Photoshop Plug-inの設定項目と機能(Macintosh OSX)



Photoshop Plug-inの設定項目と機能(Macintosh OSX)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000037967



Print Plug-Inウィンドウは、5つのシートから構成されており、各シートで印刷に関する設定を行うことができます。
ここでは、Print Plug-Inウィンドウを以下の部位に分けて説明します。

 

■全シート共通部分

以下の部分は、Print Plug-Inウィンドウの4つのシートに共通して表示されます。
基本設定

 

シート選択エリア

Print Plug-Inウィンドウ上で各シートを切り替えるためのタブが表示されています。
シート選択

 

プレビューエリア

設定した内容が画像にどのように反映されるのかを確認することができます。
基本

 

プレビュー表示

[プレビュー]で選択した表示方法で画像がプレビュー表示されます。

 

[プレビュー]

プレビュー表示の方法を選択します。
[プレビュー]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

設定項目 内容
[印刷範囲レイアウト] 設定した[出力用紙サイズ]に合わせたレイアウトで、印刷される範囲以外もあわせて表示します。
カーソルがアイコン表示のときに画像をドラッグすると、画像の印刷位置を変更できます。
[画像] 画像全体が表示されます。
カーソルがアイコン表示のときに画像をドラッグすると、印刷範囲を選択することができます。
カーソルがアイコン表示のときに、画像をクリックすると、選択が解除されます。
[ロール紙プレビュー] ロール紙に印刷するときのレイアウトで、上部に出力用紙サイズとロール紙情報もあわせて表示します。
[プレビュー]に [ロール紙プレビュー]を選択するときは、[給紙方法] で [ロール紙]を選択してください。

 

[指定した範囲を印刷する]

チェックマークを付けると、選択範囲だけが印刷されます。

<メモ>

  • [プレビュー]で[画像]を選択し、プレビュー表示で画像の一部を選択すると有効になります。

 

[プレビューでプルーフを行う]

チェックマークを付けると、プレビューに出力結果の色がシミュレーションして表示されます。

<メモ>

  • [出力プロファイル]で[自動(カラー)]を選択した場合は、一部のメディア、解像度、パス数に対して有効になります。
    また、[出力プロファイル]でICCプロファイルを選択した場合は、常に有効です。
  • ご使用の環境や条件などにより、シミュレーションの結果と、実際の印刷結果の色合いが異なる場合があります。
    また、[出力プロファイル]で、使用するプリンタやメディアに対応しないICCプロファイルを選択した場合、実際の印刷結果とは異なる色合いになります。

 

アイコン

ボタンを押すと、[画像のプロパティ」ダイアログボックスが表示され、Print Plug-Inに読み込んだ画像の画像サイズ、解像度、ビット数、色空間情報が表示されます。
[閉じる]ボタンを押すと、Print Plug-Inに戻ります。
プロパティ

 

ボタンエリア

[印刷]、[終了]、アイコンのボタンがあります。
ボタン

 

アイコン

ボタンを押すと、Print Plug-Inのヘルプが表示されます。

 

[終了]ボタン

ボタンを押すと、Print Plug-Inウィンドウを閉じ、アプリケーションに戻ります。

 

[印刷]ボタン

ボタンを押すと、印刷が開始されます。

 

■[基本設定]シート

プリンタの選択、用紙の種類設定や画像の品質など、基本的な設定を行います。
基本

 

[プリンタ]

プリンタの機種が表示されます。

設定項目 内容
[選択]ボタン ボタンを押すと、[プリンタの選択]ダイアログボックスが表示されます。
[プリンタの選択]ダイアログボックスでプリンタを選択して[OK]ボタンを押すと、Print Plug-Inに対応するプリンタを変更することができます。
[プリンタ]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[用紙の種類]

用紙の種類を選択します。

設定項目 内容
[詳細設定]ボタン ボタンを押すと、[用紙の詳細設定]ダイアログボックスが表示され、用紙の種類に対して[インク乾燥時間]や[ロール紙の安全余白]などを詳細に設定することができます。

<メモ>

  • 選択できる用紙の種類は、プリンタによって異なります。
  • 必ず実際にプリンタにセットされている用紙の種類を選択してください。
    プリンタにセットしている用紙と選択した用紙が異なると、正しい印刷結果が得られないことがあります。
  • [用紙の種類]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[プラグインへの入力解像度]

