撮影する画像の記録画素数、圧縮率を変更する方法 (EOS 8000D)



撮影する画像の記録画素数、圧縮率を変更する方法 (EOS 8000D)
更新日 : 2015年4月17日
文書番号 : Q000083603



操作方法


1. カメラの電源スイッチを [ ON ] にします。

2. [ MENU ] ボタンを押してメニューを表示します。

3. [ ] [ ] を押して [ ] タブを選びます。

4. [ ] [ ] を押して [ 記録画質 ] を選び、[ ] を押します。

5. [ ] [ ] を押して変更したい記録画質を選び、[ ] を押します。
画面上に表示される「記録画素数」() と、「撮影可能枚数」() を目安に選びます。

参考
こんなときは?
  • 印刷する用紙サイズで記録画質を選びたい
撮影後にトリミング(画像の切り抜き)をするときは、記録画素数の多い + をおすすめします。
なお、 は市販のデジタルフォトフレームでの再生にも適しています。 は電子メールで画像を送るときや、ホームページでの使用などに適しています。
下図を目安に記録画質を選んでください。
用紙サイズ
: A2 (59.4×42cm)
: A3 (42×29.7cm)
: A4 (29.7×21cm)
: L判 (12.7×8.9cm)
 
  • の違いは?
圧縮率による画質の違いを表しています。同じ記録画素数のときは、 の方がきれいです。 を選ぶと画質は少し落ちますが、 よりもカードに多く記録できます。なお、 はともに (ファイン) の画質です。
 
  • 表記されている撮影可能枚数よりも多く撮影できた
撮影条件によっては、表記の枚数よりも多く撮影できることがあります。逆に、撮影できる枚数が少なくなることもありますので、目安としてとらえてください。
 
  • 連続撮影可能枚数(バースト撮影枚数)は、カメラに表示される?
ファインダー内右端の数字が連続撮影可能枚数です。ただし、0〜9の1桁表示なので、連続撮影できる枚数が、8枚以下になるまで「9」表示のままです。なお、この数値はカードが入っていないときにも表示されますので、カードを入れずに撮影しないよう注意してください。
 
  • はどういうときに使うの?
はパソコンで処理が必要な画像です。詳しくは、下の「RAWについて」と「RAW+JPEGラージ/ファインについて」をご参照ください。



メモ
RAW画像処理用のソフトウェアについて
  • パソコンでRAW 画像を表示するときは、EOS用ソフトウェアの「DigitalPhoto Professional」の使用をおすすめします。
  • 古いバージョンの Digital Photo Professional では、このカメラで撮影したRAW画像の処理ができないことがあります。パソコンに古いバージョンの Digital Photo Professional がインストールされているときは、以下の方法で Digital Photo Professional をアップデート(上書きインストール)してください。
- ソフトウェアCD-ROM(EOS DIGITAL Solution Disk)が付属しているとき : CD-ROMからDigital Photo Professionalをインストール
- ソフトウェアCD-ROM(EOS DIGITAL Solution Disk)が付属していないとき : キヤノンのWebサイトから、このカメラに対応したDigital PhotoProfessionalをダウンロード
  • 市販のソフトウェアでは、このカメラで撮影したRAW画像を表示できないことがあります。対応状況については、ソフトウェアメーカーにお問い合わせください。
参考

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 8000D

 

[TOP▲]
このページのトップへ