セルフタイマーで撮影する方法(EOS 60D / 60Da)



セルフタイマーで撮影する方法(EOS 60D / 60Da)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000067444



操作方法

自分自身を被写体にする場合や、シャッターを切る際の振動によるカメラブレを防ぎたい場合など、セルフタイマーを使用して撮影することができます。

1. カメラの電源を <ON> にします。

2. <DRIVE> ボタンを押して、ドライブモードを表示します。

3. 表示パネルを見ながら<メイン電子ダイヤル>を回して秒数を選択します。

: 10秒後に撮影。リモコン撮影も可能です。
: 2秒後に撮影。リモコン撮影も可能です。

4. ファインダーをのぞいてピントを合わせ、シャッターボタンを全押しします。
  • セルフタイマーランプと電子音、表示パネルに表示される秒数が減っていくことで作動しているのを確認できます。
  • 撮影2秒前にセルフタイマーランプが点灯し、電子音が速く鳴ります。
メモ
  • セルフタイマー撮影した画像はその場で再生し、ピントや露出を確認することをおすすめします。
  • ファインダーから目を離してシャッターボタンを押すときは、ファインダーにアイピースカバーを取り付けてください。ファインダーに光が入ると、適切な露出が得られないことがあります。
  • 自分一人だけをセルフタイマーで写すときは、自分が入る位置とほぼ同じ距離にあるものにフォーカスロックして撮影します。
  • セルフタイマー撮影を中止するときは、<DRIVE> ボタンを押します。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 60D / EOS 60Da

 

[TOP▲]
このページのトップへ