操作ボタンをカスタマイズするには?(操作ボタンに別の機能を割り当てる方法)(EOS 6D)



操作ボタンをカスタマイズするには?(操作ボタンに別の機能を割り当てる方法)(EOS 6D)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000070932



操作方法

メモ
操作ボタンのカスタマイズは「かんたん撮影ゾーン」では設定できません。モードダイヤルを「応用撮影ゾーン」に合わせてから設定します。


2. カメラのモードダイヤルを、応用撮影ゾーンに合わせます。

3. <MENU>ボタンを押して、メニューを表示します。

4.[]タブの[C.Fn III:操作・その他]を選び、<SET>ボタンを押します。

5. [5]:[操作ボタンカスタマイズ]を選び、<SET> ボタンを押します。
操作部材の選択画面が表示されます。

6. 操作部材を選び<SET> ボタンを押します。
操作部材の名称と、割り当てできる機能が表示されます。

7. 機能を選び<SET> ボタンを押します。

8. <SET> ボタンを押して設定が終了すると、手順5の画面に戻ります。
<MENU> ボタンを押して設定を終了します。
メモ
手順6の画面で<>ボタンを押すと、設定した内容を解除することができます。
なお、[C.Fn III -5:操作ボタンカスタマイズ]の設定は、[:カスタム機能(C.Fn)一括解除]を選んでも解除されません。

操作部材に対して割り当てできる機能の一覧
機能 *
AF 測光・AF開始




AF停止




ワンショットAIサーボ




AFフレームダイレクト選択





露出 測光開始





AEロック/FEロック




AEロック




AEロック(押している間)







AEロック(ホールド)




FEロック




ISO感度設定(押しながら [] )




Mモード時、シャッター速度変更




Mモード時、絞り数値変更




外部ストロボ ストロボ調光補正




画像 記録画質選択




ピクチャースタイル選択






操作 絞り込み





手ブレ補正機能作動




ファインダー内水準器表示





メニュー表示





無効



* AF ストップボタン[]は、手ブレ補正機能付きの超望遠レンズに装備されています。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 6D

 

[TOP▲]
このページのトップへ