EOS 5D Mark III 「静止画」撮影可能枚数・「動画」撮影可能時間(バッテリーの持ち)



EOS 5D Mark III 「静止画」撮影可能枚数・「動画」撮影可能時間(バッテリーの持ち)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000067070



詳細情報

温度ファインダー撮影ライブビュー撮影
温度(+23℃)約 950 枚約 200 枚
温度(0℃)約 850 枚約 180 枚

参考
  • 撮影可能枚数は、フル充電のバッテリーパック LP-E6 使用、CIPA(カメラ映像機器工業会)の試験基準によります。
  • 実際の撮影条件との違いにより、撮影可能枚数が表記数値よりも少なくなることがあります。
  • シャッターボタン半押し状態を長く続けたり、AF(オートフォーカス)のみ行って撮影しない操作を頻繁に行うと、撮影可能枚数が少なくなります。
  • 液晶モニターを頻繁に使用すると、撮影可能枚数が少なくなります。
  • レンズの手ブレ補正機能を使用すると、撮影可能枚数が少なくなります。
  • レンズの動作にはカメラ本体の電源を使用します。使用するレンズの種類によっては、撮影可能枚数が少なくなります。
  • 連続してライブビュー撮影できる時間は、常温(+23℃):約1時間30分です(フル充電のバッテリーパック LP-E6 使用時)。

温度記録時間
常温(+23℃)合計 約1時間30分
低温(0℃)合計 約1時間20分

メモ
  • フル充電のバッテリーパック LP-E6 使用時の数値です。
  • 動画を撮影するときは、書き込み/ 読み取り速度が以下の速度以上で、大容量のカードを使用してください。
- [圧縮形式 IPB] CFカード:10MB/秒以上、SDカード:6MB/秒以上
- [圧縮形式 ALL-I(I-only)] CFカード:30MB/秒以上、SDカード:20MB/秒以上
  • 動画撮影時に書き込みが遅いカードを使用すると、動画が正常に記録できないことがあります。また、動画再生時に読み取り速度が遅いカードを使用すると、動画が正常に再生できないことがあります。
  • 動画撮影中に静止画を撮影するときは、さらに高速なカードが必要です。
  • 1回の撮影でファイルサイズが4GBを超える場合でも、一時中断することなく、動画撮影を続けることができます。動画撮影を開始してから、ファイルサイズが4GBに達する約30秒前になると、動画撮影画面に表示されている撮影経過時間、またはタイムコードが点滅します。そのまま撮影を継続し、4GBを超えると、新しい動画ファイルが自動的に作成され、点灯表示に戻ります。
  • 1回に撮影できる時間は、最長29分59秒です。29分59秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。< > ボタンを押すと、動画撮影を再開することができます(新規ファイルとして記録されます)。

注意
アクセサリーはキヤノン純正品のご使用をおすすめします。
本製品は、キヤノン純正の専用アクセサリーと組み合わせて使用した場合に最適な性能を発揮するように設計されております。
なお、純正品以外のアクセサリーの不具合(例えばバッテリーパックの液漏れ、破裂など)に起因することが明らかな、故障や発火などの事故による損害については、弊社では一切責任を負いかねます。また、この場合のキヤノン製品の修理につきましては、保証の対象外となり、有償とさせていただきます。あらかじめご了承ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 5D Mark III

 

[TOP▲]
このページのトップへ