メモリーカードに記録可能な枚数(静止画)・総時間数(動画)(EOS 5D Mark IV)



メモリーカードに記録可能な枚数(静止画)・総時間数(動画)(EOS 5D Mark IV)
更新日 : 2016年8月26日
文書番号 : Q000089157



詳細情報

記録画質記録画素数印刷サイズファイルサイズ (MB)撮影可能枚数連続撮影可能枚数
CFカードSDカード
標準高速標準高速
JPEG30 MA28.8820110Full130Full
4.51590FullFullFullFull
13 MA34.71530FullFullFullFull
2.42970FullFullFullFull
7.5MA43.02350FullFullFullFull
1.54560FullFullFullFull
2.5 ML 判1.35420FullFullFullFull
0.3 M-0.320330FullFullFullFull
RAW30 MA236.817017211719
30 M66.9907777
17 M27.722023322326
7.5 MA418.931035743648
RAW + JPEG
30 M
30 M
A2
A2
36.8
8.8
14013161314

17 M
30 M
A2
A2
27.7
8.8
17013171415

7.5 M
30 M
A4
A2
18.9
8.8
22015221518

メモ
  • [ ] は、市販のデジタルフォトフレームでの再生などに適しています。
  • [ ] は、電子メールで画像を送るときや、ホームページでの使用などに適しています。
  • [ ] 、[ ]は、どちらも[ ]ファイン)の画質です。
  • UDMA対応のCFカードや、高速タイプのSDカードを使用しても、連続撮影可能枚数の表示は変わりませんが、前ページの表に示した枚数の連続撮影ができます。
  • RAWとJPEGの両方を選んだときは、1回の撮影で設定した記録画質の画像がカードに記録されます。2つの画像は同じ画像番号(拡張子はJPEG:.JPG、RAW:.CR2)で記録されます。
  • 記録画質の読み方は、[ ] (ロウ)、[ ] (ミドルロウ)、[ ](スモールロウ)、JPEG(ジェイペグ)、[ ] (ファイン)、[ ] (ノーマル)、[ ] (ラージ)、[ ] (ミドル)、[ ] (スモール)です。
参考
  • 撮影可能枚数は、当社試験基準8GBカード使用時の枚数です。
  • 連続撮影可能枚数(バースト枚数)は、当社試験基準CFカード(標準:8GB/高速:UDMAモード7対応 64GB)、SDカード(標準:8GB/高速:UHS-I対応 16GB)を使用し、当社試験基準[ ]高速連続撮影、アスペクト比3:2、ISO100、DPRAW撮影しない、ピクチャースタイル:スタンダード、IPTC情報の付加:しない)で測定したものです。
  • ファイルサイズ、撮影可能枚数、連続撮影可能枚数は、被写体やカードの銘柄、ISO感度、ピクチャースタイル、カスタム機能などの設定により変動します。
  • 「Full」と記載された条件のときは、カードの空き容量がなくなる(カードフル)まで撮影できます。

動画記録画質カードごとの総記録可能時間ファイルサイズ
8GB32GB128GB
: 4K
2分8分34分3587MB/分
: フルHD
5分23分94分1298MB/分
17分69分277分440MB/分
11分46分186分654MB/分
33分135分541分225MB/分
HDR動画撮影33分135分541分225MB/分
: HD
6分26分105分1155MB/分

MP4形式設定時(約)
動画記録画質カードごとの総記録可能時間ファイルサイズ
8GB32GB128GB
: フルHD
17分70分283分431MB/分
35分140分563分216MB/分
HDR動画撮影35分140分563分216MB/分
86分347分1391分87MB/分
フレームレート
119.9fps / 59.94fps / 29.97fpsテレビの映像方式が [ NTSC ] の地域 ( 北米、日本、韓国、メキシコなど ) のときに設定します。
100.0fps / 50.00fps / 25.00fpsテレビの映像方式が [ PAL ] の地域 ( ヨーロッパ、ロシア、中国、オーストラリアなど ) のときに設定します。
23.98fps / 24.00fps主に映画関連で使用します。

