露出を自動的に変えて撮る/AEB撮影の設定方法(EOS M)



露出を自動的に変えて撮る/AEB撮影の設定方法(EOS M)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000069643



操作方法



なお、露出補正についての詳細は関連情報をご参照ください。


2. <INFO.>ボタンを押してINFO.クイック設定画面を表示します。
ライブビュー画面からの場合は3回押します。

3. 露出補正を選択します。

4. <十字キー>を押すと露出補正量が設定できます。AEBと併用するときは、露出補正値を中心にAEB撮影されます。
<電子ダイヤル>を回してAEBレベルを設定します。

5. <>をタッチして設定を終了すると、液晶モニターにAEBレベルが表示されます。

6. ピントを合わせてシャッターボタンを全押しすると、標準露出→マイナス補正→プラス補正の順に撮影されます。
なお、ドライブモードの設定によって撮影のされ方が異なります。

  • ] (1枚撮影)のとき
シャッターボタンを3回押して撮影します。
  • ](連続撮影)のとき
シャッターボタンを全押しすると、標準露出→マイナス補正→プラス補正の順に3枚連続撮影して自動的に停止します。
  • ](セルフタイマー10秒)、[](セルフタイマー2秒)のとき
10秒後または2秒後に3枚連続撮影されます。
  • ]に設定したとき
設定した枚数の3倍の枚数が連続撮影されます。
メモ
  • ストロボ、マルチショットノイズ低減機能、撮影時のクリエイティブフィルター使用時、およびバルブ撮影時は、AEB撮影できません。
  • :オートライティングオプティマイザ]を[しない]以外に設定していると、AEB撮影による露出補正の効果が小さくなることがあります。


関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M

 

[TOP▲]
このページのトップへ