コピー元の原稿と色味が違う場合の確認事項(CF-H3CL/H7CL/H20CL/H30CL/H31CL/H50CL/H55CL)



コピー元の原稿と色味が違う場合の確認事項(CF-H3CL/H7CL/H20CL/H30CL/H31CL/H50CL/H55CL)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000006675



詳細情報:
  1. 原稿読み取り部の清掃をする
  2. 濃度を調整する
  3. 色味を調整する

【詳細1】原稿読み取り部の清掃をする

原稿読み取り部が汚れていると、原稿をきれいに読み取ることができず、ファクス送信やコピー時の画像劣化の原因となります。定期的に、原稿読み取り部の清掃を行うことをお勧め致します。

なお、清掃の際は、下記イラストの原稿読み取り部の2箇所を水を含ませた固くしぼった布で拭いた後、乾いた布でから拭きしてください。

I044135236734.gif (17388 バイト)

また、電源投入時には、スキャナーの白基準の調整を行います。原稿読み取り部の清掃の後、操作パネル部を閉じ電源の再投入を行ってください。

戻る

【詳細2】濃度を調整する

ファクスの送信画像や白黒コピー、カラーコピーの濃度をそれぞれ調整します。原稿の文字が薄いときなど、うまく送ったりコピーできないときに調整してください。お買い上げ時は「フツウ」に設定されています。
なお、次の操作方法は、CF-H30CLのものですが、他の機種も操作方法はほとんど変わりません。他の機種をお使いの際もご参考ください。

 

戻る

【詳細3】色味を調整する

赤色、青色、黄色、黒色の濃度をそれぞれ3段階で調整し、カラーコピーした色の原稿の色に近づけることができます。たとえば、コピーした画像が青みがかったようになるときは、青色の濃度を「ウスク」すれば青みが取れます。また、赤みがかったようになるときは、赤の濃度を「ウスク」すれば赤みが取れます。お買い上げ時はすべて「フツウ」に設定されています。
なお、次の操作方法は、CF-H30CLのものですが、他の機種も操作方法はほとんど変わりません。他の機種をお使いの際もご参考ください。

  • 原稿の読み取りは、光の3原色(レッド・グリーン・ブルー:RGB)で読み込みます。更にRGB光で読み込んだ画像を紙に印字する場合、インク吐出で表現できる領域は、CMY(インクの色:シアン・マゼンタ・イエロー)と、光の色表現をインクの色表現に変換するため、表現領域が狭まり、色味において十分な原色表現ができないことがあります。
戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

ファクスホン CF-H55CL / ファクスホン CF-H50CL / ファクスホン CF-H31CL / ファクスホン CF-H30CL / ファクスホン CF-H20CL / ファクスホン CF-H7CL / ファクスホン CF-H3CL2 / ファクスホン CF-H3CL

 

[TOP▲]
このページのトップへ