EOS Utilityでレンズ周辺光量補正データをカメラに登録する方法(EOS 50D)



EOS Utilityでレンズ周辺光量補正データをカメラに登録する方法(EOS 50D)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045312




  EOS Utilityでレンズ周辺光量補正データをカメラに登録する方法
1. カメラとパソコンを接続して、EOS Utilityを起動します。
   
2. [カメラの設定/リモート撮影]をクリックします。
 


3. ボタンをクリックします。
 


4. [周辺光量補正]をクリックします。
 


5. 補正データを登録したいレンズのカテゴリーを選びます。
 


6. 補正データを登録したいレンズを選び、[OK]ボタンをクリックします。
 
  →選んだレンズの補正データがカメラに登録されます。


 
   参考
 
  登録できるレンズは、Digital Photo Professional のレンズ収差補正対象レンズと同じです。 Digital Photo Professional のレンズ収差補正対象レンズはこちらでご確認ください。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 50D

 

[TOP▲]
このページのトップへ