Digital Photo Professional Ver.4.5〜でDPRAW画像の被写体の奥行き情報に基づく解像感の微調整をする方法



Digital Photo Professional Ver.4.5〜でDPRAW画像の被写体の奥行き情報に基づく解像感の微調整をする方法
更新日 : 2016年9月9日
文書番号 : Q000089201



操作方法



1.メイン画面またはセレクト編集画面で、調整をかけたいDPRAW 画像を選び、メニューの[ツール]から、[デュアルピクセルRAW オプティマイザを起動]を選択します。

2.[デュアルピクセルRAW オプティマイザ]画面が表示されます。

3.[解像感補正]のチェックボックスにチェックを入れます。
  • スライダーで奥行き情報に基づく解像感と強さの調整を行います。

4.[OK]をクリックします。
  • 調整結果が画像に反映されます。
重要
  • 被写体の輪郭やボケ具合が不自然になる場合や、ノイズの増加、色合いや明るさの変化が著しい場合は、調整量を弱めてください。
  • 「カメラの撮影視点の微調整」、「ゴーストの低減」の各機能と同時に使用することはできません。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 5D Mark IV

 

[TOP▲]
このページのトップへ