Print Plug-Inで処理する画像の解像度を選択します。
解像度には、以下の設定があります。

設定項目 内容
[精細300ppi] 精細な解像度で画像処理が行われます。印刷速度とメモリ容量の抑制に効果があります。
[高精細600ppi] より高精細な解像度で画像処理が行われます。最良の印刷結果が得られますが、[精細 300ppi]を選択した場合より印刷に時間がかかります。また、メモリ容量が多く必要になります。
[用紙の種類]で設定した内容によっては、表示されない場合があります。

<メモ>

  • [プラグインへの入力解像度]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[プラグインへの入力ビット数]

Print Plug-Inで処理するビット数を選択します。
入力ビット数には、以下の設定があります。

設定項目 内容
[高階調8bit] 8bit/チャンネル(24ビット)で画像処理が行われます。
[最高階調16bit] 16bit/チャンネル(48ビット)で画像処理が行われます。
[用紙の種類]と[プラグインへの入力解像度]で設定した内容によっては、表示されない場合があります。

<メモ>

  • [プラグインへの入力ビット数]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[プリンタの出力解像度とパス数]

印刷する出力解像度とパス数を選択します。
出力解像度とは、印刷画像を構成するインクの点の密度のことで、この値が大きいほど、滑らかな仕上がりになります。
パス数とは、1ラインの印刷に、プリントヘッドが往復する回数のことで、この値が大きいほど、画像ムラのない均一な仕上がりになります。

<メモ>

  • 選択できる設定は、設定した用紙の種類、プラグインへの入力解像度、プラグインへの入力ビット数によって異なります。
  • [プリンタの出力解像度とパス数]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[出力プロファイル]

出力プロファイルを選択します。
出力プロファイルには、以下の設定があります。

設定項目 内容
[自動(カラー)] 入力画像データの色空間情報(sRGB,Adobe RGB..)や、用紙の設定などから最適な色変換が行われます。
通常はこの設定を選択してください。
[自動(モノクロ写真)] 入力画像データの色空間情報(sRGB, Adobe RGB..)や、用紙の設定等から最適なモノクロへの変換を行います。
[なし(色補正しない)] プラグインで色変換を行いません。オリジナルのICCプロファイルを作成する場合に便利です。
[外部ICCプロファイル] OS標準のフォルダに保存されているICCプロファイルから、出力するプリンタのICCプロファイルを選択します。入力データの色空間情報と、選択したICCプロファイルを使用して色変換が行われます。

<メモ>

  • [出力プロファイル]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。
  • [自動(モノクロ写真)]は、対応する用紙の種類にのみ選択できます。

 

[マッチング方法]

色変換を行う際の処理方法を選択します。
マッチング方法には、以下の設定があります。

設定項目 内容
[知覚的] 自然な色合いや階調に変換されます。写真の色補正に適しています。
[彩度] 色の鮮やかさを重視して変換されます。写真やイラストの色合いが変わることがあります。
[相対的な色域を維持] 画像の色合いを重視して変換されます。写真やイラストの色補正に適しています。

<メモ>

  • [出力プロファイル] が、[自動(モノクロ写真)]および[なし(色補正しない)] の場合、選択することはできません。
  • [マッチング方法]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[部数]

印刷する部数を半角数字で入力します。

<メモ>

  • 入力できる数値は1〜99です。
  • [▲]ボタンまたは[▼]ボタンを押しても、数値を変更することができます。
  • [部数]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[環境設定]ボタン

ボタンを押すと、[環境設定]ダイアログボックスが表示され、シャープネスや画像拡大方法を設定することができます。
環境設定

設定項目 内容
[シャープネス] シャープネス(輪郭強調)の設定を行います。
[画像拡大方法] [ニアレストネイバー] 単純拡大を行います。
[バイリニア] 線形拡大を行います。
[バイキュービック] 周辺のピクセルの色調や明るさなどの要素を計算して、ピクセルを補完します。
[バックグラウンド印刷を行う] プラグインからの印刷をバックグラウンドで行います。
[印刷後にプラグインを閉じる] [印刷後にプラグインを閉じる]にチェックマークを付けると、印刷終了時にプラグインを終了します。ただし、キャンセルやエラーなどで印刷が正常に終了しなかった場合は、終了しません。

 

[標準に戻す]ボタン

ボタンを押すと、[基本設定]シートで設定した項目が初期値に戻ります。

 

■[ページ設定]シート

印刷する画像のサイズや用紙のサイズ、画像の拡大/縮小などについて設定します。
ページ設定

 

[入力画像サイズ]

Print Plug-Inに読み込んだ画像のサイズが表示されます。

 

[フチなし印刷]

チェックマークを付けると、[ロール紙幅の指定]ダイアログボックスが表示され、画像をフチなしで印刷するよう設定することができます。

<メモ>

  • [給紙方法]で[手差し]、または[手差し(余白3mm)]が設定されている場合は、選択できません。

 

