photo Professional』の最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
 
対応機種:
 

EOS-1Ds Mark III 、EOS-1Ds Mark II、EOS-1Ds、
EOS-1D Mark III、EOS-1D Mark II N、EOS-1D Mark II、EOS-1D、
EOS 5D Mark II、EOS 5D、EOS 50D、EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、
EOS D30、EOS D60、
EOS Kiss X2、EOS Kiss F、EOS Kiss Digital X、EOS Kiss Digital N 、EOS Kiss Digital、




   ImageBrowser Ver6.2.1a 変更点

対応機種を追加しました。
  EOS 5D Mark II に対応しました。

   注意事項
動画編集について
  ImageBrowser Ver6.2.1a アップデーターの収録ソフトウェアに RAW Image Task(RAW 画像処理)、MovieEdit Task(動画編集)は含まれていません。
ImageBrowser Ver6.2.1a で使用する場合は、ImageBrowser Ver6.2.1a アップデーターインストール後、ImageBrowser Ver6.1.3 アップデーターをダウンロードしてインストールしてください。

PowerShot G10 をお使いのお客様へ
  RAW画像の取り扱いをされる場合、ImageBrowserは非対応のため、Digital Photo Professionalをお使いください。

『Digital Photo Professional』の最新バージョンは、こちらからダウンロードできます。

EOS DIGITAL をお使いのお客様へ
  ImageBrowser Ver6.2.1a をインストールする場合、以下のデジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は EOS Utility と Digital Photo Professional をお使いください。
  『EOS Utility』、『Digital Photo Professional』の最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
 
対応機種:
 

EOS-1Ds Mark III 、EOS-1Ds Mark II、EOS-1Ds、
EOS-1D Mark III、EOS-1D Mark II N、EOS-1D Mark II、EOS-1D、
EOS 5D Mark II、EOS 5D、EOS 50D、EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、
EOS D30、EOS D60、
EOS Kiss X2、EOS Kiss F、EOS Kiss Digital X、EOS Kiss Digital N 、EOS Kiss Digital、




   ImageBrowser Ver6.2.1 変更点

対応機種を追加しました。
  PowerShot SX1 IS に対応しました。



   ImageBrowser Ver6.2.0 変更点

対応機種を追加しました。
  EOS 50D、PowerShot G10、PowerShot SX10 IS、IXY DIGITAL 3000 IS、IXY DIGITAL 920 ISに対応しました。
[動画を切り取る]ボタンを追加しました。
  動画を表示したビューアウィンドウに[動画を切り取る]ボタンを追加して、動画の前後の不要な部分を削除できるようになりました。
対応OSについて
  Mac OS X 10.3 のサポートを終了しました。
CameraWindowからの印刷について
  Mac OS X 10.5 (Leopard)で、CameraWindow から印刷できるようになりました。
Digital Photo Professional の連携起動機能を搭載
  ImageBrowser から Digital Photo Professional (Ver3.5以降)が起動できるようになりました。


   ImageBrowser Ver6.1.3 変更点

RAW画像を含むフォルダを撮影日時で並び替え後、次回起動時に強制終了する不具合を修正しました。
ブラウザウィンドウから画像ファイル削除後の動作を改善しました。

   注意事項

Mac OS X 10.5 (Leopard)で、CameraWindow から印刷を行っても印刷が開始されません。
印刷を行う場合は、画像をパソコンに取り込んでから、ImageBrowser を使用して印刷を行ってください。


EOS DIGITAL をお使いのお客様へ
  ImageBrowser Ver6.1.3 をインストールする場合、以下のデジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は EOS Utility を
お使いください。
  『EOS Utility』はこちらからダウンロードできます。
 
対応機種:
 

EOS-1Ds Mark III 、EOS-1Ds Mark II、EOS-1Ds、
EOS-1D Mark III、EOS-1D Mark II N、EOS-1D Mark II、EOS-1D、
EOS 5D、EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、EOS D30、EOS D60、
EOS Kiss X2、EOS Kiss F、EOS Kiss Digital X、EOS Kiss Digital N 、EOS Kiss Digital




   ImageBrowser Ver6.1.1a 変更点

RAW対応機種の追加
  EOS Kiss F に対応しました。

   注意事項
Mac OS X v10.5 (Leopard)で CameraWindow から印刷を行っても印刷が開始されません。
印刷を行なう場合は、画像をパソコンに取り込んでから、ImageBrowserを使用して印刷を行ってください。

