撮影する画像の縦横比(アスペクト比)を変更する方法(EOS M)



撮影する画像の縦横比(アスペクト比)を変更する方法(EOS M)
更新日 : 2013年7月30日
文書番号 : Q000069558



操作方法

アスペクト比の変更ができるのは、モードダイヤルを<P><Tv><Av><M>の応用撮影ゾーンに設定されている場合のみです。
撮影する画像のアスペクト比(横縦比率)を[3:2][4:3][16:9][1:1]から選択できます。[4:3][16:9][1:1]のときは、撮影範囲外が黒くマスキングされた状態で液晶モニターに表示されます。
JPEG画像は、設定したアスペクト比で保存されます。
RAW画像は、常に[3:2]のアスペクト比で保存されます。RAW画像には、設定したアスペクト比情報が付加され、付属ソフトウェアで現像する際に、撮影時に設定したアスペクト比で画像を生成することができます。なお、[4:3][16:9][1:1]では、再生時にアスペクト比を示した線が表示されますが、この線は撮影画像には記録されません。

1. カメラの電源を入れます。

2. <MENU> ボタンを押して、メニューを表示します。

3. []の[アスペクト比]を選択します。

4. 変更したいアスペクト比に変更します。

縦横比の比率
3:235mmフィルムと同じ縦横比です。2L判、はがきなどでの印刷に適しています。
4:3このカメラの画面と同じ縦横比です。L判などでの印刷に適しています。
16:9ハイビジョンテレビなどのワイド画面と同じ縦横比です。
1:1正方形です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M

 

[TOP▲]
このページのトップへ