カメラとプリンターを接続して印刷する(カメラダイレクトプリントの操作方法)(EOS M)



カメラとプリンターを接続して印刷する(カメラダイレクトプリントの操作方法)(EOS M)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000069543



操作方法

お使いのカメラでは、「 PictBridge 」対応プリンターと接続し、ダイレクトプリントを行うことができます。
ダイレクトプリントの操作は、カメラの液晶モニターに表示される操作画面を見ながら、すべてカメラ側で行います。
注意
  • 動画は印刷できません。この場合は、パソコンに取り込み、ImageBrowser EXなどを利用して静止画に書き出して、パソコンとプリンターを接続して印刷します。
  • 「CPダイレクト」または「Bubble Jet ダイレクト」のみに対応したプリンターは使用できません。
  • 付属のインターフェースケーブル以外は使用しないでください。
メモ
  • このカメラで撮影したRAW画像も印刷できます。
  • カメラの電源に電池を使用するときは、フル充電してから使用してください。フル充電した電池で約2時間30分印刷できます。
  • ケーブルを取り外すときは、カメラとプリンターの電源を切ってから、プラグの側面を持って引いてください。
  • ダイレクトプリントを行うときは、カメラの電源にACアダプターキットACK-E12(別売)の使用をおすすめします。

1. カメラの電源を<OFF>にします。

2. プリンターの準備をします。
詳しくはプリンターの使用説明書を参照してください。

3. カメラとプリンターを接続します。
  • カメラに付属のインターフェースケーブルを使用します。
  • カメラ側を接続するときは、プラグの<>マークがカメラの前面に向くようにして、<DIGITAL>端子に差し込みます。
  • プリンター側の接続方法についてはプリンターの使用説明書をご参照ください。

4. プリンターの電源を入れます。

5. カメラの電源を<ON>にします。
プリンターの機種により、電子音が「ピピッ」と鳴ることがあります。
注意
  • 「ピーピーピー」と長く鳴ったときは、プリンターに問題が発生しています。カメラの液晶モニターに下表のようなメッセージが表示されるので、</SET>ボタンを押して印刷を中止し、問題を解決してから再度印刷してください。
  • プリンターの問題解決方法については、プリンターの使用説明書をご参照ください。
プリント時のエラーメッセージ一覧
用紙エラー 用紙が正しくセットされているかどうか確認してください。
インクエラー インク残量や、インク吸収体の状態を確認してください。
ハードウェアエラー用紙、インク以外の問題が発生していないか確認してください。
ファイルエラー 選択した画像はPictBridgeで印刷できません。別のカメラで撮影した画像や、パソコンに取り込んで加工した画像は、印刷できないことがあります。

6. <>(再生)ボタンを押して、画像を再生します。
カメラの液晶モニターに画像が表示され、モニターの左上にプリンターが接続されていることを示すマーク<>(PictBridge)が表示されます。

7. 印刷する画像を選択します。
  • 液晶モニターの左上に<>マークが表示されていることを確認します。
  • <電子ダイヤル>を押して印刷する画像を選択し、</SET>ボタンを押します。

