マニュアルフォーカスでピントを合わせるときに映像を拡大表示する方法 (EOS M3)



マニュアルフォーカスでピントを合わせるときに映像を拡大表示する方法 (EOS M3)
更新日 : 2015年3月24日
文書番号 : Q000083444



操作方法

マニュアルフォーカスでピントを合わせるときに映像を拡大表示する方法は、以下の通りです。
メモ
MFを使用するときは、[](シーンインテリジェントオート)、[](プラスムービーオート)、[](スポーツ)以外の撮影モードを選択してください。

1. カメラの電源を[ON]にします。

2. EF-M レンズを取り付けているときは[]を押します。
●[MF]が表示されます。
参考
EF-M 以外のレンズを取り付けているときは、カメラの電源をいったん切ってから、レンズのスイッチを[MF]側に動かし、カメラの電源を入れます。
[コンティニュアス AF]が[しない]のときは、EF-M 以外のレンズで[MF]に切り換えるときカメラの電源を切る必要はありません。

3. []ボタンを押します。
● 画面中央に拡大表示枠が表示されます。また、画面右下に、拡大率と拡大表示している位置が表示されます。

4. [][][][]を押して枠を移動して、拡大表示する部分を選びます。
  • ]ボタンを 2 秒以上押すと、枠が画面中央に戻ります。

5. []ボタンを押すか[]ダイヤルか[]ホイールを回すと、1 倍(拡大解除)、5 倍、10 倍で倍率を変えられます。

6. 拡大表示を見ながら、レンズのフォーカスリングを回してピントを合わせます。
(ここでは、EF-M18-55mm F3.5-5.6 IS STM を例に説明しています。フォーカスリングの位置や形状はレンズによって異なります。)

7. 撮影します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M3

 

[TOP▲]
このページのトップへ