EOS DIGITAL をお使いのお客様へ
  ImageBrowser 6.1.1a をインストールする場合、以下のデジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は EOS Utility をお使いください。 EOS Utility は EOS DIGITAL とPCの接続、およびPCからのカメラコントロール、リモート撮影を行うソフトウェアです。
  最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
 
対応機種:
 

EOS-1Ds Mark III 、EOS-1Ds Mark II、EOS-1Ds、
EOS-1D Mark III、EOS-1D Mark II N、EOS-1D Mark II、EOS-1D、
EOS 5D、EOS 50D、EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、EOS D30、EOS D60、
EOS Kiss X2、EOS Kiss F、EOS Kiss Digital X、EOS Kiss Digital N 、EOS Kiss Digital、




   ImageBrowser Ver6.1.1 変更点

RAW対応機種の追加
  EOS Kiss X2 に対応しました。

対応OSの追加
  Mac OS X v10.5 (Leopard)に対応しました。
  <ご注意> Mac OS X v10.5 (Leopard)対応 CameraWindow からの印刷制限など、一部制約事項があります。
以下「注意事項」を確認してください。

   注意事項
Mac OS X v10.5 (Leopard)で CameraWindow から印刷を行っても印刷が開始されません。
印刷を行なう場合は、画像をパソコンに取り込んでから、ImageBrowserを使用して、印刷を行なってください。

EOS DIGITAL をお使いのお客様へ
  ImageBrowser 6.1.1 をインストールする場合、以下のデジタル一眼レフカメラをお使いのお客様は EOS Utility をお使いください。 EOS Utility は EOS DIGITAL とPCの接続、およびPCからのカメラコントロール、リモート撮影を行うソフトウェアです。
  Mac OS X 10.3〜10.4をお使いの場合
最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
  Mac OS X v10.5 (Leopard)をお使いの場合
EOS Utility Ver2.4 以降をお使いください。
最新バージョンはこちらからダウンロードできます。
 
対応機種:
 

EOS-1Ds Mark III、EOS-1Ds Mark II 、 EOS-1Ds、
EOS-1D Mark III、EOS-1D Mark II N、EOS-1D Mark II、 EOS-1D、
EOS 5D、 EOS 40D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、EOS D30、EOS D60、
EOS Kiss X2、EOS Kiss Digital X、EOS Kiss Digital N 、EOS Kiss Digital




   ImageBrowser Ver6.0.2a 変更点

Universal Binaryに対応しました。
  インテルベースのMacintoshコンピュータにもネイティブ対応しました。
RAW対応機種を追加しました。
  PowerShot G9、EOS 40D、EOS-1Ds Mark III に対応しました。
1枚の用紙に1画像を印刷する時に使用できる機能を追加しました。
  画像内に文字を入れて印刷できるようになりました。
  撮影日時印刷時のフォント(袋文字、フィルムカメラ)が選択できるようになりました。
カードリーダーから画像を取り込む機能のユーザーインターフェースを変更しました。
また、カードリーダーを使用した画像の書き戻しにも対応しました。
撮影日時の編集機能を修正しました。
  撮影日時を挿入すると、OSの日付設定とは異なり、順番が[年.月.日]に固定されて印刷される現象を
修正しました。
  撮影日時の文字色の編集を再度行うと、IBの動作が不安定になる現象を修正しました。
CameraWindowDC7.0からの印刷で、フチ無し印刷が出来ない現象を修正しました。


関連情報:

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1Ds MarkIII / EOS-1Ds MarkII / EOS-1Ds / EOS-1D MarkIV / EOS-1D MarkIII / EOS-1D MarkII N / EOS-1D MarkII / EOS-1D / EOS 5D Mark II / EOS 5D / EOS 7D / EOS 60D / EOS 50D / EOS 40D / EOS 30D / EOS 20D / EOS 20Da / EOS 10D / EOS D60 / EOS D30 / EOS Kiss X5 / EOS Kiss X4 / EOS Kiss X3 / EOS Kiss X2 / EOS Kiss X50 / EOS Kiss F / EOS Kiss Digital X / EOS Kiss Digital N / EOS Kiss Digital

 

[TOP▲]
このページのトップへ