画像に特殊なカメラのような効果を付けることはできますか?(クリエイティブフィルター機能)(EOS M3)



画像に特殊なカメラのような効果を付けることはできますか?(クリエイティブフィルター機能)(EOS M3)
更新日 : 2015年3月24日
文書番号 : Q000083425



詳細情報

フィルター効果(魚眼風/油彩風/水彩風/ジオラマ風/トイカメラ風/ソフトフォーカス/ラフモノクロ)を付けた画像を撮影することができます。この機能をクリエイティブフィルターといいます。
重要
撮影時はフィルター効果ありの画像のみ保存されます。フィルター効果なしの画像も保存したいときは、フィルター効果なしで撮影を行い、後から画像に効果を付けて別画像として保存します。
メモ
撮影シーンによっては思いどおりの効果が得られないことがありますので、事前に試し撮りすることをおすすめします。

魚眼風[魚眼レンズで撮ったようなデフォルメ効果をつけて撮影します。
油彩風[被写体の立体感を強調して油絵のように撮影できます。
水彩風[水彩画のようなやわらかい感じの色の画像を撮影できます。
ジオラマ風[指定した範囲の上下をぼかして撮ることで、ミニチュア模型のような効果をつけて撮影します。 また、「再生時の速さ」を選んで動画を撮影すると、再生時には風景の中の人やものが早送りで動くので、ミニチュア模型のように見えます。なお、音声は録音されません。
トイカメラ風[画像の四隅を暗くぼかして、全体の色調を変えることで、トイカメラで撮影したような効果をつけて撮影できます。
ソフトフォーカス[ソフトフィルターを使ったような効果をつけて、優しい雰囲気の画像を撮影できます。効果の強さを設定できます。
ラフモノクロ[ざらついた感じのモノクロ画像を撮影できます。



2. モードダイヤルを[]にします。

3. []を押します。

4. []か[]を押してメニュー項目の[撮影モード]を選びます。

5. []か[]を押すか[]ホイールを回して撮影に使いたいフィルターを選びます。

6. []を押します。
液晶モニターで選んだフィルターのイメージを確認できます。

7. フィルターの効果を調整します。
画面の下に[](トイカメラ以外)または[ ](トイカメラ)が出ますので、液晶モニターで効果を確認しながら[]ダイヤルを回して効果のレベルを選びます。
参考
ジオラマ風では、画面に白い枠(ぼかさない範囲)が表示されます。[]を押した後、[]ボタンを押して枠の大きさを変えたり、
][][][]を押すか[]ホイールを回して枠の位置を変えます。
動画を撮るときは[]ダイヤルを回して再生時の速さを選びます。[ ]を押して撮影画面に戻り、撮影します。
倍速と再生時間の目安については、カメラの使用説明書をご参照ください。

6.シャッターボタンを押して撮影します。


1. []ボタンを長押ししてカメラの電源をONにします。

2. [ ]か[]を押すか[]ホイールを回してフィルター処理を行う画像を選択します。

3. []ボタンを押します。

4. []か[]を押してメニュー項目の[クリエイティブフィルター()]を選択し、[]か[]を押すか[]ホイールを回してフィルター効果の種類を選択します。

5. []を押すと、フィルター効果が反映された画像が表示されます。

6.[]か[]を押すか[ ]ホイールを回してフィルター効果を調整し、[]ボタンを押します。
参考
[ジオラマ風()]では、 []ボタンを押して枠の大きさを変えたり、[][][][]を押すか[]ホイールを回して枠の位置を変えます。

7. [新規保存しますか?]が表示されたら、[]か[]を押すか[]ホイールを回して[OK]を選び、[]を押します。

8. []か[]を押すか[]ホイールを回して[はい]を選び、[]を押します。
  • 保存した画像が表示されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M3

 

[TOP▲]
このページのトップへ