フォーカスロック撮影の方法(EOS-1D X)



フォーカスロック撮影の方法(EOS-1D X)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000067029



操作方法

AFモードが [ワンショットAF] のときは、止まっている被写体にピントを合わせると、シャッターボタンを半押ししている間、ピントが固定されます。この機能を利用し、そのまま構図を変え、シャッターボタンを全押しして撮影する方法のことを「フォーカスロック撮影」といいます。
被写体が遠いところと近いところに共存する状態 (例:おりの中の動物、風景をバックにした人物撮影) などで有効な撮影方法です。



2. レンズのフォーカスモードスイッチを <AF> に合わせます。

3. <AF・DRIVE> ボタンを押します。

4. 表示パネルを見ながら<メイン電子ダイヤル>を回して、AFモードを [ONE SHOT](ワンショットAF)に設定します。

5. シャッターボタンを半押しし、ピントを合わせます。

被写体にピントが合うと、ピント合わせを行ったAFフレームが表示され、ファインダー内に合焦マーク[ ]が点灯します。

6. シャッターボタンを半押ししたまま、構図を変えます。

7. シャッターボタンを全押しして撮影します。
メモ
フォーカスロックした後、被写体とカメラの距離が変わると、ピントが合わないことがあります。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1D X

 

[TOP▲]
このページのトップへ