Windows2000でUSBドライバをアンインストール(削除)する方法



Windows2000でUSBドライバをアンインストール(削除)する方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000008899



■ 概要

Windows2000環境で、USBドライバのインストールが正常に完了しなかった場合、あるいはWindows上で
カメラが正しく認識されないような場合は、以下の操作手順でUSBドライバをアンインストール(削除)してください。


■ 注意事項

USBドライバのインストール状態を確認するために、以下の3点をチェックしてください。
カメラとパソコンの接続方法につきましては、「カメラとパソコンを通信可能な状態にする方法(USB接続)」
をご参照ください。

  • カメラは正しくパソコンに接続されていますか?
  • カメラの電源は入っていますか?
  • バッテリーの残量は十分ですか?
上記について確認できましたら、「【1】 USBドライバのインストール状態をチェックする」に進んでください。

以下の操作手順でご案内している画面(ダイアログ)は、IXY DIGITALを使用した場合のものです。
画面に表示されるカメラの機種名は、お使いのモデルにより異なります。



【1】 USBドライバのインストール状態をチェックする

  1. [スタート]メニューから[設定][コントロールパネル]を順に選択します。

  2. [スキャナとカメラ]アイコンをダブルクリックします。
[スキャナとカメラのプロパティ]は、どの様な状態ですか?
(a)〜(c)の該当する項目に従い、対処を行なってください。

(a) お使いのカメラの機種名が表示されている場合



1. カメラの機種名を選択し、[削除]をクリックします。

2. [OK]をクリックし、[スキャナとカメラのプロパティ]を閉じます。

3. 「【3】[アプリケーションの追加と削除]からドライバを削除する」に進んでください。


(左図は、IXY DIGITALを接続している場合です。)
(b) お使いのカメラの機種名が表示されていない場合

スキャナとカメラのプロパティ(カメラの機種名が表示されていない場合)

「【2】 システムのプロパティにてデバイスを削除する」
を参照してください。
(c) [コントロールパネル]内に[スキャナとカメラ]のアイコンが見当らない場合

[スキャナとカメラ]のアイコンが見当たらない場合

「【2】システムのプロパティにてデバイスを削除する」
を参照してください。


【2】 システムのプロパティにてデバイスを削除する

  1. [コントロールパネル]内の[システム]アイコンをダブルクリックします。

  2. [ハードウェア]タブをクリックし、[デバイス マネージャ]をクリックします。

    システムのプロパティ


  3. [その他のデバイス]または[イメージングデバイス]に、お使いのカメラの機種名が表示されている場合は、
    以下の手順で削除してください。(下図は、IXY DIGITALを接続している場合です。)

    デバイスマネージャ(その他のデバイス)

     

    デバイスマネージャ(イメージングデバイス)

     

  4. お使いのカメラの機種名を選択し、メニューバーにある[削除]ボタンをクリックします。

  5. 確認のメッセージで[OK]をクリックします。

  6. [×]をクリックし、[デバイス マネージャ]を閉じます。


もし、お使いのカメラの機種名が[その他のデバイス]と[イメージングデバイス]の両方、
あるいは[その他のデバイス]に複数ある場合は、全てを削除します。

続いて、「【3】 [アプリケーションの追加と削除]からドライバを削除する」に進んでください。



【3】 [アプリケーションの追加と削除]からドライバを削除する

  1. [スタート]メニューから[設定][コントロールパネル]を順に選択します。

  2. [アプリケーションの追加と削除]をダブルクリックします。

  3. ここで、キヤノン製デジタルカメラのドライバを削除します。

    なお、一覧に該当するキヤノン製デジタルカメラのドライバが一覧に表示されていない場合は、
    削除の必要はございません。その場合は、「【4】 関連ファイルの削除」に進んでください。

    アプリケーションの追加と削除

  4. キヤノン製デジタルカメラのドライバを選択し、[変更/削除]をクリックします。

    [Canon Digital USB Driver]の削除

  5. [ファイル削除の確認]の画面で[はい]をクリックします。

    ファイル削除の確認

  6. [アンインストールが完了しました]と表示されましたら、[OK]をクリックします。

    コンピュータからプログラムを削除


以上で、USBドライバのアンインストールは完了です。

USBドライバを再度インストールする場合は、「補足」をご確認いただいた後、
関連情報を参考に操作してください。



【4】 関連ファイルの削除

  1. デスクトップ上の[マイコンピュータ][C:][Winnt][Inf]フォルダをダブルクリックして開きます。
    [C:]はお使いのパソコン環境により異なります。)
    [Winnt]フォルダ内に[Inf]フォルダが見当らない場合は、「参考」をご参照ください。

  2. [Inf]フォルダ内の[oem*]という名前のファイルを探します。
    (*の部分には、0や1などの数字が入ります。また、複数のoem*ファイルが存在する場合もあります。)

    [oem*]ファイル

  3. [oem*]ファイルをダブルクリックしてメモ帳で開き、一行目に
    「; **** Canon Digital Camera USB Setup File ****」
    と記述されているものを探します。

  4. 「手順 3.」で見つけた[oem*]ファイルと、それと同じ番号の[oem*.PNF]の2つのファイルが
    キヤノンデジタルカメラ用の設定ファイルです。これら2つの設定ファイルを削除します。

    [oem*]ファイルには、Windows 2000にインストールされているさまざまなデバイスの設定が保存されています。
    誤ってキヤノンデジタルカメラ以外の設定ファイルを削除すると、他のデバイスが動作しなくなり、
    最悪の場合Windowsが起動しなくなる可能性があります。ファイルの削除は注意して行ってください。

以上で、USBドライバのアンインストールは完了です。

USBドライバを再度インストールする場合は、関連情報を参考に操作してください。



参考. [Windows]フォルダ内に、[inf]フォルダが見当らない場合

[Winnt]フォルダ内に[Inf]フォルダが見当らない場合は、以下の操作を行なってください。

  1. [Winnt]フォルダで、[ツール]メニューの[フォルダ オプション]を選択します。
  2. 表示]タブを選択します。
     
  3. [詳細設定][ファイルとフォルダの表示][すべてのファイルとフォルダを表示する]
    に設定します。

    フォルダ オプション

  4. [OK]をクリックして、[フォルダ オプション]画面を閉じます。

以上の操作で、今まで見えなかったフォルダやファイルが見えるようになります。


「関連ファイルの削除」に戻る


戻る
関連情報: 戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1Ds MarkIII / EOS-1D MarkIII / EOS 5D / EOS 40D / EOS 30D / EOS 20D / EOS 20Da / EOS 10D / EOS D60 / EOS D30 / EOS Kiss X2 / EOS Kiss F / EOS Kiss Digital X / EOS Kiss Digital N / EOS Kiss Digital

 

[TOP▲]
このページのトップへ