メモリーカードに記録可能な枚数(静止画)・総時間数(動画) (EOS-1D X Mark II)



メモリーカードに記録可能な枚数(静止画)・総時間数(動画) (EOS-1D X Mark II)
更新日 : 2016年2月2日
文書番号 : Q000086643



詳細情報

画像サイズ記録画素数印刷サイズファイルサイズ(MB)撮影可能枚数連続撮影可能枚数
CFカードCFastカード
標準高速
JPEG

(ラージ)
20MA26.21160140FullFull

(ミドル1)
13MA34.31650190FullFull

(ミドル2)
8.9MA33.42120250FullFull

(スモール)
5.0MA42.23180740FullFull
RAW

(ロウ)
20MA223.23005973170

(ミドルロウ)
11MA318.53707294330

(スモールロウ)
5.0MA412.7530100170Full
RAW + JPEG

20M
20M
A2+A223.2+6.2230485481

11M
20M
A3+A218.5+6.22805365100

5.0M
20M
A4+A212.7+6.23605470130

参考
  • 撮影可能枚数は、当社試験基準8GBカード使用時の枚数です。
  • 連続撮影可能枚数(バースト枚数)は、当社試験基準CFカード(標準:8GB/高速:UDMAモード7対応 64GB)、CFastカード(CFast2.0対応:128GB)を使用し、当社試験基準(ファインダー撮影、 高速連続撮影、JPEG画質:8、ISO100、ピクチャースタイル:スタンダード)で測定したものです。
  • ファイルサイズ、撮影可能枚数、連続撮影可能枚数は、被写体やカードの銘柄、ISO感度、ピクチャースタイル、カスタム機能などの設定により変動します。
  • UDMA対応のCFカードや、CFastカードを使用しても、連続撮影可能枚数の表示は変わりませんが、上の表に示した枚数の連続撮影ができます。
  • RAW と JPEG の両方を選んだときは、1 回の撮影で設定した記録画質の画像がカードに記録されます。2 つの画像は同じ画像番号(拡張子は JPEG : .JPG、RAW : .CR2)で記録されます。
  • 設定した画像サイズに応じて、ファインダー内の右側に [ ] [ ] が点灯します。

動画記録画質カードごとの総記録可能時間ファイルサイズ
4GB16GB64GB
: 4K
39秒2分10分5733MB/分
1分4分17分3587MB/分
: フルHD
1分5分23分2585MB/分
2分11分47分1298MB/分
8分34分138分440MB/分
5分23分93分654MB/分
16分67分270分225MB/分

MP4形式設定時(約)
動画記録画質カードごとの総記録可能時間ファイルサイズ
4GB16GB64GB
: フルHD
8分35分141分431MB/分
17分70分281分216MB/分
43分173分695分87MB/分

フレームレート
119.9fps / 59.94fps / 29.97fpsテレビの映像方式が [ NTSC ] の地域 ( 北米、日本、韓国、メキシコなど ) で設定します。
100.0fps / 50.00fps / 25.00fpsテレビの映像方式が [ PAL ] の地域 ( ヨーロッパ、ロシア、中国、オーストラリアなど ) で設定します。
23.98fps / 24.00fps主に映画関連で使用します。
映像記録方式/圧縮方式
MJPG動画記録形式が[MOV]のときに選択できます。Motion JPEG形式で圧縮して記録されます。フレーム間の圧縮を行わず、1フレーム単位で圧縮して記録するため、圧縮率が低くなります。また、4K画質で画像サイズも大きいため、ファイルサイズが大きくなります。
ALL-I(編集用 / I-only)動画記録形式が[MOV]のときに選択できます。1フレーム単位で圧縮して記録します。IPB(標準)よりもファイルサイズが大きくなりますが、撮影後の編集作業に適しています。
IPB(標準)複数のフレーム単位で効率的に圧縮して記録します。ALL-I(編集用)よりもファイルサイズが小さくなるため、(同じ容量のカードであれば)撮影できる時間が長くなります。
IPB(軽量)動画記録形式が[MP4]のときに選択できます。IPB(標準)よりもビットレートを低く抑えて記録するため、IPB(標準)よりもファイルサイズが小さく、再生互換性が高くなります。(同じ容量のカードであれば)4つの方式の中で撮影できる時間が最も長くなります。

メモ
  • / の動画を撮影するときは、CFastカード( )を使用してください。なお、高速タイプのCFカードを使用しても、一度にごく短時間(最大約10秒程度)しか記録できません(動画撮影が自動的に停止します)。
 
  • ファイルサイズが 4GB を超える動画撮影について
- このカメラで初期化した「128GBまでのCFカード」使用時
容量が128GBまでのCFカードをこのカメラで初期化すると、FAT32形式でフォーマットされます。
FAT32形式でフォーマットされたCFカードを使用したときは、動画撮影を開始してファイルサイズが4GBを超えると、新しい動画ファイルが自動的に作成されます。
なお、再生時は動画ファイルごとの再生になります。動画ファイルを自動で連続再生することはできません。再生が終わったら、続きのファイルを選んで再生してください。
- このカメラで初期化した「128GBを超えるCFカード」「CFastカード」使用時
容量が128GBを超えるCFカード、またはCFastカードをこのカメラで初期化すると、exFAT形式でフォーマットされます。
exFAT形式でフォーマットされたカードを使用したときは、1回の撮影でファイルサイズが4GBを超える場合でも、(ファイルが分割されず)1つの動画ファイルに記録されます(4GBを超える動画ファイルが作成されます)。
 
  • 撮影時間の制限について
- ハイフレームレート以外の動画撮影時
1回に撮影できる時間は最長29分59秒です。29分59秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。< > ボタンを押すと、動画撮影を再開することができます(新規ファイルとして記録されます)。
- ハイフレームレート動画撮影時
1回に撮影できる時間は最長7分29秒です。7分29秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。< > ボタンを押すと、ハイフレームレート動画撮影を再開することができます(新規ファイルとして記録されます)。
重要
  • 動画を撮影するときは大容量のメモリーカードを使用してください。使用できるカードについては、「 使用可能なメモリーカードの種類は? (EOS-1D X Mark II) 」をご参照ください。
  • 動画撮影時に書き込み速度が遅いカードを使用すると、動画が正常に記録できないことがあります。また、動画再生時に読み取り速度が遅いカードを使用すると、動画が正常に再生できないことがあります。
  • カードの書き込み / 読み取り速度については、カードメーカーのホームページなどで確認してください。
  • カメラ内部の温度上昇により、上記の表に示した時間よりも早く動画撮影が終了することがあります。
  • カードの性能を発揮させるため、動画撮影を行う前にカメラでカードを初期化することをおすすめします。
  • 正常に動画が記録できないときは、カードを初期化してから使用してください。なお、カードを初期化しても問題が改善しないときは、カードメーカーのホームページなどもあわせてご確認ください。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1D X Mark II

 

[TOP▲]
このページのトップへ