EOS-1D X バッテリーの充電方法



EOS-1D X バッテリーの充電方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000067003



対処方法

お使いのカメラに付属しているバッテリーの充電方法は、下記の通りです。
なお、充電の際は、 バッテリーを充電する際の注意事項 も、あわせてご参照ください。


2. 下図のように、充電器の保護カバー(付属)と、電池の保護カバー(付属)を外します。

3. 保護カバーを外したときと逆の要領で電池をスライドさせ、充電器にしっかり取り付けます。A、B どちら側に取り付けても充電できます。

4. 充電が始まり、緑色の充電状態ランプが点滅します。3つの充電状態ランプ(50/80/100%)が点灯すると充電完了です。
メモ
  • 使い切った電池の充電に要する時間は、常温(+23℃)で1本あたりLP-E4N:約130分/LP-E4:約120分です。
  • 充電時間は、周囲の温度や残容量によって大きく異なります。
注意
  • 付属の充電器LC-E4Nは、バッテリーパック LP-E4N/LP-E4以外は充電できません。
  • 電池の状態によっては100% まで充電できないことがあります。


キャリブレーションは必須の操作ではありません。充電したいときは、そのまま約10秒間待つと自動的に充電が始まります。キャリブレーションを行うときは、<CAL/CHARG> ランプが赤色に点滅している間に、<CALIBRATE> ボタンを押します。充電状態ランプが赤色に点滅してキャリブレーション(放電)が始まります。
参考
  • キャリブレーション後、自動的に充電が行われますが、電池残量が多いほど時間がかかります。充電状態ランプの横にかかれている<2h><4h><10h>は、キャリブレーション(放電)に要する時間の目安で、<10h>の充電状態ランプが赤色に点滅しているときは、約10時間かかります。
  • キャリブレーションを行うと放電が行われ、電池が空になりますので、その後の充電には約2時間かかります。キャリブレーションを途中で止めて充電したいときは、充電器から電池を取り外し、再度取り付けます。

注意
アクセサリーはキヤノン純正品のご使用をおすすめします。
本製品は、キヤノン純正の専用アクセサリーと組み合わせて使用した場合に最適な性能を発揮するように設計されております。
なお、純正品以外のアクセサリーの不具合(例えばバッテリーパックの液漏れ、破裂など)に起因することが明らかな、故障や発火などの事故による損害については、弊社では一切責任を負いかねます。また、この場合のキヤノン製品の修理につきましては、保証の対象外となり、有償とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1D X

 

[TOP▲]
このページのトップへ