操作ボタンをカスタマイズするには?(操作ボタンに別の機能を割り当てる方法)(EOS M)



操作ボタンをカスタマイズするには?(操作ボタンに別の機能を割り当てる方法)(EOS M)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000069545



詳細情報

撮影スタイルに応じて、カメラの機能を細かく変更することができます。これをカスタム機能といいます。カスタム機能は、応用撮影ゾーンで設定・機能します。
お使いのカメラでは、カスタム機能として、シャッターボタン/AEロックボタン、(消去)ボタンに初期設定とは別の機能を割り当てることができます。

番号設定内容
0: AF/AEロック購入時の初期設定です。
1: AEロック/AFピント合わせと露出決定を別々に行いたいときに有効です。<>(AEロック)ボタンでAF作動、シャッターボタン半押しでAEロック(露出決定)することができます。
2: AF/AFロック(AEロックなし)サーボAF中にカメラと主被写体の間を障害物が横切るとき、障害物にピントが合わないように、<>(AEロック)ボタンでAFの作動を一時停止することができます。露出は撮影の瞬間に決まります。
3: AE/AF(AEロックなし)移動/停止を繰り返す被写体を撮影するときに有効です。サーボAF時は、<>(AEロック)ボタンでサーボAFの作動/停止を繰り返すことができます。露出は撮影の瞬間に決まります。ピントと露出を常に最適な状態にして、シャッターチャンスを待つことができます。

番号設定内容
0: 通常(AFフレーム中央戻し)購入時の初期設定です。
1: 絞り込みレンズの絞りは、撮影する瞬間だけ絞りの大きさ(開口量)が変わり、撮影しない状態では、絞りが開いた状態になっています。そのため、液晶モニターで見えるピントの合う範囲は、常に狭く(浅く)なっています。<>ボタンを押すと、そのとき設定されている絞り数値でレンズの絞り込みが行われ、実際にピントの合う範囲(被写界深度)を確認できます。
2: ISO感度ISO 感度の設定画面が表示されます。<>/<>ボタンまたは<電子ダイヤル>で感度を設定します。
3: 調光補正ストロボ撮影のときに、被写体が思いどおりの明るさになっていない(ストロボの発光量を調整したい)ときに使用します。補正できる範囲は1/3段ステップ±2段です。
4: 液晶を一時的に明るくする>ボタンを押すと、メニュー[:液晶の明るさ]で設定する[7]と同じ液晶モニターの明るさになります。もう一度押すと、元の明るさに戻ります。電源が<OFF>になったり、メニューで液晶モニターの明るさの調整画面にすると、元の明るさに戻ります。


1. 電源を<ON>にします。

2. <MENU>ボタンを押してメニュー画面を表示します。

3. []タブの[カスタム機能(C.Fn)]を選択し、</SET>ボタンを押します。

4. <十字キー>を押して設定する機能番号を選択し、</SET>ボタンを押します。
ここでは例として「C.Fn-9:シャッターボタン/AEロックボタン」を選択しています。

5. <十字キー>を押して設定内容(番号)を選択し、</SET>ボタンを押します。
画面の下に並んでいる番号で、設定状態を確認することができます。

6. <MENU>ボタンを押すと、手順3の画面に戻ります。
メモ
カスタム機能の設定をすべて解除するときは、手順3の画面で[設定解除]、[カスタム機能(C.Fn)一括解除]を選択すると、設定されているカスタム機能がすべて解除されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M

 

[TOP▲]
このページのトップへ