操作ボタンをカスタマイズするには?(操作ボタンに別の機能を割り当てる方法) (EOS-1D X Mark II)



操作ボタンをカスタマイズするには?(操作ボタンに別の機能を割り当てる方法) (EOS-1D X Mark II)
更新日 : 2016年4月15日
文書番号 : Q000087448



詳細情報

よく使う機能を、自分が操作しやすいボタンやダイヤルに割り当てることができます。


2. レンズのフォーカスモードスイッチを < AF > にします。

3. < MENU > ボタンを押してメニューを表示します。

4. [ ] タブの[操作ボタン カスタマイズ]を選び、< > を押します。

5. < > を回して操作部材を選び、< > を押します。
  • 操作部材の名称と、割り当てできる機能が表示されます。
  • 画面左側のイラストで操作部材の位置を確認することができます。

6. < > を回して機能を選び、< > を押します。
  • 画面左下に マークが表示される機能は、< INFO. > ボタンを押すと、さらに詳細設定を行うことができます。

7. 設定が終了すると、手順 5 の画面に戻ります。
手順 6 で設定した内容に操作部材が変更されます。
●< MENU > ボタンを押して設定を終了します。
メモ
手順 5 の画面で [ ] ボタンを押すと、設定内容を初期化することができます。なお、[ : 操作ボタンカスタマイズ ] の設定は、[ : カスタム機能 ( C.Fn ) 一括解除 ] を選んでも解除されません。

機能
AF測光・AF 開始*1*1






AF 停止





登録AF機能に切り換え


*2*2
*2



ワンショット AI サーボ
*3*3*3*3
*3



登録AFフレームに移動


*3*3
*3



AF フレームダイレクト選択








*4*5
AF フレーム選択+ 切換








*6
動画サーボ AF 一時停止







露出測光開始









AE ロック




AE ロック (押している間)









AE ロック (ホールド)




AE ロック・AF 停止








FE ロック





ISO 感度設定









ISO 感度設定 (押しながら









ISO 感度設定 (測光中









ISO 感度 + 切換









露出補正 (押しながら









M モード時、シャッター速度変更








M モード時、絞り数値変更








機能
画像画像サイズ選択









ワンタッチ記録画質切換


*7
*7*7



ワンタッチ記録画質切換 (ホールド)


*7
*7*7



記録機能とカード・フォルダ選択









ピクチャースタイル選択









ホワイトバランス選択









操作絞り込み








手ブレ補正機能作動







メニュー表示









撮影機能の登録と呼出
*8*8







押している間、ロック解除








動画撮影開始( 設定時有効)






カスタム撮影モードに切り替え









画像の再生









拡大 / 縮小 (SET ボタン +









拡大 / 縮小ボタン








再生ボタン








INFOボタン








消去ボタン








プロテクトボタン








機能の循環設定




*9




ストロボ機能設定









無効

*1 : < AF-ON > ボタン、< > ボタンのときは、設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、AF 機能の詳細設定を行うことができます。撮影時に < AF-ON > ボタン、または < > ボタンを押すと、設定した内容でAFが行われます。
*2 : 設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、詳細設定画面が表示されます。< > または < > を回して項目を選び、< > で [ ] を付けます。項目名を選び < > を押すと、機能の内容を設定することができます。< > ボタンを押すと、設定を初期状態にすることができます。
*3 : 設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、[押している間だけ切り換え][もう一度押すまで切り換え保持]を選択することができます。
*4 : サブ電子ダイヤルの設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、< > を操作したときのAFフレームの移動方向を設定することができます。[AFフレームの移動方向]の[横方向][縦方向]の設定は、スポット1点AF/1点AF/領域拡大AF(任意選択)/領域拡大AF(任意選択周囲)時に、[ゾーンAFフレームの移動方向]の[循環][横方向][縦方向]の設定は、ゾーンAF時に機能します。
*5 : マルチコントローラーの設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、< > の中央を押したときのAFフレームの切り換えを [ 中央 AF フレームに移動 ] [ 登録 AF フレームに移動 ] から選択することができます。
*6 : 設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、< > を操作したときのAFフレームの移動方向を設定することができます。[AFフレームの移動方向]の[横方向][縦方向]の設定は、スポット1点AF/1点AF/領域拡大AF(任意選択)/領域拡大AF(任意選択周囲)時に、[ゾーンAFフレームの移動方向]の[循環][横方向][縦方向]の設定は、ゾーンAF時に機能します。
*7 : 設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、切り換える画像サイズを設定することができます。
*8 : 設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、詳細設定画面が表示されます。< > または < > を回して項目を選び、< > で [ ] を付けます。項目名を選び < > を押すと、機能の内容を設定することができます。< > ボタンを押すと、設定を初期状態にすることができます。なお、[現在の設定内容を登録]を選ぶと、現在カメラに設定されている内容を登録することができます。
*9 : 設定画面で < INFO. > ボタンを押すと、詳細設定画面が表示されます。切り換える機能を設定することができます。< > を回して項目を選び、< > で [ ] を付けます。[OK] を選ぶと設定されます。

メモ
は、手ブレ補正機能付きの超望遠レンズに装備されている [ AF ストップボタン ] を表しています。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1D X Mark II

 

[TOP▲]
このページのトップへ