電話がかからない(CF-D1CL)



電話がかからない(CF-D1CL)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000006623



■ 概要

D1CLの親機の接続が正しくされていなかったり、ISDN回線の極性が違ったり、DSUが切り離されていたりすると、「カイセンショウカ゛イ レイヤ1 ダウン」とエラーメッセージが表示され、電話がかかりません。

■ 原因

ISDN回線は、2線でつながりますが、電気的にプラスとマイナスが決まっています。D1CLの親機のISDN回線が正しく接続されていなかったり、正しく接続されていても、D1CL本体モジュラージャックの接点と違う時、回線障害が発生し、「カイセンショウカ゛イ レイヤ1 ダウン」とエラーメッセージが表示されます。

■対処

以下の項目をご確認下さい。

 

 



詳細情報:
  1. 電話機コードが正しく接続されていますか?
  2. ISDN回線の極性が逆になっていませんか?
  3. DSUが切り離されていませんか?
  4. 上記の点を確認しても改善されないとき

【詳細1】電話機コードが正しく接続されていますか?

電話機コードの端を親機の「回線」モジュラージャックに必ずツメが下になるように差し込み、反対側を電話線コンセントに「カチッ」と音がするまで差し込みます。この作業は、電源コードを抜いた状態で行って下さい。

I036034953097.gif (8598 バイト)

 

戻る

【詳細2】ISDN回線の極性が逆になっていませんか?

ボールペンの先などで、D1CL本体の極性反転スイッチをRVS 側へ切り換えてください。RVS 側になっている場合は、NOR 側に切り換えてください。

I036034952435.gif (1787 バイト)

※ 工具のドライバを使用すると、強い力が加わりスイッチが折れる場合があります。万一、折れてしまったときは、コンパスの針などを押し付けて動かすと、切り換えることができます。

戻る

【詳細3】DSUが切り離されていませんか?

DSUが切り離されていると、回線障害が発生します。DSUスイッチをONに切り換えて下さい。

戻る

【詳細4】上記の点を確認しても改善されないとき

ノイズなどで、回線との同期が外れている場合可能性があります。電源プラグを電源コンセントから抜いたあと、5秒おいてから差し込んで下さい。

なお、電源プラグの抜き差しを行っても、改善されない場合には、メンテナンスをご依頼ください。詳しくは、関連情報をご参照ください。

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

ファクスホン CF-D1CL

 

[TOP▲]
このページのトップへ