[拡大/縮小印刷]

チェックマークを付けると、画像を拡大/縮小して印刷することができます。
画像を拡大/縮小する場合は拡大/縮小の方法を選択します。選択した方法に合わせて、[出力画像サイズ]にプリンタに送信される画像サイズが表示されます。
拡大/縮小印刷には、以下の設定があります。

設定項目 内容
[出力用紙サイズに合わせる] Print Plug-Inに読み込んだ画像が、出力する用紙サイズに合わせて、全体的に拡大/縮小されて印刷されます。
[ロール紙の幅に合わせる] Print Plug-Inに読み込んだ画像が、ロール紙の幅に合わせて、全体的に拡大/縮小されて印刷されます。
[給紙方法]で[手差し]、または[手差し(余白3mm)]が設定されている場合は、表示されません。
[倍率を指定する] Print Plug-Inに読み込んだ画像が指定した倍率で拡大/縮小されます。倍率を半角数字で入力してください。設定できる倍率は5〜600%です。
[▲]ボタンまたは[▼]ボタンを押しても、数値を変更することができます。

<メモ>

  • [フチなし印刷]にチェックマークが付いている場合は、表示されません。

 

[出力画像サイズ]

出力される画像サイズがミリ単位で小数点以下1桁まで表示されます。

<メモ>

  • [出力用紙サイズ]が [出力画像サイズ]よりも小さい場合、画像が一部欠けて印刷されます。

 

[出力用紙サイズ]

印刷する用紙のサイズを選択します。

<メモ>

  • 選択できる出力用紙サイズは、プリンタによって異なります。
  • [フチなし印刷]にチェックマークが付いている場合は、表示されません。
  • [拡大/縮小印刷]の[ロール紙の幅に合わせる]が設定されている場合は、表示されません。
  • [出力用紙サイズ]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[印刷の向き]

印刷の向きを選択します。
印刷の向きには、以下の設定があります。

設定項目 内容
[縦] 画像が用紙に対してそのまま印刷されます。
[横] 画像が用紙に対して90度回転して印刷されます。

 

[印刷レイアウト]

用紙に対する画像を印刷する位置を選択します。
印刷レイアウトには、以下の設定があります。

設定項目 内容
[印刷レイアウト]
[出力用紙サイズの左上] [出力用紙サイズ]に対して、有効な印刷領域の左上に合わせて画像を印刷します。
[出力用紙サイズの中央] 画像の中心が、選択した[出力用紙サイズ]の中心になるように印刷します。
[印刷開始位置を指定] [出力用紙サイズ]に対して、印刷領域の上端の開始位置と左端の開始位置を[上端から]と [左端から] に指定して印刷することができます。
  上端から 用紙の上からの余白を半角数字で入力します。
入力できる数値は、-9999〜9999mmです。
左端から 用紙の左からの余白を半角数字で入力します。
入力できる数値は、-9999〜9999mmです。
[ロール紙レイアウト]
[ロール紙幅の左上] 出力用紙サイズの左上が、選択したロール紙の左上にくるように印刷します。
[ロール紙幅の中央] 出力用紙サイズの中心が、選択したロール紙幅の中心にくるように印刷します。

<メモ>

  • [給紙方法]で [ロール紙]を、[プレビュー]で[ロール紙プレビュー]をそれぞれ選択しないと、[ロール紙レイアウト]を選ぶことはできません。
  • プレビュー表示上で画像をドラッグしても印刷する位置を指定することができます。
  • [フチなし印刷]にチェックマークが付いている場合は、表示されません。
  • [拡大/縮小印刷]で[ロール紙の幅に合わせる]が設定されている場合は、表示されません。
  • [拡大/縮小印刷]で[出力用紙サイズに合わせる]が設定されている場合は、表示されません。
  • [用紙の種類]や用紙の詳細設定およびプリンタ本体の設定によっては、[印刷レイアウト]の設定と、実際の印刷結果が異なる場合があります。

 

[給紙方法]

給紙方法を選択します。
給紙方法には、以下の設定があります。

設定項目 内容
[手差し] 手差しによる印刷の場合に選びます。
[手差し(余白3mm)] 手差しによる印刷で、用紙後端の余白を小さくしたい場合に選びます。
[ロール紙] ロール紙に印刷する場合に選びます。

<メモ>

  • [給紙方法]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。
  • [給紙方法]で[手差し(余白3mm)]を選択すると、用紙によっては画像の後端が乱れる場合があります。この場合は、他の給紙方法を選択してください。

 

