EOS 7D バッテリーの充電方法



EOS 7D バッテリーの充電方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000051979



操作方法

お使いのカメラに付属しているバッテリーの充電時間と充電方法は、下記の通りです。
なお、充電の際は、関連情報「バッテリーを充電する際の注意事項」も、あわせてご参照ください。

バッテリーパックバッテリーチャージャー充電時間
LP-E6LC-E6約2時間30分
*常温(+23℃)の場合


2. バッテリーをバッテリーチャージャーにしっかりと取り付けます。
  • なお、取り外しは逆の手順で行います。

3.バッテリーチャージャーの電源プラグを矢印の方向に起こします。

4.プラグをコンセントに差し込みます。
  • 自動的に充電が始まり、充電ランプがオレンジ色に点滅します。
  • 使い切った電池の充電に要する時間は、常温(+23℃)で約2時間30分です。
充電状態充電ランプ
表示
0〜50%オレンジ1回/秒:点滅
50〜75%2回/秒:点滅
75%以上3回/秒:点滅
充電完了点灯

重要
  • バッテリーパック LP-E6以外は充電できません。
  • バッテリーパック LP-E6は、キヤノン製品専用です。指定外の充電器、および製品と組み合わせて使用した場合の故障、事故に関しては一切保証できません。
  • バッテリー残容量が94%以上のときは、充電は行われません。
  • 充電器をコンセントから取り外したときは、約3秒間、充電器のプラグに触れないようにしてください。
  • 電池を長期間カメラに入れたままにしておくと、微少の電流が流れて過放電になり、電池寿命短縮の原因となります。電池をカメラから取り出し、保護カバーを取り付けて保管してください。なお、フル充電して保管すると、性能低下の原因になることがあります。

メモ
  • 充電時間は、周囲の温度やバッテリーの充電状態によって異なります。安全に充電を行うため、低温下(+5℃〜+10℃)では、充電時間が長く(最長約4時間)になります。
  • 規定の充電をしたにもかかわらず、使用できる時間が著しく低下したときは、寿命が考えられます。電池の劣化度を確認したうえで、新しい電池をお買い求めください。電池の劣化度を確認する方法についてはカメラに付属の使用説明書をご参照ください。

注意
アクセサリーはキヤノン純正品のご使用をおすすめします。
本製品は、キヤノン純正の専用アクセサリーと組み合わせて使用した場合に最適な性能を発揮するように設計されております。
なお、純正品以外のアクセサリーの不具合(例えばバッテリーパックの液漏れ、破裂など)に起因することが明らかな、故障や発火などの事故による損害については、弊社では一切責任を負いかねます。また、この場合のキヤノン製品の修理につきましては、保証の対象外となり、有償とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 7D

 

[TOP▲]
このページのトップへ