背景をぼかして撮影する方法 (EOS 8000D / EOS Kiss X8i)



背景をぼかして撮影する方法 (EOS 8000D / EOS Kiss X8i)
更新日 : 2015年4月17日
文書番号 : Q000083585



操作方法

背景をぼかして撮影するには上記の二通りの方法があります。また、以下の<背景をぼかして撮影するポイント>も参考にして撮影してください。
参考
<背景をぼかして撮影するポイント> 
 
  • 人物と背景ができるだけ離れている場所を選ぶ
人物と背景が離れているほど、背景のボケ方が大きくなります。また、背景がすっきりしていて暗いほど人物が浮き立ちます。
 
  • 望遠レンズを使用する
ズームレンズのときは、レンズを望遠側にして、人物の上半身が画面いっぱいに入るよう人物に近づきます。
 
  • 顔にピントを合わせる
ピント合わせのときに、顔の位置にあるAFフレームが光ったことを確認して撮影します。なお、顔をアップで写すときは、目にピントを合わせると効果的です。


1. カメラの電源スイッチを [ ON ] にします。

2. モードダイヤルを [ ] にします。

3. [ ] ボタンを押します。
クイック設定の状態になります。

4. [ ] [ ] を押して、背景ぼかし設定 (図) を選びます。

5. [ ] を回して、背景のボケ具合を調整します。
  • [ OFF ] は、明るさに応じて背景のボケ具合が変わります。
  • [ OFF ] 以外に設定すると、明るさに関係なく背景のボケ具合が調整できます。
  • [ ] でカーソルを右に動かすほど、被写体の背景がくっきりした写真になります。
  • [ ] でカーソルを左に動かすほど、被写体の背景がぼけた写真になります。なお、レンズの明るさ(F値)によっては、選べない位置があります。
メモ
  • ライブビュー撮影状態にすると、ピントが合った前後のボケ具合が確認できます。[ ] での操作中、液晶モニターに [ ぼかしシミュレーション中 ] と表示されます。
  • 使用レンズや撮影条件によっては、ぼけた写真にならないことがあります。
  • ストロボ撮影時は設定できません。なお、[ ] 設定時に、背景ぼかし設定を行うと、自動的に [ ] に変更されます。

6. シャッターボタンを押して撮影します。

メモ
  • ライブビュー撮影時 [ ぼかしシミュレーション中 ] に [ ] が点滅しているときは、実際に撮影される画像よりもノイズが多かったり、暗く見えることがあります。
  • エフェクトショットと背景ぼかし設定を同時に設定することはできません。


1. カメラの電源スイッチを [ ON ] にします。

2. モードダイヤルを [ ] にします。

3. シャッターボタンを押して撮影します。

メモ
初期設定では、[ ] (連続撮影) が設定されています。シャッターボタンを押し続けると、連続撮影(1秒間に最高約5.0枚)して表情やポーズの変化を写すことができます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 8000D / EOS Kiss X8i

 

[TOP▲]
このページのトップへ