ロール紙をセットして印刷する(iPF610、iPF610 plus)



ロール紙をセットして印刷する(iPF610、iPF610 plus)
更新日 : 2014年7月11日
文書番号 : Q000037945



ロール紙をセットして印刷する(iPF610)

 

ここでは、ロール紙をセットしてから印刷するまでの基本的な操作を説明します。
ロール紙の種類や幅を変更、または新しいロール紙をセットして印刷する場合は以下の手順を行ってください。

 

<メモ>
  • 手差しトレイに用紙がセットされている場合は、事前に取り外してください。
  • バナー印刷など長いサイズの印刷を行う場合は、床にきれいな布または紙を敷きます。
    長いサイズの印刷を行うと、印刷後の用紙が床に触れて印刷面が汚れる可能性があります。
  • 印刷後にインクの乾燥を待って排紙する場合は、ロール紙を自動でカットせずに、手動でカットすることもできます。
1. プリンタの電源をオンにします。
2. 給紙元にロール紙を選択します。
3. ロールホルダーからホルダーストッパを取り外します。
4. 図のように、ロール紙の先端を手前に向けて、ロール紙を左側からロールホルダーに差し込みます。
ロール紙はロールホルダーのフランジ(a)に突き当たるまでしっかりと差し込みます。
5. 図のように、ホルダーストッパを左側からロールホルダーに差し込み、ホルダーストッパのフランジ(a)がロール紙に突き当たるまでしっかりと押し込みます。
6. 排紙延長トレイを押し込みます。
7. 図の位置(a)に指を入れて、排紙トレイ上の排紙アシストガイドが立ち上がった状態にします。
8. 図のように片手でロール紙ユニットカバーを開きます。
9. ロール紙の先端を上手前側に向け、ロールホルダーの軸をロールホルダースロットの左右のガイド溝(a)に合わせてセットします。
このとき、ガイド溝の色とロールホルダーの軸(b)の色が同じになるようにセットします。
10. ロール紙の先端を給紙口(a)に差し込み、給紙音がするまで送り込みます。
11. 用紙の種類と長さを設定します。
  ※ロール紙にバーコードが印刷されていて、ロール紙残量検知機能がオンの場合は、手順11は不要です。
バーコードから用紙の種類と残量が自動で検知されます。
12. ロール紙ユニットカバーを閉じます。
13. プリンタドライバで用紙の種類などを選択します。
14. 印刷を開始します。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF610 / iPF610 plus

 

[TOP▲]
このページのトップへ