RAW画像で撮影する方法(EOS 6D)



RAW画像で撮影する方法(EOS 6D)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000070947



操作方法

は、 などの画像を作り出す前の生データです。付属ソフトウェアのDigital Photo Professional(デジタルフォトプロフェッショナル)などを使わないとパソコンで見ることができませんが、などではできないさまざまな画像調整を行うことができます。1枚の作品をじっくり創り上げたいときや、大切な撮影で使うと効果的です。

1. カメラの電源を入れます。

2. <MENU> ボタンを押して、メニューを表示します。

3. []の[記録画質]を選択し、<SET>ボタンを押します。

4. 記録画質を設定します。
RAWの記録画質は<メイン電子ダイヤル>を回して、JPEGの記録画質は<マルチコントローラー>を押して選びます。
画面の数字 「***M(百万画素) **** × ****」は記録画素数、[***]は撮影可能枚数(9999まで表示)を示しています。<SET>ボタンを押すと設定されます。

  • 記録画質の設定例
メモ
  • RAWとJPEGの設定を両方[−]にしたときは、に設定されます。
  • RAWとJPEGの両方を選んだときは、1回の撮影で、設定した記録画質の画像がカードに記録されます。2つの画像は、同じ画像番号(拡張子はJPEG:.JPG、RAW:.CR2)で記録されます。

参考
パソコンでRAW画像を表示する際は、付属ソフトウェアの使用をおすすめします。市販のソフトウェアでは、RAW画像を表示できないことがありますので、本機で撮影したRAW画像の対応状況については、お使いのソフトウェアメーカーにお問い合わせください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 6D

 

[TOP▲]
このページのトップへ