[ロール紙オプション]ボタン

ボタンを押すと、[ロール紙オプション]ダイアログボックスが表示され、ロール紙の幅やオートカット設定などを設定することができます。

<メモ>

  • [給紙方法]で[手差し]、または[手差し(余白3mm)]が設定されている場合は、表示されません。

 

[ロール紙オプション]ダイアログボックス
ロール紙オプション

設定項目 内容
[ロール紙幅] プリンタ本体で設定されたロール紙の幅を選択します。
選択できるロール紙幅は、プリンタによって異なります。
[オートカット] [あり] 印刷終了後、自動的に用紙がカットされます。
[なし] 印刷終了後、用紙は自動的にカットされないため、手動でカットする必要があります。
[カットラインを印刷] 印刷終了後、用紙は自動的にカットされません。手動でカットするためのカットラインが印刷されます。
[上下余白なし(用紙節約)] チェックマークを付けると、ロール紙の上下に余白を設定せずに印刷されます。

 

[ユーザ用紙設定]

ボタンを押すと、[ユーザ用紙設定]ダイアログボックスが表示され、用紙名や、用紙サイズなどを設定できます。
ユーザ用紙設定

設定項目 内容
[サイズ一覧] 標準サイズとユーザ定義用紙の全てを表示します。
[ユーザ定義用紙名] 任意の名称を、半角で最大63文字、全角で最大31文字の範囲で入力します。
[単位] ユーザ定義用紙のサイズを設定するときに使用する単位を選択します。これを切り替えると、Plug-Inの全ての単位が切り替わります。
[用紙サイズ] [幅] 用紙サイズの幅を入力します。
[高さ] 用紙サイズの高さを入力します。
[登録] 設定した内容を登録します。

 

[標準に戻す]ボタン

ボタンを押すと、[ページ設定]シートで設定した項目が初期値に戻ります。

 

■[色設定]シート

画像の「色調」、「明るさ」「コントラスト」、「鮮やかさ」などを調整して、印刷結果をより思いどおりの色合いに設定することができます。
色設定

 

[シアン]、[マゼンタ]、[イエロー]

半角数字で数値を入力するか、スライドバーをドラッグして動かすことで、各色の強弱が調整されます。

<メモ>

  • 調整具合は、プレビュー表示で確認することができます。
  • [シアン]、[マゼンタ]、[イエロー]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[明るさ]

半角数字で数値を入力するか、スライドバーをドラッグして動かすことで、最も明るい部分と最も暗い部分を損なわずに印刷結果の明るさが調整されます。

<メモ>

  • 調整具合は、プレビュー表示で確認することができます。
  • [明るさ]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[コントラスト]

半角数字で数値を入力するか、スライドバーをドラッグして動かすことで、最も明るい部分と最も暗い部分の明るさが相対的に調整されます。

<メモ>

  • 調整具合は、プレビュー表示で確認することができます。
  • [コントラスト]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[鮮やかさ]

半角数字で数値を入力するか、スライドバーをドラッグして動かすことで、ビビッドな色合いからくすんだ色合いまで鮮やかさが調整されます。

<メモ>

  • 調整具合は、プレビュー表示で確認することができます。
  • [鮮やかさ]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[グレー調整]

半角数字で数値を入力するか、スライドバーをドラッグして動かすことで、グレーの色が冷黒(青みがかった色合い)から温黒(赤みがかった色合い)まで調整されます。

<メモ>

  • 調整具合は、プレビュー表示で確認することができます。
  • [グレー調整]で設定した内容は、Print Plug-Inを終了しても保存されます。

 

[トーンカーブ]ボタン

ボタンを押すと、[トーンカーブ]ダイアログボックスが表示され、チャンネルなどを設定することができます。
トーンカーブ

設定項目 内容
[チャンネル] RGB/レッド/グリーン/ブルーのいずれかを選択します。
モノクロ印刷の場合は「グレー」と表示され、選択することはできません。
[入力] 入力値を入力します。
入力できる数値は、0 〜 255 です。
[出力] 出力値を入力します。
入力できる数値は、0 〜 255 です。
[トーンカーブの読込] 保存したトーンカーブの設定を読み込みます。
[トーンカーブの保存] トーンカーブの現在の設定を保存します。

 

[標準に戻す]ボタン

ボタンを押すと、[色設定]シートで設定された項目が初期値に戻ります。

 

■[印刷履歴]シート

印刷に使用した設定の履歴を適用したり、画像のファイル名などの情報を画像とともに印刷する設定を行います。
印刷履歴

 

[印刷履歴とお気に入り]

