水準器を表示して撮影する(EOS-1D X)



水準器を表示して撮影する(EOS-1D X)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000066986



操作方法

カメラの傾き補正に有効な水準器を、液晶モニターとファインダー内に表示させることができます。
注意
  • 傾きがほぼ補正された状態でも±1°程度の誤差が生じることがあります。
  • カメラを大きく傾けた状態では、水準器の誤差が大きくなります。


2. <INFO.> ボタンを押します。
<INFO.>ボタンを押すたびに表示が変わるので、水準器を表示します。
メモ
水準器が表示されないときは、メニュー[ ] タブの [ : INFO.ボタンで表示する内容] を選択し、表示される画面で[水準器]を選択します。

3. カメラの傾きを確認します。
  • 水平と、前後方向の傾きが1°きざみで表示されます。

  • 赤い線が緑色に変わると、傾きがほぼ補正された状態です。
メモ
ライブビュー撮影と動画撮影時にも、同じ操作で水準器を表示させることができます。


1. カメラの電源を <ON> にします。

2. <MENU> ボタンを押し、メニュー画面を表示します。

3. <Q>ボタンを押して[ ]タブを選択し、<メイン電子ダイヤル>を回して[ ] を選択します。

4. <サブ電子ダイヤル>を回して、[操作ボタンカスタマイズ]を選択し、<SET> ボタンを押します。

5.[操作ボタンカスタマイズ]画面が表示されたら、[ ](絞り込みボタン)、[ ](マルチファンクションボタン)、[ ](マルチファンクション2ボタン)のいずれかを選択し、<SET>ボタンを押します(ここでは例として[絞り込みボタン]を選択しています)。

6. [ ](ファインダー内水準器表示)を選択し、<SET> ボタンを押します。

7. 手順5の画面に戻ったら、設定が変更されているのを確認し、<MENU>ボタンを押して、メニュー画面に戻ります。

8. シャッターボタンを半押しすると撮影準備状態になります。
メモ
<Q>ボタンを押して表示される[クイック設定画面]で[操作ボタンカスタマイズ]を選択しても設定することができます。
[クイック設定画面]での設定方法については、カメラに付属の使用説明書をご参照ください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1D X

 

[TOP▲]
このページのトップへ