ZoomBrowser EX Ver5の主な変更点



ZoomBrowser EX Ver5の主な変更点
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000008967



詳細情報:
  1. ZoomBrowser EX Ver5.8b(新規に追加された主な機能)
  2. ZoomBrowser EX Ver5.8a(新規に追加された主な機能)
  3. ZoomBrowser EX Ver5.7.0(新規に追加された主な機能)
  4. ZoomBrowser EX Ver5.6.0c(新規に追加された主な機能)
  5. ZoomBrowser EX Ver5.6.0c(変更された機能)
  6. ZoomBrowser EX Ver5.6.0c(修正項目)
  7. ZoomBrowser EX Ver5.5(新規に追加された機能)
  8. ZoomBrowser EX Ver5.5(改善された主な機能)
  9. ZoomBrowser EX Ver5.2.1(画像の表示/取り込み機能の改善)
  10. ZoomBrowser EX Ver5.2.1(RAW現像に関する対応機種の追加)
  11. ZoomBrowser EX Ver5.2.1(動画編集機能の改善)
  12. ZoomBrowser EX Ver5.2.1(その他の修正)
  13. ZoomBrowser EX Ver5.0(CameraWindowの機能アップ)
  14. ZoomBrowser EX Ver5.0(画像の表示に関する改善・機能アップ)
  15. ZoomBrowser EX Ver5.0(ビューアーの機能アップ)
  16. ZoomBrowser EX Ver5.0(タスクの整理・機能アップ)