登録されたお気に入りが一覧で表示されます。
あらかじめ設けてある[デフォルトに戻す]を選択し、[適用]ボタンを押すと、全ての設定値が初期値に戻ります。

<メモ>

  • 一覧上部には、お気に入りが3件まで表示されます。

 

[適用]ボタン

ボタンを押すと、[印刷履歴とお気に入り]で選択された印刷履歴の設定内容が画像に適用されます。

 

[詳細]ボタン

ボタンを押すと、[印刷履歴の詳細]ダイアログボックスが表示され、印刷履歴の管理を詳細に行うことができます。

 

[情報を印刷する]

チェックマークを付けると、画像とともにファイル名や印刷日時などを印刷することができます。印刷する位置や内容については、以下の項目を設定する必要があります。

設定項目 内容
[情報の印刷位置] 情報を印刷する位置を選択します。
  [上(ヘッダ)] 画像の上に情報が印刷されます。
[下(フッタ)] 画像の下に情報が印刷されます。
[印刷履歴番号] チェックマークを付けると、印刷履歴番号が印刷されます。
[ファイル名] チェックマークを付けると、ファイル名が印刷されます。
[印刷日時] チェックマークを付けると、印刷日時が印刷されます。
[色調整値] チェックマークを付けると、色調整値が印刷されます。
[プリンタ名] チェックマークを付けると、プリンタ名が印刷されます。
[コメント] チェックマークを付けると、コメントが印刷されます。
[コメントの内容] コメントの内容が表示されます。
[コメントの編集]ボタン ボタンを押すと、[コメントの編集]ダイアログボックスが表示され、コメントを編集することができます。
入力できるコメントは、半角で255字以内、全角で127字以内です。

 

■[印刷履歴の詳細]ダイアログボックス

印刷履歴の管理を行います。
印刷履歴

 

[印刷履歴]

印刷履歴が一覧で表示されます。

設定項目 内容
[印刷履歴番号] 印刷履歴の管理番号が表示されます。
[ファイル名] 画像のファイル名が表示されます。
[印刷日時] 印刷日時が表示されます。
[コメント] コメントの内容が表示されます。

<メモ>

  • 表示可能な印刷履歴は最大100件までです。100件を超えると、古い履歴から削除されます。
  • キャンセルやエラーにより正常に印刷できなかった場合、印刷履歴番号の左側にアイコンが表示されます。

 

[削除]ボタン

ボタンを押すと、選択されている印刷履歴が削除されます。

 

アイコン

ボタンを押すと、選択されている印刷履歴がお気に入りに登録されます。

<メモ>

  • お気に入りは最大50件まで追加できます。

 

[お気に入り]

お気に入りに登録した印刷履歴が一覧で表示されます。

<メモ>

  • 選択してドラッグすると、並び順を変更することができます。

 

[読み込み]ボタン

ボタンを押すと、ファイルとして保存されている印刷履歴を読み込むことができます。

 

[書き出し]ボタン

ボタンを押すと、お気に入りに登録されている印刷履歴をファイルとして保存することができます。

 

[削除]ボタン

ボタンを押すと、お気に入りに登録された印刷履歴を削除することができます。

 

[設定内容]

[印刷履歴]または[お気に入り]で選択された印刷履歴の内容が表示されます。

設定項目 内容
[基本設定] 選択すると、[基本設定]シートで設定した内容が表示されます。
[ページ設定] 選択すると、[ページ設定]シートで設定した内容が表示されます。
[色設定] 選択すると、[色設定]シートで設定した内容が表示されます。

 

■[サポート]シート

製品に関するサポート情報や電子マニュアルを表示します。
サポート

 

[サポート情報]ボタン

ボタンを押すと、製品に関する最新情報を記載したウェブサイトを表示します。

<メモ>

  • 各ウェブサイトを閲覧するには、インターネットに接続する必要があります。

 

[製品マニュアル]ボタン

ボタンを押すと、コンピュータにインストールされているプリンタの製品マニュアルを表示します。

<メモ>

  • 製品マニュアルがお使いのコンピュータにインストールされている必要があります。

 

[バージョン情報]ボタン

ボタンを押すと、Print Plug-Inのバージョン情報ウィンドウが表示されます。バージョン情報ウィンドウの[OK]ボタンを押すと、Print Plug-Inウィンドウに戻ります。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

iPF5000 / iPF5100 / iPF6100 / iPF6200 / iPF6300 / iPF6350 / iPF8000 / iPF8100 / iPF8300 / iPF9000 / iPF9100 / iPF6000S / iPF8000S / iPF9000S

 

[TOP▲]
このページのトップへ