ISO感度の設定方法(EOS M10)



ISO感度の設定方法(EOS M10)
更新日 : 2015年10月20日
文書番号 : Q000085888



詳細情報

暗いところで手ブレを抑えたり、被写体ブレを抑えるためにシャッタースピードを速くしたいとき、あるいはストロボをオフにして撮影したいときには、[ISO感度]を上げます。
また、[ISO AUTO]のときに、感度の上限を設定することができます。
参考
ISO感度は数値が大きいほど感度が高くなり、小さいほど感度が低くなります。


1. カメラの電源ボタンを押して、電源を入れます。

2. []をタッチしたあと[]か[]を押すか[]ダイヤルを回してISO感度を選び、[]を押します。

3. 設定した項目が表示されます。([ISO感度] が400の場合)。


メモ
  • ISO 感度を低くすると粗さが目立たない画像になりますが、撮影シーンによっては被写体ブレや手ブレがおきやすくなることがあります。
  • ISO 感度を高くするとシャッタースピードが速くなるため、被写体ブレや手ブレが軽減されたり、ストロボの光が遠くの被写体まで届くようになりますが、画像が粗くなります。
<MENU>の[- 3]タブの[ISO 感度設定]にある[ISO感度]でも設定することができます。
<MENU>の[- 1]タブの[C.Fn I:露出]にある[ISO感度拡張]を[する]にすると[H](ISO25600 相当)まで選べるようになります。


  • [ISO AUTO]のときの感度の上限を設定します。

1.<MENU>ボタンを押します。

2. []か[]を押すか[]ダイヤルを回して、[ - 3 ]タブを選びます。
]か[]を押して、[ISO感度設定] を選択します。
選択したら、[]を押します。

3. []か[]を押して[ISOオート]を選択し、[]を押します。

]か[]を押して目的の項目を選び、[]を押します。

以上で[ISO オートの設定を変える]は完了です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M10

 

[TOP▲]
このページのトップへ