Q:EOS Utility 2.x 変更履歴

更新日 : 2016年3月25日
文書番号 : Q000086110

A:

EOS Utility 2.x 変更履歴

バージョン 更新日時 変更内容
2.14.20a 2015年10月29日
  1. EF35mm F1.4L II USM、EF50mm F1.8 STM に対応しました。
2.14.20 2015年4月8日
  1. EF11-24mm F4L USMに対応しました。
2.14.10b 2014年12月19日
  1. EF 100-400mm F4.5-5.6L IS II USM、EF-S 24mm F2.8 STM に対応しました。
2.14.10a 2014年11月13日
  1. EF 24-105mm F3.5-5.6 IS STM、EF 400mm F4 DO IS II USM に対応しました。
2.14.10 2014年10月30日
  1. EOS 7D Mark II に対応しました。
  2. EF16-35mm F4L IS USM、EF-S10-18mm F4.5-5.6 IS STM に対応しました。
  3. Windows Vista、Windows XP のサポートを終了しました。(Windows 版)
  4. Mac OS X 10.7 のサポートを終了しました。(Mac版)
2.14.1 2014年7月24日
  1. Wi-Fi / LAN 接続時、一部環境下での互換性を改善しました。(Windows 版)
2.14.0 2014年3月26日
  1. EOS Kiss X70、EOS M2 に対応しました。
  2. CN-E35mm T1.5 L F に対応しました。
  3. Windows 8.1 に対応しました。(Windows 版)
  4. OS X 10.9 に対応しました。(Mac版)
  5. Mac OS X 10.6.8 のサポートを終了しました。(Mac版)
2.13.40 2014年1月9日
  1. カメラでプロテクトをかけた画像のみをパソコンに取り込む機能を追加しました。
2.13.25 2013年9月26日
  1. レンズ光学補正で、EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM に対応しました。
2.13.21 2013年7月30日
  1. EOS 70D、EOS Kiss X7 に対応しました。
  2. レンズ光学補正で、EF200-400mm F4L IS USM に対応しました。
  • 対応機種: EOS 70D、EOS Kiss X7、EOS Kiss X7i、EOS-1D C、EOS 6D、EOS M、EOS Kiss X6i、 EOS 5D Mark III、EOS-1D X
2.13.0 2013年4月30日
  1. EOS Kiss X7i、EOS-1D C に対応しました。
  2. Windows 8 に対応しました。(Windows 版)
  3. OS X 10.8 に対応しました。(Mac版)
  4. EOS Utility 2.12.2〜EOS Utility 2.12.11 で特定の機種において、バッテリー容量低下のメッセージが表示される場合がある現象を修正しました。(Mac版)
2.12.3 2012年12月21日
  1. EOS 6D に対応しました。
  2. Picture Style Editor 1.12.2 以降で作成したピクチャースタイルファイル(.pf3)の読み込みに対応しました。
2.12.0 2012年10月23日
  1. EOS M に対応しました。
2.11.4 2012年7月31日
  1. EOS Kiss X6i、EOS 5D Mark III、EOS-1D X に対応しました。
  2. EOS 7D ファームウェア Version2.0.0 に対応しました。(Version 2.0.0 にアップデートしたEOS 7D はEOS Utility 2.11.4 以上をご使用ください。)
  3. リモートライブビュー撮影時のHDR(ハイダイナミックレンジ)機能を追加しました。
  4. Mac OS X 10.6.8〜10.7 においてWFT とEOS Utility の連携に対応しました。(Mac版)
2.10.4 2012年2月21日
  1. Mac OS X 10.6.8〜10.7 に対応しました。
2.10.2 2011年8月30日
  1. EF-S 55-250mm F4-5.6 IS II に対応しました。
2.10.1/2.10.0 2011年4月26日
  1. EOS Kiss X5、EOS Kiss X50 に対応しました。
  2. カメラのメモリーカードへのBGM登録機能・ピクチャースタイル[オート]対応 ・[内蔵ストロボ機能設定]対応(対応機種のみ)
  3. リモートライブビュー画面のグリッド線表示カスタマイズ機能追加
  4. EOS 30D、EOS Kiss Digital X のサポートを終了しました。
  5. Windows XP SP2のサポートを終了しました。(Windows版)
  6. Mac OS 10.4のサポートを終了しました。(Mac版)
2.9.1 2011年3月29日
  1. 「マイメニュー」中の"アートフィルター"を日本以外の市場で使用している"Creative Filters"(日本語表記:クリエイティブフィルター)に統一しました。
2.9.0 2010年10月28日
  1. EOS 60Dに対応しました。
  2. レーティング表示機能追加
  3. [クイックプレビュー画面を自動表示する]チェックボックスの新設 [環境設定]の[基本設定]にこのチェックボックスを新設しました。 このチェックを外すと、リモートライブビュー撮影時、および画像取り込み時にクイックプレビュー画面が自動表示されなくなります。
  4. オーバーレイ表示機能の対象画像にRAW画像を追加
  5. 周辺光量補正レンズデータ登録のサポートレンズにEF70-300mmF4-5.6L IS Uを追加
  6. 周辺光量補正レンズデータ登録にExtenderEF1.4× III、ExtenderEF2× III 装着時も対応
2.8.1 2010年3月16日
  1. EOS Kiss X4に対応しました。
  2. Windows 7 に対応しました。(Windows 版)
  3. Mac OS X v10.6 に対応しました。(Mac版)
  4. このバージョンより以下の機種への対応を終了しました。
    EOS D30、EOS D60、EOS 10D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 5D、EOS Kissデジタル、EOS KissデジタルN、EOS-1D、EOS-1D Mark II、EOS-1D Mark II N、EOS-1Ds、EOS-1Ds Mark II
  5. リモートライブビュー画面]に表示される撮影画像に、パソコン内に保存されている別の画像を重ねて(オーバーレイ)表示する機能を追加しました。
  6. リモート撮影時、ファイル番号をリセットしないようにしました。ファイル番号は連番になります。
  7. 操作性改善を目的にリモートライブビュー画面の録画スタンバイボタンを廃止しました。
2.7.3/2.7.2 2010年1月7日
  1. EOS 7D、EOS-1D Mark IVに対応しました。
  2. AEB設定パネルを追加しました。(EOS 7D、EOS-1D Mark IV、EOS Kiss X3、EOS 5D Mark II、EOS 50Dのみ)
  3. ストロボ設定ができるようになりました。(EOS 5D Mark II、EOS 7D、EOS-1D Mark IVのみ)
  4. EOS Utility から、ストロボ設定機能に対応したEX スピードライト(別売)や、カメラのストロボ機能を設定して、ストロボ撮影を行なうことができます。
  5. ドライブモードの設定ができるようになりました。(EOS 7D、EOS-1D Mark IV、EOS Kiss X3、EOS 5D Mark II、EOS 50Dのみ)
  6. ミラーアップ撮影が設定できるようになりました。(EOS 7D、EOS-1D Mark IVのみ)

EOS Utility 2.x の詳細およびダウンロードについては、以下ご参照ください。


この質問の対象商品

このページのトップへ