映像記録方式/圧縮方式
MJPG動画記録形式が[MOV]のときに選択できます。Motion JPEG形式で圧縮して記録されます。フレーム間の圧縮を行わず、1フレーム単位で圧縮して記録するため、圧縮率が低くなります。また、4K画質で画像サイズも大きいため、ファイルサイズが大きくなります。
ALL-I(編集用 / I-only)動画記録形式が[MOV]のときに選択できます。1フレーム単位で圧縮して記録します。IPB(標準)よりもファイルサイズが大きくなりますが、撮影後の編集作業に適しています。
IPB(標準)複数のフレーム単位で効率的に圧縮して記録します。ALL-I(編集用)よりもファイルサイズが小さくなるため、(同じ容量のカードであれば)撮影できる時間が長くなります。
IPB(軽量)動画記録形式が[MP4]のときに選択できます。IPB(標準)よりもビットレートを低く抑えて記録するため、IPB(標準)よりもファイルサイズが小さく、再生互換性が高くなります。(同じ容量のカードであれば)4つの方式の中で撮影できる時間が最も長くなります。

重要
  • 動画を撮影するときは、動画記録画質に適応する性能(書き込み/読み取り速度)を備えた、大容量のカードを使用してください。使用できるカードについては、「 使用可能なメモリーカードの種類は? (EOS 5D_Mark IV) 」をご参照ください。
  • 4K動画撮影を行うときは、撮影前にカードを初期化してください。
  • 動画撮影時に書き込み速度が遅いカードを使用すると、動画が正常に記録できないことがあります。また、動画再生時に読み取り速度が遅いカードを使用すると、動画が正常に再生できないことがあります。
  • 正常に動画が記録できないときは、カードを初期化してから使用してください。なお、カードを初期化しても問題が改善しないときは、カードメーカーのホームページなどもあわせてご確認ください。
  • このカメラはSDHC/SDXC カードの高速転送規格であるUHS-II には対応していません(UHS-Iに対応)。UHS-II対応のカードを使用したときは、UHS-Iによる高速転送ができないことがあります(カード側の仕様による)。
  • カードの性能を発揮させるため、動画撮影を行う前にカメラでカードを初期化することをおすすめします。
  • カードの書き込み / 読み取り速度については、カードメーカーのホームページなどで確認してください。
  • カメラ内部の温度上昇により、上記の表に示した時間よりも早く動画撮影が終了することがあります。
メモ
<ファイルサイズが 4GB を超える動画撮影について>
1回の撮影でファイルサイズが4GBを超える場合でも、一時中断することなく、動画撮影を続けることができます。
  • このカメラで初期化した「128GBまでのCFカード」「SD/SDHCカード」使用時
容量が128GBまでのCFカード、またはSD/SDHCカードをこのカメラで初期化すると、FAT32形式でフォーマットされます。
FAT32形式でフォーマットされたカードを使用したときは、動画撮影を開始してファイルサイズが4GBを超えると、新しい動画ファイルが自動的に作成されます。
なお、再生時は動画ファイルごとの再生になります。動画ファイルを自動で連続再生することはできません。再生が終わったら、続きのファイルを選んで再生してください。
  • このカメラで初期化した「128GBを超えるCFカード」「SDXCカード」使用時
容量が128GBを超えるCFカード、またはSDXCカードをこのカメラで初期化すると、exFAT形式でフォーマットされます。
exFAT形式でフォーマットされたカードを使用したときは、1回の撮影でファイルサイズが4GBを超える場合でも、(ファイルが分割されず)1つの動画ファイルに記録されます(4GBを超える動画ファイルが作成されます)。
<撮影時間の制限について>
  • ハイフレームレート以外の動画撮影時
1回に撮影できる時間は最長29分59秒です。29分59秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。< > ボタンを押すと、動画撮影を再開することができます(新規ファイルとして記録されます)。
  • ハイフレームレート動画撮影時
1回に撮影できる時間は最長7分29秒です。7分29秒に達した時点で動画撮影が自動的に終了します。< > ボタンを押すと、ハイフレームレート動画撮影を再開することができます(新規ファイルとして記録されます)。
<4K動画撮影について>
  • 4K動画を撮影するには高性能なカードが必要です。
  • 4K動画撮影時やハイフレームレート動画撮影時は、処理負荷が高いため、通常の動画撮影時に比べカメラ内部の温度が早く上昇したり、より温度が高くなることがあります。動画撮影時に赤い[ ] が表示されたときは、カードが熱くなっていることがあるため、動画撮影を休止して、しばらく経ってからカードを取り出してください(すぐにカードを取り出さないでください)。
  • 4K画質で撮影した動画から任意のフレームを選んで、約880万画素(4096×2160)のJPEG画像(静止画)としてカードに保存することができます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 5D Mark IV

 

[TOP▲]
このページのトップへ