カメラ本体でピクチャースタイルを選択する方法 (EOS 6D Mark II)



カメラ本体でピクチャースタイルを選択する方法 (EOS 6D Mark II)
更新日 : 2017年7月14日
文書番号 : Q000091733



ピクチャースタイル画像の特性
オート撮影シーンに応じて、色あいが自動調整されます。特に自然や屋外シーン、夕景シーンでは、青空、緑、夕景が色鮮やかな写真になります。
スタンダード鮮やかで、くっきりした写真になります。通常はこの設定でほとんどのシーンに対応できます。
ポートレート肌色がきれいで、ややくっきりした写真になります。人物をアップで写すときに効果的です。[ 色あい ] を変えると、肌色を調整することができます。
風景青空や緑の色が鮮やかで、とてもくっきりした写真になります。印象的な風景を写すときに効果的です。
ディテール重視被写体の細部の輪郭や繊細な質感の描写に適しています。やや鮮やかな写真になります。
ニュートラルパソコンでの画像処理に適した設定です。自然な色あいで、メリハリの少ない控えめな写真になります。
忠実設定パソコンでの画像処理に適した設定です。5200K ( 色温度 ) 程度の太陽光下で撮影した写真が、測色的に被写体の色とほぼ同じになるように色調整されます。メリハリの少ない控えめな写真になります。
モノクロ白黒写真になります。
ユーザー設定1〜3[ ポートレート ] や [ 風景 ]、ピクチャースタイルファイルなどの基本スタイルを登録し、好みにあわせて調整することができます。登録されていないときは、[ オート ] の初期設定と同じ特性で撮影されます。

たとえば、人物を撮影するときは「ポートレート」、空と緑の濃い木々を撮影するときは「風景」など、撮影前に表現したい内容に適した項目を選択しておけば、その特性を持った画像として記録されるので、後からレタッチソフトウェアで編集する必要がありません。
また、レタッチソフトウェアで保存し直す際に起こる画質の劣化を防ぐことができます。

メモ
  • かんたん撮影ゾーンのときは、[ ] ( オート ) に自動設定されます。
  • [ オート ] で好みの色あいにならなかったときは、他のスタイルに変更して撮影してください。
  • [ モノクロ ] 設定時に、ファインダー内と表示パネルに < > を表示することができます。
注意
[ モノクロ ] に設定したまま、カラー写真のつもりで撮り続けないように注意してください。JPEG画質で撮影したモノクロ画像を、カラー写真に戻すことはできません。


1. カメラの電源スイッチを < ON > にします。

2. < MENU > ボタンを押して、メニューを表示します。

3. < > ボタンを押して、[ ] タブを選びます。

4. [ ] タブの [ ピクチャースタイル ] を選び、< > を押します。
スタイル選択画面が表示されます。

5. スタイルを選び < > を押すと、スタイルが設定されます。

以上で、ピクチャースタイルの項目の設定は完了です。

ピクチャースタイルの調整方法や、ピクチャースタイルファイルの登録については、関連情報をご参照ください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 6D Mark II

 

[TOP▲]
このページのトップへ