Windows 8 でカメラが検出されない場合の対処方法(EOS M10 / EOS M5)



Windows 8 でカメラが検出されない場合の対処方法(EOS M10 / EOS M5)
更新日 : 2016年11月25日
文書番号 : Q000090121



対処方法

Windows 8 で、カメラが正しく認識されない場合、次の方法を順にご確認下さい。
重要
  • カメラとパソコンを接続する際に、USB ケーブルを使用します。
  • カメラによっては、USB ケーブルは付属していません。
  • USB ケーブルをお持ちではない場合は、別売りの USB ケーブルをご用意ください。
  • カメラで使用できる USB ケーブルは、以下の 2 種類のいずれかになります。
 - カメラ側の端子が [ Mini-B ] の USB ケーブル ( IFC-400PCU )
 - カメラ側の端子が [ Micro-B ] の USB ケーブル ( IFC-600PCU )
*機種によって使用できるケーブルは異なります。お使いのカメラの使用説明書をご参照ください。
参考
ソフトウェアの EOS Utility がカメラを認識しない場合は、以下の項目をご確認ください。
  • お使いのカメラやパソコンのOSによって、対応しているソフトウェアのバージョンは異なります。
  • カメラやパソコンを替えた場合は、それに対応したバージョンのEOS Utilityをインスト−ルしてください。なお、キヤノンのホームページでは、お使いのカメラとOSに適したEOS Utilityアップデーターをダウンロードできます。
メモ
メモリーカード内に大量の画像(約1000画像以上)があると、正しく取り込めないことがあります。その場合は、カードリーダー(市販品)をお使いください。



2. [ハードウェアとサウンド]をクリックします。

3. [デバイスマネージャー]をクリックします。

4. [ポータブルデバイス]をダブルクリックします。

5. お使いのカメラの機種名をクリックし、[ ](削除)をクリックします。

6. [OK]をクリックします

7. [ ](ハードウェアの変更スキャン)をクリックします。

8. カメラが検出されると以下のような画面が表示されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS M5 / EOS M10

 

[TOP▲]
このページのトップへ