トールセーバーとは?(CF-Sシリーズ)



トールセーバーとは?(CF-Sシリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000006936



詳細情報:
  1. トールセーバーとは?(CF-Sシリーズ)

【詳細1】トールセーバーとは?(CF-Sシリーズ)

トールセーバーとは外から電話をかけて新しい用件が録音されているかどうかを呼び出し回数により判断ができる機能です(留守モード設定時のみ有効)。
初期設定ではトールセーバー「スル」に設定されており、新しいメッセージが入っている場合は2回入っていない場合は5回で留守番電話に切り替ります。3回ベルが鳴り留守に切り替らない場合は、新しいメッセージが入ってないことが分かります。つまり料金がかかる前に判断できるということです。

※トールセーバー「スル」に設定時の呼出回数は2回もしくは5回に固定で変更することはできません。トールセーバーを「シナイ」に設定時は呼出回数の変更は可能な機種もありますが、トールセーバーの機能は働きません。この時の呼出回数は「関連情報」の「呼出回数の変更について(留守モード)」を参考にして下さい。

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

FAXPHONE CF-S15 / FAXPHONE CF-S15W / FAXPHONE CF-S10/S10W / FAXPHONE CF-SL75 / FAXPHONE CF-SL75W / FAXPHONE CF-SL70 / FAXPHONE CF-SL55 / FAXPHONE CF-SL55W / FAXPHONE CF-SL50/SL50W

 

[TOP▲]
このページのトップへ