HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影の方法(EOS M3)



HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影の方法(EOS M3)
更新日 : 2015年3月24日
文書番号 : Q000083462



操作方法

HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影では、明るさの異なる3枚の画像を連続撮影し、明るさが適切な部分を合成して1枚の画像にします。明暗差の大きい風景などで白トビや黒ツブレをおさえることができます。
メモ
  • ]は設定できません。
  • 記録画質を[]または[]に設定していた場合は、[クリエイティブフィルター]( )モード選択時、自動的に[]に設定されます。

1. カメラの電源ボタンを押して、電源を入れます。

2. モードダイヤルを [クリエイティブフィルター]()に合わせたあと[]を押します。

3.[]か[] を押して、[撮影モード] (設定を一度も変更していない場合は、[]が表示されます) を選択します。

4.[]か[] を押すか、[]ホイールを回して[HDR]() を選択し[] を押します。

5. [HDR]モードを選んだあと、[]ダイヤルを回して色効果を選ぶこともできます。
設定した効果で画面が表示されます。
*ここではグラフィック調を選択しています。

選択できる色効果は以下のとおりです。
ナチュラル自然な印象で撮影できます。
絵画調標準コントラストをおさえて絵画のように撮影できます。
グラフィック調鮮やかなグラフィックアートのように撮影できます。
油彩調輪郭を強調し、鮮やかな油絵のように撮影できます。
ビンテージ調輪郭を強調し、暗い感じにすることで、古い写真のように撮影できます。

6. 撮影します。
  • シャッターボタンを全押しすると、3 枚連続して撮影されたあと、画像が合成されるため、撮影中はしっかり構え続けてください。
重要
ブレが大きすぎるときや撮影シーンによっては、思いどおりの効果が得られない画像が保存されることがあります。
メモ
  • 手ブレが大きくてうまく撮影できないときは、三脚などでカメラが動かないように固定することをおすすめします。また、三脚などでカメラを固定するときは、[手ブレ補正] を [切] にして撮影することをおすすめします。
  • 被写体が動くとブレた画像になります。
  • 撮影後に合成処理を行うため、次の撮影までにしばらく時間がかかります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M3

 

[TOP▲]
このページのトップへ