ZoomBrowser EX Ver5.8b(新規に追加された主な機能)
新ピクチャースタイルファイルに対応しました。
  新しいピクチャースタイルファイル(.pf2)へ対応しました。
従来使用していた「*.pse」というファイルから「*.pf2」に変更になりました。
お手数ですが、ファイルをあらためてダウンロードしてご使用ください。
ファイルの効果は以前のものと変更ありません。
(ピクチャースタイルファイルは、こちらからダウンロードできます)
対応機種の追加
  EOS-1D Mark IIIに対応しました。
RAW Image TaskでRAW画像を現像した画像ファイルを保存できない場合がある件を修正しました。
  Windows Vista環境において、ZoomBrowser EXのRAW現像ユーティリティー「RAW Image Task」でRAW画像を現像した画像ファイルの保存先にUserフォルダ以外を設定すると、[保存]ボタンをクリックできない件を修正しました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.8a(新規に追加された主な機能)
Windows Vistaに対応しました。
  サポートOSにWindos Vistaを追加しました。
また、本バージョンより、Windows 98SE及びWindows Meのサポートを終了しております。
Windows Vistaでのインストール方式を変更しました。
  Windows Vistaではインストール時に製品付属のCD-ROM(*)をパソコンにセットすることで、Windows Vistaに対応していない旧バージョンのソフトウェアをインストールせずに、この最新版のソフトウェアをインストールすることができます。
(*)製品付属のCD-ROMは以下のいずれかのソフトウェアが収録されているものを指します。
・ZoomBrowser EX
・Digital Photo Professional
・EOS Viewer Utility
IXY DIGITAL WIRELESS の無線接続をInternet Explorer7環境のWindows XPに対応しました。
  Internet Explorer 7がインストールされたWindows XP(SP2)とIXY DIGITAL WIRELESSとの無線接続に対応しました。(Windows Vistaには非対応)
CANON iMAGE GATEWAYに画像がアップロードできない場合がある件を修正しました。
  日本語環境のパソコンにおいて、Windowsログイン名に濁点または半濁点が含まれる場合、CANON iMAGE GATEWAYに画像をアップロードできない場合がある件を修正しました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.7.0(新規に追加された主な機能)
マイカテゴリーに対応しました。
  IXY DIGITAL 1000、IXY DIGITAL 900 IS、IXY DIGITAL L4、PowerShot G7では、画像をカテゴリーに分類できる「マイカテゴリー」機能が搭載されています。
(2006年9月現在、「マイカテゴリー」機能を搭載しているデジタルカメラは上記の4機種です。)
ZoomBrowser EXでは、画像のカテゴリーを表示する機能、およびカテゴリーを選択することによって任意のカテゴリーの画像を表示する機能を搭載しました。
縦動画のサポート
  IXY DIGITAL 1000、IXY DIGITAL 900 IS、IXY DIGITAL L4、PowerShot G7では 動画の縦横自動回転再生に対応していますが、その動画をZoomBrowser EXで正しい向きで表示/再生する機能を搭載しました。
(2006年9月現在、「動画の縦横自動回転再生」機能を搭載しているデジタルカメラは上記の4機種です。)
取り込んだ画像をまとめて表示する機能を追加しました。
  CameraWindowを使ってカメラからパソコンに取り込んだ画像をまとめて表示する機能を搭載しました。従来のフォルダーごとの画像の閲覧と比べて、取り込み後の画像が活用しやすくなりました。
対応機種の追加
  EOS Kiss Digital Xに対応しました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.6.0c(新規に追加された主な機能)
PowerShot(*)で撮影したRAW画像に対応しました。
  PowerShot G1/G2/G3/G5/G6、PowerShot S30/S40/S45/S50/S60/S70、PowerShot Pro1/Pro90 ISのRAW画像に対応します。
(*) PowerShot G1/G2/G3/G5、PowerShot S30/S40/S45/S50、PowerShot Pro90 IS
これらのRAW画像は従来File Viewer Utilityの対象機種でしたが、RAW Image Taskでも現像できるようになりました。
EOS 30Dで撮影したRAW画像に対応しました。
  EOS-1Ds MarkII、EOS-1Ds、EOS-1D MarkII N、EOS-1D MarkII、EOS-1D、EOS 5D、EOS 30D、EOS 20D、EOS 20Da、EOS 10D、EOS D60、EOS D30、EOS Kiss Digital N、EOS Kiss DigitalのRAW画像に対応します。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.6.0c(変更された機能)
カメラ接続用のボタンをコンパクトデジタルカメラ(IXY DIGITAL、PowerShot)用とデジタル一眼レフカメラ(EOS DIGITAL)用とを別々にしました。
また、メモリーカード接続用のボタンも別にしました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.6.0c(修正項目)
EOS 5D、EOS-1D Mark II NのRAW画像をRAW Image Taskを使用して現像した際、まれに彩度が極端に低下する障害を修正しました。
アップデート時にインストーラーが停止し、アップデートできない場合がある障害を修正しました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.5(新規に追加された機能)
1枚印刷・インデックス印刷機能を新規に搭載し、すばやく簡単に印刷できるようにしました。
  1枚印刷では撮影日を簡単に追加、インデックス印刷では撮影情報の印刷項目を任意に設定できます。
SELPHYまたはキヤノンインクジェットプリンター(BJシリーズ、PIXUSシリーズ)をお使いの場合には、
従来通りにEasy-PhotoPrintを使って印刷できます。
動画から静止画を取り出して保存する機能を追加しました。
  Windows XPでお使いの場合のみ利用できます。
画像の編集でよく利用される編集機能を追加しました。
  追加された編集機能:
1. レベル補正
2. トーンカーブ調整
3. シャープネス調整(アンシャープマスクを含む)
4. 自動補正
5. 文字挿入
ブラウズエリアの配色を変更できるようにしました。
  環境設定でテーマを選択することでブラウズエリアの配色を変更できます。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.5(改善された主な機能)
スクロールモードのフォルダデザインと操作性を改善しました。
  フォルダ構成や代表画像の表示、およびコピー/ 移動中の表示をわかりやすくしました。
  フォルダの開閉ボタンを追加して使いやすくしました。
カメラからPCへの画像の取り込みを、さらに高速化しました。
  USBケーブルを使用した画像の取り込みにおいて、USB 2.0 Hi-Speedに対応したカメラでの画像の取り込みを高速化しましたが、ソフトウェアの最適化を追求して、さらなる高速化を実現しました。
  画像の取り込みの進捗状況をわかりやすくするために、取り込み中の画像を表示するようにしました。
  画像が取り込まれた場所が簡単にわかるように、取り込みされたフォルダに印をつけて、フォルダ名を太字で表示するようにしました。
撮影情報を見やすく、より確認しやすくしました。
  撮影情報を表形式にして、見やすくしました。
  画像を拡大表示したときや、RAW画像を現像するときに、画像と一緒に撮影情報を表示できるようにしました。
(画像の拡大表示では、画像を並べて表示する機能と組み合わせることで、露出などの撮影情報を簡単に比較できます。)
ファイルのコピーと移動の処理を高速化しました。
画像の回転に関する仕様を変更しました。
  カメラを縦位置にして撮影した画像を取り込んでも、画像データ自体は回転させずに、画面での表示のみを回転させるようにしました。
(初期設定ではこのような仕様ですが、以前のバージョンと同じように画像自体を回転する仕様に設定変更することができます。)
  過去のバージョンからアップデートした場合には、今までお使いいただいていた回転の設定が引き継がれます。
インターネットタスクのCANON iMAGE GATEWAYに関連する画面のデザイン、操作性を改善しました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.2.1(画像の表示/取り込み機能の改善)

EOS DIGITALで撮影した画像のAFフレームが表示できるようになりました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.2.1(RAW現像に関する対応機種の追加)

EOS DIGITALで撮影したRAW画像の現像に対応しました。

  • EOS-1Ds MarkII
  • EOS-1Ds
  • EOS-1D MarkII
  • EOS-1D
  • EOS 20D
  • EOS 10D
  • EOS Kiss Digital N
  • EOS Kiss Digital
  • EOS D60
  • EOS D30
戻る

ZoomBrowser EX Ver5.2.1(動画編集機能の改善)
デジタルカメラ、またはデジタルビデオカメラで撮影された動画(Motion JPEG形式のAVIファイル)を編集する機能で、編集した動画を最適な形式で保存するオプション[おまかせ]を追加しました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.2.1(その他の修正)
以下の障害について、修正しました。
  • ZoomBrowser EX Ver5.1/5.2.0において、カメラからパソコンに画像を取り込む場合に[JPEG画像のコピーを作って回転する]の設定が効かない障害を修正しました。
  • ZoomBrowser EX Ver5.0において、画像の編集時にトリミング(クロップ)できなくなる場合がある障害を修正しました。

