フォーカスロック撮影の方法 (EOS 7D Mark II)



フォーカスロック撮影の方法 (EOS 7D Mark II)
更新日 : 2014年10月30日
文書番号 : Q000082302



詳細情報

止まっている被写体にピントを合わせたあと、ピントを固定したまま構図を変えて撮影する方法を「フォーカスロック撮影」といいます。エリアAFフレームに入らない、画面の端に被写体があるときなどに有効です。



1. レンズのフォーカスモードスイッチを <AF> にします。

2. カメラの電源スイッチを <ON> にします。

3. < P / Tv / Av / M / B > モードにします。

4. <DIVE ・ AF> ボタンを押します。

5. 表示パネルまたはファインダー内を見ながら <> を回し、[ ONE SHOT ] (ワンショットAF) を選びます。

6. シャッターボタンを半押しし、ピントを合わせます。
: AFフレーム
: 合焦マーク

  • 被写体にピントが合うと、ピント合わせを行ったAFフレームが表示され、ファインダー内に合焦マーク [ ] が点灯します。
  • 評価測光のときは、ピントが合うと同時に露出値が決まります。
  • シャッターボタンを半押ししている間、ピントが固定され、構図を変えて撮影することができます。

7. シャッターボタンを半押ししたまま、構図を変えます。

8. シャッターボタンを全押しして撮影します。
メモ
  • ピントが合わないとファインダー内の合焦マーク [ ] が点滅します。このときはシャッターボタンを全押ししても撮影できません。構図を変えて再度ピント合わせを行うか、『AFの苦手な被写体』を参照してください。
  • 撮影メニュー [ :電子音 ] を [ 切 ] に設定すると、ピントが合ったときに電子音が鳴らないようになります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 7D Mark II

 

[TOP▲]
このページのトップへ