露出を自動的に変えて撮る / AEB撮影の設定方法(EOS 5D Mark IV)



露出を自動的に変えて撮る / AEB撮影の設定方法(EOS 5D Mark IV)
更新日 : 2016年9月9日
文書番号 : Q000089185



操作方法

お使いのカメラでは、1/3 段ステップ ±3 段の範囲で、自動的にシャッター速度、または絞り数値を変えながら 3 枚の画像を撮影することができます。これを「AEB撮影」といいます。
*AEBはAuto Exposure Bracketing(オートエクスポージャーブラケティング) の略です。

1.カメラの電源を入れます。
  • カメラの電源スイッチを <ON> にします。

2. 撮影モードを選びます。
  • モードダイヤルを回して<P><TV><Av><M>に合わせます。
ロック解除ボタンを押す
モードダイヤルを回す

3.[露出補正/AEB設定]を選びます。
  • <MENU> ボタンを押してメニューを表示します。

  • <> ボタンを押し、<> を回して [ ] タブを選びます。

  • <> を回して [ 露出補正 / AEB設定 ] を選び、<> を押します。

4. AEBレベルを設定します。
  • <> を回してAEBレベルを設定します。
  • <> を回すと露出補正量を設定することができます。
AEBレベル
露出補正量

  • <> を押します。
  • メニューを終了すると、表示パネルにAEBレベルが表示されます。

5. 撮影します。
  • 設定しているドライブモードに従って、標準露出->マイナス補正->プラス補正の順に撮影されます。
  • AEB撮影は自動解除されません。解除するときは、手順4の操作でAEBレベルの表示を消します。
標準露出マイナス補正プラス補正

メモ
  • AEB撮影中は、ファインダー内の [ ] が点滅します。
  • ドライブモードが [ ] [ ] のときは、3回撮影してください。[ ][ ][ ] のときは、シャッターボタンを全押ししたままにすると、3枚連続撮影して自動的に停止します。[ ][ ] のときは、10秒後または2秒後に3枚連続撮影されます。
  • 露出補正と組み合わせて、AEB撮影を行うこともできます。
  • AEBレベルが±3段を超えるときは、露出レベル表示の端が [ ] または [ ] の表示になります。
  • ストロボ使用時、バルブ撮影時、およびマルチショットノイズ低減機能、HDRモード設定時は、AEB撮影できません。
  • 電源スイッチ< OFF >、ストロボ充電完了で、AEB設定が自動解除されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 5D Mark IV

 

[TOP▲]
このページのトップへ