撮影データの処理中にCFカードを抜こうとした、あるいはCFカード自体に問題があると思われるような場合に発生するエラーの対処方法について



撮影データの処理中にCFカードを抜こうとした、あるいはCFカード自体に問題があると思われるような場合に発生するエラーの対処方法について
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000009293



■ 概要

カメラ本体に「Err xx」エラーが表示される。

 

■ 対処法

カメラに異常が発生すると、「Err xx」エラーが表示されます。
その際は、一度カメラの電源を入れ直して、再び撮影または画像を再生してください。

なお、以下の様な場合には、「Err 50」「Err 51」エラーが発生することがあります。

  • 撮影データの処理中(液晶モニターに「処理中...」と表示されている場合)にCFカードを抜こうとした場合
  • CFカード自体に問題があると思われるような場合
  • CFカードのフォーマットに失敗した場合

これらのエラーが表示された場合には、以下の操作をお試しください。

  1. 他のCFカードを使用してみる
    他のCFカードをお持ちであれば、それらのCFカードをカメラに装着した場合の動作をご確認ください。
    他のCFカードで、エラーが表示されない場合は、カメラ本体側の故障ではなく、CFカード側の問題であると推測されます。

  2. パソコン上で、CFカードをスキャンディスクしてみる
    現象が発生しているCFカードをパソコン上のスキャンディスクで、破損またはエラーが無いかをご確認ください。
    なお、スキャンディスクを行う際のチェック方法は、[標準]ではなく、[完全]を選択してください。

    以下、ご参考までにWindows 95/98/Me環境でのスキャンディスク方法をご案内します。
    スキャンディスクの詳細につきましては、Windowsのヘルプをご参照ください。

    1. CFカード内のデータをパソコンに保存し、データのバックアップを行なってください。
    2. デスクトップ上の[マイコンピュータ]を開きます。
    3. CFカードのディスクとして認識されているドライブを右クリックして[プロパティ]を選択します。
    4. [ツール]タブをクリックします。
    5. [エラーチェックの履歴][チェックする]を選択します。
      (Windows Meの場合は、[エラーチェックの状況][チェックする]を選択します。)
    6. [エラーチェックをするドライブ]にて、CFカードのドライブを選択します。
    7. [チェック方法]にて、[完全]を選択し、[開始]ボタンをクリックします。

    パソコンのスキャンディスクで破損やエラーが発生した場合は、CFカード自体に何らかの問題があります。
    以降、スキャンディスクでのメッセージに従い、その対処を行なってください。

  3. カメラ側で、CFカードを初期化してみる
    カメラ側で、CFカードの初期化を行なってください。
    初期化後、再度上記「2.」の方法で、スキャンディスクを行い、CFカードの状態をご確認ください。
    パソコンのスキャンディスクで破損やエラーが発生した場合は、CFカード自体に何らかの問題があります。

 

カメラの電源を入れ直し、上記「1.」〜「3.」の操作をお試しいただいてもエラーが回避されない場合には、カメラ本体の故障が考えられます。
「Err xx」の数値を控えて、カメラをご購入いただいたご販売店、もしくはお近くの弊社修理窓口へご相談ください。

また、撮影直後にエラーが表示されたときは、撮影されていない場合がありますので、再生ボタンを押して、画像をご確認ください。


戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

EOS-1Ds / EOS-1D MarkII / EOS-1D / EOS 10D / EOS D60 / EOS D30 / EOS Kiss Digital

 

[TOP▲]
このページのトップへ