フォーカスロック撮影の方法 (EOS 6D Mark II)



フォーカスロック撮影の方法 (EOS 6D Mark II)
更新日 : 2017年7月14日
文書番号 : Q000091736



ワンショットAFでピントを合わせたあと、ピントを固定したまま構図を変えて撮影する方法を「フォーカスロック撮影」といいます。被写体が画面の端にあり、エリアAFフレームに入らないときなどに有効です。



2. カメラの電源スイッチを < ON > にします。

3. モードダイヤルを応用撮影ゾーンにします。
  • ダイヤル中央のロック解除ボタンを押しながら回します。
: ロック解除ボタンを押す
: モードダイヤルを回す

4. < AF > ボタンを押します。

5. 表示パネルまたはファインダー内を見ながら、< > または < > を回して、ONE SHOT : ワンショットAFを選びます。
 

6. シャッターボタンを半押しすると、1回だけピント合わせを行います。

  • 被写体にピントが合うと、ピント合わせを行ったAFフレームが表示され、ファインダー内に合焦マーク < > が点灯します。
  • カメラが初期状態で、測光モードが評価測光のときは、ピントが合うと同時に露出値が決まります。

7. シャッターボタンを半押ししている間、ピントが固定され、構図を変えて撮影することができます。

8. シャッターボタンを全押しして撮影します。
メモ
フォーカスロックした後、被写体とカメラの距離が変わると、ピントが合わないことがあります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS 6D Mark II

 

[TOP▲]
このページのトップへ