クイック設定をカスタマイズする方法(EOS 5Ds / EOS 5Ds R)



クイック設定をカスタマイズする方法(EOS 5Ds / EOS 5Ds R)
更新日 : 2015年6月16日
文書番号 : Q000084067



詳細情報

クイック設定画面では、あらかじめ決められた撮影機能の項目が表示されますが、画面に表示したい項目を任意に選んでレイアウトすることができます。この機能を [ クイック設定カスタマイズ ] といいます。


2. [ MENU ] ボタンを押して、液晶モニターにメニューを表示します。

3. [ ] ボタンを押して [ ] タブを選びます。
  

4. [ ] を回して、[ ] タブを選びます。
 

5. [ ] を回して、[ クイック設定カスタマイズ ] を選んで [ ] を押します。
 

6. 次の画面が表示されたら [ レイアウト編集開始 ] を選び、 [ ] を押します。
メモ
  • [ 初期配置の状態に戻す ] を選ぶと、設定されている内容が初期化され初期配置の状態に戻ります。
  • [ 全項目消去 ] を選ぶと、設定した項目がすべて削除され、画面に項目がない(ブランク)状態になります

7. 操作方法を確認して [ OK ] を選びます。

8. 手順 7 で [ OK ] を選ぶと、下図が表示されます。
  • 初期状態では、図に示す項目が配置されています。

9. [ ] ボタンを押して [ 項目の選択 ] 画面を表示し、項目を追加します。
  • [ ] を回すか、 [ ] を操作して追加する項目を選び、[ ] を押します。
  • 不要な項目を削除するときは、項目を選んだ状態で [ ] ボタンを押すか、手順 6 の画面に戻って、[ 全項目消去 ] を選びます。


11. [ ] 、[ ] または、 [ ] を操作して配置したい位置に追加する項目(辺に三角が付いた枠)を移動します。
  • サイズを変更したいときは、[ INFO. ] ボタンを押して変更します ( 手順 10 に戻ります )。
  • [ ] を押すと項目が配置されます。なお、配置する位置に項目があるときは、上書き配置(削除)されます。
  • 配置する位置を変更するときは、項目を選び [ ] を押すと移動することができます。
メモ
初期状態で配置されている項目をすべて削除してからレイアウトしたいときは、手順 6 で [ 全項目消去 ] を選んでから、手順 9 以降の操作を行います。

12. 手順 9 〜 11 を繰り返して、画面に表示する項目をレイアウトします。
配置されている項目を削除するときは、削除する項目を選び、[ ] ボタンを押します。
[ 配置例 ]

13. 項目の配置が終了したら、[ MENU ] ボタンを押します。
設定が終了し、手順 6 の画面に戻ります。

14. 設定画面を確認します。
もう一度 [ MENU ] ボタンを押して手順 5 の画面まで戻り、 [ ] を回して [ ボタンで表示する内容 ] を選んで [ ] を押します。

15. 表示された画面で [ クイック設定カスタマイズ画面]に [ ] が付いていることを確認し、[ OK ] を選んで [ ] を押します。

16. [ INFO. ] ボタンを押してクイック設定カスタマイズ画面を表示し、レイアウトを確認します。

以上で、クイック設定カスタマイズ画面のレイアウト手順は完了です。



重要
  • 項目によっては、表示サイズにより表示される情報量や、クイック設定時に設定できる内容が異なることがあります。
  • 同じ項目を複数配置することはできません。


  • 非表示
露出補正 / AEB 設定、調光補正、WB 補正 / BKT 設定、操作ボタンカスタマイズ、外部ストロボ制御、高輝度側・階調優先

  • 灰色表示(クイック設定不可)
シャッター速度、絞り数値、ISO 感度、ピクチャースタイル、ホワイトバランス、オートライティングオプティマイザ、AF 動作、AF フレーム選択、測光モード

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 5Ds R / EOS 5Ds

 

[TOP▲]
このページのトップへ