Digital Photo Professional Ver.4.x で作業用色空間を設定する方法



Digital Photo Professional Ver.4.x で作業用色空間を設定する方法
更新日 : 2016年9月9日
文書番号 : Q000078961



操作方法


sRGB:Windows の標準色空間です。また、モニター、デジタルカメラ、スキャナーなどの標準色空間として広く採用されています。
Adobe RGB:sRGB よりも広域な色空間で、主に商用印刷などの業務用途で採用されています。
Apple RGB :Macintosh の標準色空間です。sRGB よりも若干広域な色空間です。
ColorMatch RGB:sRGB よりも若干広域な色空間で、主に商用印刷などの業務用途で採用されています。
Wide Gamut RGB:Adobe RGB よりもさらに広域な色空間です。


なお、ツールパレットで調整したり、切抜き (トリミング) など編集した画像には、変更した初期設定は反映されません。このような場合、個別に色空間を設定します。設定方法については、「画像ごとに色空間を設定する」の項目をご参照ください。

1. Digital Photo Professional Ver.4.x を起動し、[ツール]メニュー→[環境設定]を選択します。
[環境設定] ダイアログボックスが表示されます。

2. 色空間を変更します。
[カラーマネージメント] タブを選択し、設定したい色空間の項目を選択して [OK] をクリックします。
メモ
  • [撮影時の色空間を優先して作業用色空間とする]にチェックを入れると、撮影時にカメラで設定していた色空間が作業用色空間に設定されます。


1. Digital Photo Professional Ver.4.x を起動し、メイン画面で変更したい画像を選択します。

2. [調整] メニュー→ [作業用色空間] → 設定する色空間の項目 ([sRGB][Adobe RGB][Apple RGB][ColorMatch RGB][Wide Gamut RGB]のいずれか) を選択します
参考
色空間は、画像の編集画面を表示しているときにも変更できます。
この場合、編集画面の [調整] メニュー→ [作業用色空間] → 設定する色空間の項目を選択します。

以上で、色空間についての解説は完了です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1D X Mark II / EOS-1D X / EOS-1Ds MarkIII / EOS-1D MarkIV / EOS-1D MarkIII / EOS 5Ds R / EOS 5Ds / EOS 5D Mark IV / EOS 5D Mark III / EOS 5D Mark II / EOS 6D / EOS 7D Mark II / EOS 7D / EOS 80D / EOS 70D / EOS 60D / EOS 60Da / EOS 50D / EOS 8000D / EOS Kiss X8i / EOS Kiss X7i / EOS Kiss X6i / EOS Kiss X7 / EOS Kiss X5 / EOS Kiss X4 / EOS Kiss X3 / EOS Kiss X2 / EOS Kiss X80 / EOS Kiss X70 / EOS Kiss X50 / EOS Kiss F / EOS M2 / EOS M

 

[TOP▲]
このページのトップへ