8. 印刷設定画面が表示されます。

* プリンターの機種により、日付/画像番号印刷やトリミングなど、一部の設定項目が選択できないことがあります。

9. [用紙設定]を選択し、</SET>ボタンを押します。

10. 用紙設定画面が表示されます。
<用紙サイズの設定>
プリンターにセットされている用紙のサイズを選択し、</SET>ボタンを押します。
用紙タイプの設定画面が表示されます。
<用紙タイプの設定>
プリンターにセットされている用紙のタイプを選択し、</SET>ボタンを押します。
  • キヤノン製プリンターで、純正用紙を使うときは、プリンターの使用説明書で使用できる用紙を確認してください。
レイアウトの設定画面が表示されます。
<レイアウトの設定>
印刷レイアウトを選択し、</SET>ボタンを押します。
印刷設定画面に戻ります。
フチあり用紙のまわりに余白をつけて印刷します。[フチなし]で印刷したときに画像の端が切れる場合は、[フチあり]で印刷してください。
フチなし余白なしで用紙いっぱいに印刷します。[フチなし]印刷できないプリンターでは、[フチあり]で印刷されます。
フチありLサイズ以上の用紙の余白に撮影情報(*1)を印刷します。
××面配置用紙1枚に画像を小さく、2/4/8/9/16/20画面印刷します。
20面配置
35面配置
20画像、または35画像単位で、A4サイズの用紙に縮小印刷します。(*2)
[20画面配置 ]では、撮影情報(*1)、を印刷します。
標準設定プリンターの機種や設定により、印刷レイアウトが異なります。
*1:Exif情報の中から、カメラ名、レンズ名、撮影モード、シャッター速度、絞り数値、露出補正量、ISO感度、ホワイトバランスなどを印刷します。
*2:DPOF(Digital Print Order Format)で印刷指定したあとに、画像をダイレクトプリントすることをおすすめします。 詳しくは、お使いのカメラに付属の使用説明書をご参照ください。

注意
用紙の縦横比と、画像のアスペクト比が異なる条件でフチなし印刷を行うと、大きくトリミングされることがあります。また、トリミングされる分、印刷に使用する画素数が少なくなるため、解像度が低い写真になることがあります。

11. 必要に応じて印刷効果(イメージオプティマイズ)を設定します。設定しないときは、手順12に進みます。

なお、表示される内容は、プリンターの機種により異なります。
11-1. 画面右上の項目を選択し、</SET>ボタンを押します。
11-2. 印刷効果を選択し、</SET>ボタンを押します。
<INFO.>の横に[]が明るく表示されているときは、印刷効果の調整を行うこともできます。 詳しくは、お使いのカメラに付属の使用説明書をご参照ください。
項目印刷内容
プリンターの標準色で印刷されます。画像のExif情報を活用して、自動的に補正が行われます。
自動補正は行われません。
VIVID海や空の青、植物の緑などが、いっそう色鮮やかに印刷されます。
NR画像のノイズ低減処理が行われて印刷されます。
白黒純黒調の白黒で印刷されます。
冷黒調クールな印象の青っぽい(冷黒調)白黒で印刷されます。
温黒調温かい印象の黄色っぽい(温黒調)白黒で印刷されます。
ナチュラル画像本来の色やコントラストを生かした印刷が行われます。自動色調正は行われません。
ナチュラルM印刷特性は「ナチュラル」と同じです。「ナチュラル」よりも細かい印刷調整を行うことができます。
標準設定プリンターの種類により印刷内容が異なります。プリンターの使用説明書を参照して下さい。
* 印刷効果の設定を変更すると、画面左上に表示されている画像に設定内容が反映されます。ただし、実際の印刷結果とは多少異なる場合があるため、目安としてお考えください。

12. 必要に応じて日付/画像番号印刷を設定します。
  • 画像に日付や画像番号を入れる場合は[]を選択し、</SET>ボタンを押します。
  • 日付と画像番号のどちらを印刷するか、または両方印刷するかを選択し、</SET>ボタンを押します。

13. 必要に応じて印刷枚数を設定します。
  • ]を選択し、</SET>ボタンを押します。
  • 印刷枚数を選択し、</SET>ボタンを押します。

14.[印刷]を選択し、</SET>ボタンを押します。
メモ
  • 同じ設定で別の画像を印刷するときは、画像を選んで、<>ボタンを押すだけで「かんたん印刷」ができます。なお、「かんたん印刷」のときは、1枚ずつ印刷されます(印刷枚数は指定できません)。また、トリミングの設定は反映されません。
  • 印刷効果などの選択肢にある[標準設定]は、プリンターメーカーが独自に設定する印刷内容のことです。[標準設定]の内容は、プリンターの使用説明書を参照してください。
  • 印刷する画像のファイルサイズや記録画質により、[印刷]を選んでから実際に印刷が始まるまで、しばらく時間がかかることがあります。
  • 画像の傾き補正を行うと、印刷に時間がかかることがあります。
  • 印刷を途中で中止するときは、[中止]が表示されている間に</SET>ボタンを押して[OK]を選びます。
  • [カメラ設定初期化]を行うと、設定した内容がすべて初期状態に戻ります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M

 

[TOP▲]
このページのトップへ