動画記録画質の設定方法 (EOS 7D Mark II)



動画記録画質の設定方法 (EOS 7D Mark II)
更新日 : 2014年10月30日
文書番号 : Q000082337



詳細情報

動画記録形式、動画記録サイズ(画像サイズ、フレームレート、圧縮方式)などを設定することができます。


1. カメラの電源スイッチを <ON> にします。

2. ライブビュー撮影 / 動画撮影スイッチを <> にします。

3. <MENU> ボタンを押してメニューを表示します。

4. <> ボタンを押して [ ] タブを選びます。

5. <> を回して [ ] タブを選びます。
メモ
<> モードのときは、[ ] タブに表示されます。

6. <> を回して [ 動画記録画質 ] を選び、<> を押します。

7. <> を回して [ MOV / MP4 ] を選び、<> を押します。

8. <> を回して記録形式を選び、<> を押します。
記録形式
MOV MOV形式の動画ファイルとして記録されます(拡張子:「.MOV」)。
パソコンなどでの編集などに適しています。
MP4 MP4形式の動画ファイルとして記録されます(拡張子:「.MP4」)。
MOV形式よりも再生互換性が高いファイル形式です。


1. <MENU> ボタンを押してメニューを表示します。

2. <> ボタンを押して [ ] タブを選びます。

3. <> を回して [ ] タブを選びます。
メモ
<> モードのときは、[ ] タブに表示されます。

4. <> を回して [ 動画記録画質 ] を選び、<> を押します。

5. <> を回して [ 動画記録サイズ ] を選び、<> を押します。

6. <> を回して動画記録サイズを選び、<> を押します。
メモ
動画記録サイズの画面に表示されるフレームレートは、機能設定メニュー [ : ビデオ方式 ] の [ NTSC ] [ PAL ] の設定に応じて変わります。
画像サイズ
1920×1080 フルハイビジョン(Full HD)画質で記録します。画面の横縦比は16:9です。
1280×720 ハイビジョン(HD)画質で記録します。画面の横縦比は16:9です。
640×480 標準画質で記録します。画面の横縦比は4:3です。
フレームレート
29.97fps / 59.94fps テレビの映像方式が「NTSC」の地域(北米、日本、韓国、メキシコなど)で設定します。
25.00fps / 50.00fps テレビの映像方式が「PAL」の地域(ヨーロッパ、ロシア、中国、オーストラリアなど)で設定します。
23.98fps / 24.00fps 主に映画関連で使用します。
圧縮方式
ALL-I(編集用/I-only) 1 フレーム単位で圧縮して記録します。IPB(標準) / IPB(軽量)よりもファイルサイズが大きくなりますが、撮影後の編集作業に適しています。
IPB(標準) 複数のフレーム単位で効率的に圧縮して記録します。ALL-I(編集用)よりもファイルサイズが小さくなるため、(同じ容量のカードであれば)撮影できる時間が長くなります。
IPB(軽量) 動画記録形式が[MP4]に設定されているときに選択できます。IPB(標準)よりもビットレートを低く抑えて記録するため、IPB(標準)よりもファイルサイズが小さく、再生互換性が高くなります。(同じ容量のカードであれば)3つの方式の中で撮影できる時間が最も長くなります。

重要
  • (59.94fps)、(50.00fps)で撮影した動画は、再生時のデータ処理の負荷が高いため、他の機器で正常に再生できないことがあります。
  • (59.94fps)、(50.00fps)設定時は、一部の機能が制限されます。
- 動画サーボAFは機能しない
- コントラスト検出方式でAF制御が行われる(ピント合わせに時間がかかることがある)
- 静止画撮影はできない
  • 機能設定メニュー [ : ビデオ方式 ] の設定を変更したときは、再度動画記録サイズの設定を行ってください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 7D Mark II

 

[TOP▲]
このページのトップへ