 

戻る

ZoomBrowser EX Ver5.0(CameraWindowの機能アップ)
PCに接続したときに表示されるCameraWindowのデザインをわかりやすく変更し、またその機能も向上しました。
  • カメラ内の画像を撮影情報と一緒に大きく表示するようにしました。またカメラ内の画像とコンピュータ内の画像を同時に表示できるようになりました。
  • 自動取り込みの設定で、カメラ内の画像を年や月のフォルダに自動的に仕分けして取り込むオプションを追加しました。
  • カメラをUSBケーブルでPCに接続すると「CameraWindow」が自動的に起動します。
    カメラに関連する機能(マイカメラの設定やリモート撮影など)はこのCameraWindow全てこのCameraWindowから実行できるようになりました。
戻る

ZoomBrowser EX Ver5.0(画像の表示に関する改善・機能アップ)
画像を閲覧する際の操作性を改善し、また画像を整理するのに便利な機能を追加しました。
  • 画像に★マークで三段階のお気に入り度を設定し、お気に入りの画像だけを表示して印刷などを行えるようになりました。(お気に入り度によるフィルター表示機能。)
  • 各画像のお気に入り度の初期設定値は★2つで、★1つか★3つに変更することができ、サムネイルの下に表示することができます。(以前のバージョンでは、各画像にお気に入りかそうでないかの2段階を設定し検索キーとして使用できるだけでした。)
  • お気に入り度は次の場所で設定することができます。:プレビューモード、プロパティウィンドウ、Viewer、スライドショー、メニューとコンテキストメニュー(右クリックメニュー)
  • ズームモードでは、拡大・縮小のスライダーバーで表示しているフォルダ全体をそのまま拡大表示できるようになりました。
  • スクロールモードでは複数のサブフォルダを展開して中の画像を同時に表示したり選択したりできるようになりました。(サブフォルダの階層数はデフォルトで2つ、最大5つまでで、これを0に設定するとバージョン4と同様の表示になります。)またサブフォルダが閉じられている場合はサブフォルダ内の画像を5つまで表示します。)
  • プレビューモードでは、情報表示エリアの表示/非表示を切り替えられるようになりました。また個々の情報項目も個別に表示/非表示を切り替えられるようになりました。
  • 一度参照したフォルダを簡単に再参照できるように「戻る・進む」ボタンを追加しました。
  • 小さく表示されたフォルダや画像にマウスポインタを合わせるとその情報をポップアップ画面で大きく表示する機能を追加しました。(画像やフォルダがたくさん存在するときに便利な機能。)
  • 画像と同時に表示される情報を増やしました。(コメント、撮影日、お気に入り度、ファイルタイプ。表示/非表示を切り替え可能。)
  • サムネイルの並び替えに撮影日順とお気に入り度順を追加しました。また昇順と降順に並べ替えられるようになりました。
  • ネットワークドライブ内の画像を表示できるようになりました。(ただし読取専用フォルダとして表示。)
  • 画像の選択方法の初期設定をWindows標準にしました。(バージョン4と同じクリックごとの画像選択に戻すことも可能。)
戻る

ZoomBrowser EX Ver5.0(ビューアーの機能アップ)
ビューアー機能を大幅に強化しました。
  • 高解像度の画像でも高速に開き、最適な表示倍率で表示します。
  • ビューアーに「戻る・進む」ボタンが追加され、フォルダ内の画像または選択された画像を高速に表示することができます。
  • 拡大縮小ボタンやハンドツールボタンが追加され、見たい部分を効率よく見ることができます。
  • ツールバーのボタンでウィンドウサイズに合わせた表示や全画面表示が簡単に行えます。
  • 画像の編集機能にRGB調整と赤目補正を追加しました。
  • 画像の比較表示機能が追加されました。2枚から4枚の画像を並べて表示し、比較することができます。特に「連動」ボタンを使うと、複数の画像を同じ倍率で拡大し、同じ部分を表示することが簡単にできますので、お気に入りの画像を選ぶときに便利です。
戻る

ZoomBrowser EX Ver5.0(タスクの整理・機能アップ)
タスクの種類・機能が整理されました。また一部のタスクでは機能が強化されています。
  • タスクに「表示/整理」を設けました。例えば既にPCに取り込んである画像も、撮影日ごとにフォルダに整理しなおすことができます。(ただし撮影日情報を持たない画像は対象外。)
  • 動画を編集するタスクでは、動画の一部分を拡大表示した動画を作成でき、また縦位置で撮影した動画を回転することができます。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1Ds MarkII / EOS-1Ds / EOS-1D MarkIII / EOS-1D MarkII N / EOS-1D MarkII / EOS-1D / EOS 5D / EOS 30D / EOS 20D / EOS 20Da / EOS 10D / EOS D60 / EOS D30 / EOS Kiss Digital X / EOS Kiss Digital N / EOS Kiss Digital

 

[TOP▲]
このページのトップへ